スタッフブログ

月別アーカイブ: 2016年9月

7件

1 / 212

DATE 2016年9月26日(月)

みなさんこんにちは!

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

さてさて、久しぶりの太陽がでて蒸暑い日となりましたね。

今回お話ししようと思うのは塗料の種類の中でも特殊な塗料に分類されるであろう塗料をご紹介したいと思います。

ちなみに塗料の種類の名前は『ピュアアクリル塗料』となります。

一瞬、アクリルー??って声が聞こえてきそうですが(;´・ω・)

アクリルはアクリルですが不純物を一切排除したピュアなアクリル塗料となります。本来のアクリルはとても耐久性の

高い素材です。アクリル素材は身近なものにもよく使われています。

例えば水族館の大型水槽や飛行機の窓などに使用され幅広く知られています。

ちなみにこのピュアアクリル塗料を取り扱っている塗料メーカーさんはアステックペイントさんとなっています。

このアステックペイントさんはもちろんシリコンからフッ素、無機塗料まで様々な塗料を取り扱っています。

もともとは紫外線が日本の3倍以上ある過酷な自然環境のオーストラリアで誕生しました。

現在世界10ヶ国以上に出荷されており、高い商家を得ている塗料メーカーさんです。

現在日本に輸出されている塗料は日本に風土を合わせて改良を加えたものです。

アステックペイントさんのコンセプトとしては『100年ペイント』、日本の住宅を100年住める家にするために建物を守る

事を第一に考えております!!

 

話がそれましたが、ピュアアクリル塗料の特徴としては驚きの伸縮率!

このピュアアクリル塗料には可塑剤が含まれていません!

※可塑剤とは・・・一般的な塗料に含まれている柔らかさを持たせるために塗料に含まれる成分の事を言います。可塑剤は3~5年で気化してしまい、柔らかさを失ってしまいます。

可塑剤を使用しないことで樹脂そのものが柔らかい特性を持つため長期にわたって伸縮性が続きます。

伸縮性

 

期待耐久年数も15年以上となっております。また10年以上経過してもチョーキングが起こりにくいことも

実験結果で報告されています。

特に適している外壁材として挙げれるのは、モルタル外壁や窯業系サイディングボードを使用している

建物に適しています。

建物を水の侵入から守る保護機能に優れているためとても人気になってきている塗料です。

代表的な塗料としては、

アステックペイントさんのEC-5000PCM

EC5000

 

私たちプロタイムズ東三河店でもこのEC-5000PCMは取り扱っておりますので気になった方はぜひ声を

おかけください!!

 

 

 

カテゴリー:

DATE 2016年9月24日(土)

みなさんこんにちは!

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

台風が過ぎてほっとしておりましたが雨の日が続き施工も思うように進んでおりません(;_:)

工事の進捗が遅れていますが安全第一で工事をすすめさせていただきます!!

 

さて、前回は塗料の種類『フッ素』についてお話ししました。

今日はフッ素の耐候性を上回る!?『無機塗料』についてお話ししたいと思います。

 

まずみなさん『無機』って聞いたことありますか??

昔科学の授業でチラッときいたことあるかと思います。

無機を簡単に説明すると、炭素を含まない物といわれております。身近な無機といいますとガラスや鉱物(石)などがあげられます。

最大の特徴としては、劣化(色あせ)がしにくいことがあげられます。そのため長期に渡り美観性を保つことができるとして最近注目を

集めている素材でもあります。

その無機が現在各塗料メーカーさんからも販売されています。

代表的なメーカーさんでいうと・・・

KFケミカルさんのワールドセラグランツ

無機

アステックペイントさんのプラチナ無機シリーズ

1

 

無機塗料の特徴としては、先ほどからも書いてある通り紫外線からの劣化が少なく耐候性が高いことが挙げられます。

耐候性が高いと結果塗料の耐久年数が長くなり、メンテナンスのサイクルコストを抑えることにつながってきます。

そして、汚れが付きにくく表面が燃えにくいことが特徴としていわれています。

もちろんデメリットもあります。

シリコンやフッ素に比べると価格が高くなってしまいます。

フッ素同様塗膜が固く表面塗装がひびが入る可能性があります。

以上の事をふまえ塗料選びの参考にしていただければと思います。

無機塗料でのお見積もりも承っております。

いつでも声をおかけください。

 

 

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2016年9月23日(金)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!
塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!
今週はやはり天気が良くなく、思うように施工が進みませんでした。

が、来週こそは、いい天気になると、心の底から願っている、
プロタイムズ東三河店 株式会社カトペンの鈴木です。

 

今回は、昔ながらの外壁「トタン」についてお話したいと思います。

トタンは、金属製なので、耐久性が高く凍害にも強いことが特徴としてあります。

また、素材が軽量なため、耐震性にも優れている素材でもあります。

欠点としては、衝撃に弱く傷がつきやすいこと、金属でできているためサビが発生してしまう、遮音性が低いなどが挙げられます。

経年劣化が進むと錆が発生するため、定期的な点検をし、防水性の高い塗料や錆止めなどのメンテナンスが必要です。

images

 

トタンのサビをそのままにしてしまうと、腐食し穴が開いてしまいます。

そうすると、張り替えるしかありません。

そうなる前に、塗装を考えましょう。

現在自分の家が塗装の時期になっているかわからない方は、一度連絡を!!

「外装劣化診断士」がご自宅を診断いたしますよ!!

カテゴリー:

DATE 2016年9月17日(土)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!
塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!
今週は、天気が良くはなかったが現場が順調に進んでホッとしております。

来週からも天気があまりよくないみたいですが、

今週みたいに何とかなってくれると信じている
プロタイムズ東三河店 株式会社カトペンの鈴木です。

 

今回は、「木外壁」についてお話したいと思います。

木外壁は、最近、防火上の法的規制や施工性がよく安価なサイディングの出現であまり使用されなくなりましたが、

和風の住宅には今でも多く使用されています。

木が売壁の特徴は、経年劣化が進むと板の反りや割れなどが起きたりしますので、塗替えには手間がかかりますが、

長持ちさせるには防腐剤や塗装などの定期的なメンテナンスをしていくことが必要となります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PIC_1208

木は、外壁だけではなく、破風や鼻隠しサッシ周りに使われていることが多々あります。

木は、ただ塗料を塗るのではなく、木専用の塗料でメンテナンスをしないと、木の収縮に耐えきれず、

塗料がすぐに剥がれてしまいますので注意が必要です。

PIC_1900

我が家の破風や鼻隠しは木で施工されてる方は、

一度診断を行った方が良いかもしれませんよ!

カテゴリー:

DATE 2016年9月15日(木)

みなさんこんにちは!

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

 

最近はぱっとしない天気が続いており施工も遅れてしまっております。

来週の月曜日にはまた台風が接近しているため、施工現場の台風養生も気を抜けない状態が続いております。

 

さて今回お話しするのは、塗料の種類の事に関してです。

前のブログでシリコン塗料についてお話ししたのですが、今回はシリコンより耐久年数の高いフッ素塗料について

説明したいと思います。(シリコン塗料の記事はこちら)

みなさんもフッ素という言葉を耳にしたことがあると思います。身近なもので言えば、フライパンのフッ素加工だったり、

子供の歯にフッ素加工をする時にも使用しますよね??

そう!もうフッ素塗料は身近なものになり始めています(^-^)

数多くの塗料メーカーからもフッ素塗料は販売されています。

代表的なフッ素といえば・・・

日本ペイント ファイン4Fセラミック

ファイン

アステックペイント セラマックス1500F-JY

フッ素

関西ペイント アレスアクアセラフッソ

fusso

特徴としては、やはり一番に挙げられるのが高耐久性!その耐久性は各メーカーから出ているフッ素塗料の平均をとると約15年。

そのため超高層ビルやあの有名なスカイツリーに使用されているのもこのフッ素塗料になります。

そして、低汚染性も特徴の一つとして挙げられます。この低汚染性は塗料が水と仲が良い親水性という特徴があるため、外壁についた汚れと

塗料の間に水が入り込むことで汚れを洗い流してくれる性能が高いことを表します。そのため美しい外観が長期に渡り続きます!

ただ、フッ素塗料にもデメリットというものがあります。

それがまず価格。

やはりいい塗料はいいお値段します。

シリコン塗料に比べ1.3倍ほどになる場合もあります。

そしてひび割れに弱い。

現在ではフッ素にも弾性塗料が発売されていますが、弾性塗料の特徴としては爪で表面を押したときに戻ってくる強度のことを

表します。いわゆる圧迫強度というものです。ひび割れというのは左右から引っ張られたりしたときにおこるもので引っ張り強度が

高くないと意味がありません。

そのためフッ素塗料が適している外壁材などがあります。

それは金属のサイディング、金属トタンを使用されているとフッ素塗料はお勧めとなります。

逆にモルタルや窯業系サイディングボードの素材にはあまり適していません。

業者がフッ素をおすすめしてきたらその理由をきちんと聞きましょう!ちゃんと診断などしていればひび割れが多い外壁材に

フッ素塗料を使わないと思います。

ご自宅の使用している外壁材に合った塗料を選ぶとより良い施工になるのではないでしょうか?

そんな業者わからないよ!!

という方は、ぜひ!プロタイムズ東三河店に声をおかけください!!(笑)

 

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

7件

1 / 212
2016年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ