スタッフブログ

月別アーカイブ: 2017年12月

12件

1 / 3123

DATE 2017年12月27日(水)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

今年も残りあとわずかとなりました。

皆さんやり残したことはございませんか?

今年の仕事も目処がつき、気持ちよく新年を迎えられそうな、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今年最後は、1年間で話した、屋根材・外壁材の総復習を行いたいと思います。

みなさん、覚えているでしょうか??

では、早速屋根材から復習します。

和瓦・陶器瓦:粘土を瓦の形にかたどった後、窯の中で焼あげた瓦で、重量は重く建物への負担が大きいが塗装は

必要のない瓦

セメント瓦 :セメントと川砂のモルタルを原料に作った瓦で、重量も重く、定期的に塗装が必要な瓦

モニエル瓦 :セメントと川砂を混ぜ合わせて作られる「乾式コンクリート瓦」で、表面に「スラリー層」という

セメントの粉が薄く吹き付けてあるため、塗装でのメンテナンスは注意が必要。

カラーベスト:厚さ4.5㎜で、内容成分の85%はセメント、残りの15%が石綿(アスベスト)で構成されています。

軽量で地震対策によいのですが、定期的な塗装でのメンテナンスが必要不可欠!!

金属屋根  :屋根素材の中で最も軽いので施工がしやすく、耐震性・耐熱性・耐水性は高いが、遮音性・断熱性

は低い。サビの発生を防ぐため定期的な塗装が必要。

アスファルトシングル  :重さは瓦の約5分の1で耐震性に優れ、高い防水性、耐久性があります。が、耐火性に劣る点と施工

時に接着剤を使用しているため、はがれやすいという点が挙げられる。

アスファルトを溶解するため、溶剤系の塗料は使用できません。

引き続き、外壁材へ行ってみましょう♪

窯業系サイディングボード:内容成分の80%がセメントで残りの20%が繊維質、増量材で構成されています。

主成分がセメントなので、防水性が切れると水がボード内に染み込み、夏場の暑さや冬場の

凍結による膨張などで、変形や反り、ひび割れが発生してしまう。

金属系サイディングボード:耐久性が高く凍害に強く素材が軽量なため、耐震性に優れている素材。衝撃に弱く傷がつき

やすい、金属のためさびが発生してしまう、熱に弱く変形する恐れがある、遮音性が低いという弱点もある。

トタン:耐久性が高く凍害にも強い経年劣化が進むと錆が発生するため、定期的な点検をし、防水性の高い塗料や

錆止めなどのメンテナンスが必要です。

モルタル:セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜてつくった材料で施工した湿式工法の外壁。

ひび割れをそのままにすると、ひび割れより水分が入り込み、壁の内部を腐られてしまうので塗り替えやコーキン

グ等の定期的なメンテナンスが必要。

ALC:セメント・生石灰・けい石・発泡剤を主原料として成型した材料。軽量気泡コンクリートとも呼ばれ、気泡

などの空隙部分が全容積の80%を占め、比重0.5と軽量なのが特徴で、遮音性・保温性・耐火性に非常に優れてい

る。

木外壁:経年劣化が進むと板の反りや割れなどが起きたりしますので、塗替えには手間がかかりますが、長持ちさ

せるには防腐剤や塗装などの定期的なメンテナンスが必要。

タイル:耐久性や耐水性、耐候性が抜群に優れており、耐用年数が長いのが特徴です。注意点としては、年月の経

過と共に素材が劣化してしまうと、割れや剥がれが発生し、下地の木材を腐食させたり、剥落して人に損傷を与え

たりしてしまう恐れもあるので注意。

 

以上、1年間に当たり紹介してきました。

皆さん覚えていましたでしょうか?

ぜひ、ご自身の屋根材や、外壁材だけでも特徴を覚えておくことをお勧め致します。

それでは、みなさん、良いお年をお迎えください!!

来年もプロタイムズ東三河店 株式会社カトペン ドクトル外壁さんをよろしく!!

カテゴリー:

DATE 2017年12月25日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

皆さまメリーーーーークリスマス!!!!

昨日のイブは日曜日のため楽しめましたか!?

今週1週間で今年は終わり!会社では大掃除方付け等を行っています。

そして僕が更新しているこのブログも僕の回は今回のブログで今年は最後となります。

最後にふさわしいブログを書きたいと思います!

まずこの1年間僕が建物を診断し、様々な建材を見てきました。

使用されている建材&特徴を一緒に記入していきたいと思います。

【外壁部門】

第1位

◆窯業系サイディングボード

セメント80%、繊維質や木片等の増量剤20%で構成されている建材となります。

工場出荷時に形を形成し、表面に塗装をされてきますがその塗装の種類によって耐久年数が

変わってきます。サイディングボードのつなぎ目にはシーリングが施工され防水機能や気密

性を確保しています。シーリングの定期的なメンテナンス、塗り替え等が必要な建材です。

第2位

◆トタン(波トタン・角波トタン)

金属素材で構成がされているため、軽量や形を作りやすいことから古くから外壁材として

使用されている建材です。建物への負荷が少なく地震対策にも優れているともいわれております。

ただ、金属のため熱の影響を受けやすく変形や、熱の伝導がある素材です。耐水性に優れる一方で

表面の塗装機能が失われると錆の発生が出てきます。

第3位

◆ALC

セメント、生石灰、けい石、発泡剤を主剤として成型したスウェーデン発祥の建材となります。

軽量気泡コンクリートとも呼ばれ、気泡などの空気層部分が全容積の80%を占め、比重0.5

と軽量なのが特徴で、遮音性、保温性、耐火性に非常に優れています。

吸水性がとても高いため外壁に使用する場合は必ず塗装による防水処理が必要となります。

以上が外壁素材のまとめとなります!!

また来年屋根材のまとめを行いますのでお楽しみに!!

 

 

プロタイムズ東三河店のお休みですが12月30日(土)~1月4日(木)までとなっております。

お問い合わせ再開は1月5日(金)からとなりますのでご了承お願いいたします。

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2017年12月22日(金)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

今年も残りわずか1週間となりました。

仕事でもプライベートでも、年またぎにならないよう、

計画を立てて残りわずかな今年を過ごしている、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、倉庫や車庫に使用されている鉄骨についてお話します。

鉄骨も長年メンテナンスをしないと劣化してしまいます。

鉄部なので、経年劣化により錆が発生します。

また、サビが発生し、何もメンテナンスを行わずにそのままにすると、

サビが進行し、腐食し穴が開いてしまいます。

こうなると、交換が必要になります。

また、穴が開いても、倉庫や車庫では生活しないので、あまり支障はきたしません。

そのため、メンテナンスを怠ってしまうというケースが多いのです。

ですが、腐食が進んでいくと強度がなくなり、崩壊等の大事故へつながる可能性も考えられます。

大変危険な状態です。

また、事故に巻き込まれてからでは、遅いのです。

最悪の場合、命の危険もございます。

やはり、こうなる前に、メンテナンスを行いましょう。

 

私たちは、倉庫や車庫だけでも診断にお伺いいたします。

気軽にご連絡し、ご自身の倉庫・車庫または、ご自宅やアパート等の診断をご依頼ください。

現在の状況やメンテナンス方法等、親切にアドバイス致します!!

カテゴリー:

DATE 2017年12月19日(火)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で、

屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの大瀧です♪

 

今日の朝も冷え込みましたね~⛄⛄⛄

ここ最近、自宅の窓枠の結露を取るのが毎日の日課になってます💦

というか、毎年の秘かな悩みです。

結露の量で、

あ、今日はあんまり冷え込んでないんだ。

あ、今日は外どっ寒そう。

とわかるくらいです。

結露取りワイパーや、結露防止シートなどいろいろ試しましたが…

結局使い古しのタオルで拭くのが1番いい気がします。。。

朝の貴重な時間を結露に奪われて、師走を実感する毎日です!

 

 

そんな中、届きました🎂

↓ ♡ ↓ ♡ ↓ ♡ ↓

 

会社から毎年スタッフ全員に、お誕生日とクリスマスにホールケーキを送ってくれるんです( *´艸`)

 

か、かわいい…(〃ノωノ)

ケーキも、チョコプレートも、チョコプレートが割れないようにしてあるプチプチも、ぜーーーんぶハート💛💛💛

娘たちも大興奮(; ・`д・´)

 

1番最初に届いたときは、なにやら不審な荷物!?(´゚д゚`) と疑って開けるのドキドキ…。

でも開けてビックリ!!

メッセージカード入りのケーキが\(^_^)/

大人になってサプライズでケーキをいただくなんて思ってもいなくて、、、感動でした!!

 

 

さて、今年もスタッフ全員で年賀状を書き始めています( ..)φ

 

盗撮…📷✨|д゚)

一人ひとり気持ちを込めて♡

 

今年も残り2週間を切りました!

当社の年末年始休業は、12月30日~1月4日になります。

年明け工事をご希望の方は、ぜひ連休前にお電話くださいね!

もちろん、ご来店も大歓迎です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

あたたかいお飲み物をご用意してお待ちしております☕🍵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:

DATE 2017年12月18日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

 

12月も残すところあと2週間!!!!

本当にあっという間ですね( ゚Д゚)

おかげさまも今年の住宅施工物件ですが残すところ2件となっております。

最後まで気を抜かず、丁寧に施工してまいります。

 

冬場塗装をおこなうかた、特に屋根の塗装を考えている方はぜひ

このブログを参考にしていただきたいです。

冬場になると気温が下がり朝方になると屋根に霜がついているおうちも多く

なってきました。

屋根についた霜や水分は午前中瓦に湿気として滞留しています。

塗装をするならば午後からの施工をお勧めします!!

もし水分が残っているまま塗装を行ってしまうと塗膜が剥がれたり

後々の不具合の原因になりかねません。

塗膜の剥離写真

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

また、外壁、屋根共通して言えることですが、気温が低くなっているため

塗装の乾燥時間が長くなります。

ほかの季節に比べ冬場の塗装は工期が長くなります。

もし、今から工事をお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います!!

 

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

12件

1 / 3123
2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ