スタッフブログ

シーリングはメンテナンスを怠ると危険!!

DATE 2018年2月23日(金)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

少しずつ、暖かくなり、春が近づいてきています。

だが、まだ寒い日が続きます。

体調を壊さないように気を付けている、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、シーリングについてお話いたします。

シーリングはサイディングの継ぎ目やサッシ周りに施工し、防水されています。

この、シーリングが、はがれたり、破れたりすると外壁の劣化を早める原因となります。

シーリング劣化の原因は、シーリングに含まれる可塑剤と呼ばれる揮発性の薬品の寿命に起因しております。

この寿命が約5〜10年なので、その時期にひび割れが起こってしまいます。

このひび割れをそのままにしておくと、そのひび割れから雨水が侵入します。

侵入しても、直ぐに雨漏りが発生するわけでは、ございません。

後ろには、防水シートがあるためすぐには、雨漏りはしませんが、

防水シートが雨水の影響を受け劣化してしまいます。

そして、破れたり、穴が開くと雨漏りが発生です。

そうなってしまい、メンテナンスを使用としたら、壁をとって防水シートを交換してと・・・。

莫大な金額がかかってしまいます。

こうなる前に、メンテナンスを行いましょう。

 

築10年ぐらいの家だと、外壁はまだチョーキング現象は発生していないが、

シーリングは、ひび割れや剥がれが発生していることも良くあります。

ご自宅が心配な方は、お気軽にご連絡あれ!!

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 4月    
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ