スタッフブログ

シーリングの劣化は雨漏りになる??

DATE 2017年6月11日(日)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

本日は、蒸し暑い。

早く梅雨を脱出して、カラッとした夏を迎えたい、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、シーリングについてのお話です。

シーリングの劣化が原因で雨漏りが発生することがあります。

シーリングは、窯業系サイディングボードのつなぎ目や、開口部周りに

防水の為施工されています。

このシーリング材は、経年劣化により、成分である可塑剤が揮発し、硬化します。

それが原因で、外壁の動きに追随できなくなり、ひび割れや隙間が発生してしまいます。

その出来た、隙間やひび割れより雨水が侵入し雨漏れへとつながりますが、

隙間やひび割れが発生したからとすぐに雨漏りへとつながるわけでは、ございません。

それはなぜか?

→防水シートがあり、ひび割れや隙間から雨水が侵入してもすぐに雨漏れにはつながらないのです。

また、開口部周りも雨漏りの多い箇所となります。

その理由としては、これも同じで、シーリングが劣化し、ひび割れが発生し、雨漏りが発生するのです。

特に、開口部周りのこんな症状には、注意が必要です。

シーリングは、7年~10年ぐらいで劣化するため、外壁より早く劣化します。

注意が必要です。

 

シーリングが劣化しひび割れや隙間が発生している方は、早急にメンテナンスを!!

ひび割れや隙間をそのままにしておき、雨漏りが発生してからでは、遅いですよ!!

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
« 2月    
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ