スタッフブログ

シーリングはそのままにすると危険?

DATE 2017年4月24日(月)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

4月ももうすぐ終わります。

今年もお花見をすることができずに、春が終わってしまった・・・・・・(;´Д`)

それどころか、私一家みんな風邪をひき、それどころではなかった

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、また、この間現場調査へお伺いした時のことを、お話いたします。

その中でも、特に気になった「シーリングの劣化」についてお話します。

そもそも、シーリングは、外壁のサイディングボードが動いたときに追随し、

隙間ができないためにあるものなのです。

だから、とても大事な役割をしており、絶対に必要なものなのです。

メンテナンスを怠ってしまうと、雨漏りや外壁を劣化させる原因となってしまいますので注意が必要です。

今回は、メンテナンスを怠ってしまい、このようにシーリングが劣化してしまっていました。

このようにシーリングが硬化し、外壁との間に隙間ができてしまっているところや、

シーリングの真ん中がひび割れてしまっているところ

極めつけには、バルコニーのシーリングはこのようにめくれてしまい、

今にも落ちてしまいそうな状況になっていました。

また、外壁自体がこのようにシーリング目地を中心に沿ってしまっているところも

やはり、こうなってしまう前に、定期的にメンテナンスを行いましょう。

自分の家のメンテナンスのタイミングがわからない場合は、

お気軽にご連絡を!!

「外装劣化診断士」が無料で診断いたします!!

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
« 1月    
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ