スタッフブログ

86件

1 / 912345...最後 »

DATE 2019年4月17日(水)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業アシスタントの浅見です。

 

こんにちは。4月も半ばすぎ、過ごしやすい季節になってきましたね。でも、もう暑い!?

過ごしやすい季節がちょっとしかないのはつらいです。もう少し暑くなるの、待ってほしい~(^_^;)。

 

さて今月の屋根&外壁塗り替えセミナーも終わりました。

このセミナーに参加されると、一冊の本がプレゼントされます。

「業者に見積もりを取る前の外壁塗装の教科書」というものです。

 

←これですね!

 

 

今日はその中の「塗装工事のよくあるトラブル事例!」の中から

一例を紹介します。

★トラブル事例:大幅値引きに飛びついた結果、粗悪な塗装工事をつかまされた。

「半額!」「◎◎%オフ!」など、目を引くような大幅値引きを提示してくる業者には注意が必要です。

なぜならば、塗装工事の価格は大幅に値引けるはずがないからです。

そもそも塗装工事は一定の価格で売買される類のものではありません。

それぞれの住まいを診断し、その結果をもとに見積もった価格から、さらに大幅に値引くというのはおかしな話でしょう。

大幅値引きと謳いながら、実は初めに提示する見積額を割り増しておいて、

その後、あたかも値引いたかのようにみせているだけかもしれません。

もしくは、材料を安価なものにすり替えて材料費をおさえていたり、

本来1週間かかる工事工程において乾燥時間を確保しないなど仕様を無視した工事を行い

2~3日で終わらせることで工事費をおさえていたりと、

消費者にはわからないように巧妙に価格を操作している可能性も十分にあります。

大幅値引きを提示された際には、なぜそれほど安くなるのかを確認しましょう。

その際、明確な納得できる理由がない場合には、なんらかのカラクリが潜んでいるかもしれません。

 

ほかにもいろんなトラブル事例が載っています。

是非、セミナーに参加されてこの「教科書」をゲットしてください。

役に立つこと間違いなし!です(=^・^=)。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年4月15日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!!

4月も中旬

あと少しで待ちに待ったGWですね(^^♪

さて本日は建物の診断に行ってきました。

豊川市の物件ですが少し気になったのでブログでご報告を。

築15年

サイディングボードを使用のお宅。木造のツーバイフォー住宅。

全体的に表面の塗膜の寿命がきており、反りが進行していました。

サイディングボードの内容成分の約80%はセメント質。残りは繊維質等の増量剤が配合されています。

そのため新築の塗装の効果がきれると、雨が表面より吸収されます。

吸収された水分は日光により蒸発し乾燥、その繰り返しをおこなうと外壁材に反りが発生してしまします。

反った外壁はひび割れや、シーリング劣化を進行させる原因となるので要注意!!!

 

 

 

 

 

そのためこのお宅ではバルコニーの外外壁に劣化が集中していました。

特に気になったのは目地の部分。

 

 

 

 

 

このように目地のハットジョイナー分が水の影響を受けて腐食しています。

目地からの漏水が懸念されるため、見積書にはバルコニー外外壁張替の見積もりを入れさせて

いただきました。

無事にプロタイムズで施工が決まったら内部の様子をご報告します!

皆さんも外壁目地には要注意!!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年4月10日(水)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で、屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの浅見です。

 

こんにちは。今日は雨で寒いですね… せっかく暖かくなったのに~(+_+)

これでまた明日から暖かくなり、過ごしやすいなーと思うのもつかの間、GWは

いっきに暑くなりそうですね。それはそれで大変ですが、寒いのが嫌いな私には

その方がいいです☺!

 

最近、CADを使って仕事をすることが多いのですが、家ってそれぞれに違うので

まだ慣れない私には作るのに時間がかかってしまいます。

特に屋根。複雑なカタチだとどうなっているんだろう?と悩んでしまいます。

先日も屋根が「カラーベスト」とあって、カラーベストってなんだっけ?

と調べたらスレート瓦のことでした。

その「スレート瓦」、こんな特徴があります。

☆軽量で地震対策にグッド!

☆成分の85%がセメントで15%はアスベスト

(屋根として葺かれているだけならアスベストは飛散せず、害はありません。)

☆色や形状が豊富。ただ、寒さに弱く、寒冷地では使用できない。

耐久年数は5年から7年程度で、10年程度で防水性が切れ、変色や藻・コケの発生が起こってきます。

呼び方も先ほど出た「カラーベスト」のほかに、「コロニアル」「化粧スレート」

といった呼び方があります。

日々の生活の中で屋根のことを考えたり、じっくりみたりすることなんて

雨漏りしちゃった!💀 なんてときくらいしかないかもしれませんが

雨・風から守ってくれる大切な屋根! 大事にしてあげましょう(*^-^*)

かくいう私も、我が家の屋根がどんな種類だったか憶えてませーん。

帰ったら家の図面 見てみよーっと!!(^^)!🌷

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年3月18日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、3月も中旬。

みなさま増税前の塗装工事の申し込み終了しましたか??(笑)

前にもお伝えしたように、塗装工事やリフォーム工事の一区切りが3月31日までとなっています。

3月31日までに契約をおこなえば消費税増税の2019年10月1日を過ぎても、消費税8%のままで工事

が可能となります。

では、4月1日以降に契約をおこなうとどうなるか・・・

4月1日以降に契約をおこなったものに関しては、9月30日までに工事が終了すれば消費税8%のまま。

9月30日を過ぎてしまうと消費税は10%になりますので注意が必要です。

4月以降だと駆け込みのせいで職人の確保が難しくなります。余裕をもって行動をしていただくと

円滑に工事スケジュールが組めると思います。

 

何かわからないことやご不明なことがありましたらいつでもご相談くださいm(__)m

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年3月11日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!!

外壁、屋根塗装工事は決めたけど、色決めどーしよーか悩んでいる方必見です(笑)

僕たちがいつも使っているアステックペイントのサイト内に色の施工事例が掲載されています!

こちらをクリック!!

サイト内に色の中から選べるコンテンツがあります。

また、ツートンを考えている方にはツートンの施工事例も載っているので参考にしていただければと思います!

そして色も大事ですが、使う塗料ももちろん大事(‘ω’)

同じサイト内にアステックペイントが販売している塗料が検索できます。

最近使用が増えてきている、超低汚染リファインシリーズももちろんありますので気になる方はぜひご覧ください!

 

プロタイムズ東三河店での人気色もまとめてトップテンを今後のブログで披露したいと思います!!!

お待ち下さいm(__)m

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年2月25日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

さて、今日は塗装の肝となる部分、『塗料』について少しお話したいとおもいます。

そもそも塗料って何でできてるのか・・・

塗料は大きく分けて3つの成分でできています!

①合成樹脂・・・耐久年数にかかわってくる成分

②添加剤・・・塗膜を均等にして機能を持たせる成分

③顔料・・・色や艶を決める成分

この3つのなかで一番重要なのは、①合成樹脂となります。

塗料の耐久年数を決め、塗料の主原料となります。

主にアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素と大きく4つに分けられています。

さらにこれらの塗料は薄める液となる溶媒によって、水性塗料、溶剤塗料に分かれます。

水性塗料は混ぜるときに水を使用します。・・・においが少なく安全性が高い 技術の進化により耐久性や密着性も良くなっている

溶剤塗料は混ぜるときにシンナーを使用します。・・・においがきつい 耐久性、密着性に優れる

同じ塗料の中に水性と溶剤があるので使用する塗料はどちらかか確認も必要となります。

現在ではより耐久性の高い無機塗料も出てきています。

塗り替え時に次の塗り替えのサイクルやコスト、性能等をみてバランスの取れたプランを

選ぶことをおすすめします!

わからなければ担当者に直接伝え、選んでもらうのもOK!!

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年2月18日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

2月も中旬!みなさん体調は崩されていませんか??

僕はというと一瞬だけ体調崩しました!(笑)

でも1日で良くなったのでよかったです(‘_’)

さてさて、以前パミールの屋根材についてお話しました。

そのパミールの施工物件が2月頭よりスタートしています。

もちろんカバー工法で(^^)/

今回使用していいる屋根材は、ディーズルーフィング社の『エコグラーニ』

通常の金属屋根に比べ、石材の吹き付け塗装がされているため、ウレタンの緩衝材が

なくても遮音性、断熱性に優れています。

しかもオシャレ!

カラーベストを施工されている方、塗装だけでなくカバー工法もおすすめですよー(^◇^)

もし興味がありましたらいつでもお問合せください!!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年1月28日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

1月もあとわずか!

みなさん消費税対策はお済ですか?

前にもブログでお話しましたが、消費税が今年の10月には上がることになるだろうといわれています。

そこでこの建築業界では、消費税増税前の駆け込み施工や受注が多くなると思います。

今塗装やリフォーム、新築物件をお考えの方早めに決断をおこない職人の手配を業者さんにお願いしてください。

この受注3月末までの契約が10月以降消費税が上がったとしても、現在の8%で施工が可能となります。

まだ大丈夫だと思って行動が遅くなると2%分損してしまいます!

3月以降も契約して9月30日までに工事が完工すれば問題ありませんが、もうすでに5月、6月の工事は

埋まってきているかと思われます。

例えば100万円の工事を行うことになった場合現在の消費税だと108万円で施工可能です。

10%の場合110万円となります。

その差は2万円!!

大きくないですか!?

浮いたお金で奥様とおいしいディナー、ランチなど行ってあげましょう!!(笑)

っということで早めの診断お待ちしていまーす!!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年1月21日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

いやー1月に入ってあまり雨が降らないですね!

おかげで工事が順調に進んでいます(^◇^)

でも乾燥しているので、火の取り扱いには要注意です!!

プロタイムズ東三河店では来週からは屋根のカバー工法の物件がスタートします。

今回は屋根のカラーベストがパミールという種類のため、塗装ではなくカバー工法で提案させていただき

ました。

これは現調をした段階で屋根の状態を確認すれば一目瞭然!

このまま塗装をしてしまうと将来的に塗膜の剥離につながる恐れがあります。

そのリスクを回避するために見積もり前の診断が重要になってきます!

建物を住んでいる方がみても一見大丈夫そうに見えます、でもプロが見るとやはり漏水リスクのある場所が見えてくるのです。

建物を傷めるのは水の侵入。

その水を侵入させないためにも外壁の塗装、屋根の塗装が必要になってきます。

塗装の本来の目的は『防水』です!!

今現在だいじょうぶだろうなーと思われている方からの診断お待ちしております!

もちろん診断無料!しつこい営業等は一切ありませんのでご安心ください!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2018年12月17日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

 

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は屋根のお話を一つ。

現在新築時で多く使用されている『カラーベスト・コロニアル』について。

数多くの住宅で使用されています。内容成分はセメントとアスベストで構成されています。

※2004年に建築基準法が改正されアスベストの使用が禁止となりました。2004年以降の物件に関しては

アスベストが含有されていないと思います。しかし、在庫で抱えていたものを使用したなどの場合はわかりかねますので

住宅の仕様書を確認していただき、コロニアルのメーカーに問い合わせるなどしてください。

10年ごとの塗り替えが必要になってくるカラーベスト。

塗装をおこなわないと雨漏れにつながる恐れがあります。

築10年を迎えるとハウスメーカーさんからそろそろメンテナンス考えたほうがいいよーといわれると思います。

では、どのようにメンテナンスするのがいいのか。

まず手っ取り早いのが塗装によるメンテナンス。こちらは塗料の種類によって耐久年数が変わるため、できるだけ高耐久

のものが理想となります。

そして、カバー工法。こちらは金属屋根のカバー工法やアスファルトシングルなどといった軽量の屋根材をしようした

今あるカラーベストの上より被せる方法をいいます。工場の焼付塗装がされてくるため耐久年数としては20~25年、長いものでは

30年相当のものもあります。

最後に葺き替え。既存のカラーベストを撤去し、新たな屋根材を載せる方法。アスベストが含まれていると処分費が大幅にあがります。

塗装、カバー工法、葺き替えの3つのなかから選べますが、一番多いのが塗装。その次がカバー工法。葺き替えはほとんどありません。

築10年のタイミングで屋根だけやる方もいます。

これは住んでいる方のライフスタイルに合わせて決めてもらえば大丈夫です。

おすすめはカバー工法(‘ω’)ノ

施工後 施工前

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

86件

1 / 912345...最後 »
2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 4月    
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ