スタッフブログ

月別アーカイブ: 2018年10月

9件

1 / 212

DATE 2018年10月29日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

皆さんこんにちは!

寒暖差が激しいですね(´・ω・`)

おかげで僕は風邪をひきました 泣

治りかけですがみなさんも体調管理にはお気を付けください!!

先週ですが、僕の担当しているアパート塗装が完了しお引渡しさせていただきました!

今回は屋根に遮熱フッ素塗料を使用し、外壁にはシリコン塗料を使用しました。

前回塗装したときにカラーベストの縁切りがなかったことがかなりショックだったようです。

今回は塗装前に縁切りを行い、下塗り後タスペーサーを挿入し縁切り対策をおこなわせていただきました。

施工前の写真です。表面には苔の発生と塗装の劣化が確認できました。

施工後の写真です。光沢がよみがえり水をよくはじいている様子が確認できます。

この弾く力が防水機能につながるため、重要になります!

屋根、外壁塗装は防水機能を付けることが目的となります(*^^)

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2018年10月27日(土)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

最近、朝と夜がとても肌寒くなってまいりました。

今年は、夏が終わって、秋がほとんどなく冬になった気がします。

春→夏→台風→冬に感じました。

これから毎年こんな感じになるのか、考ええいる、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、外壁の防水機能が低下し、湿気が溜まりやすくなると発生する、コケや藻についてお話します。

この、コケや藻は、実は、見た目が悪くなるというものだけだはないのです!!

コケや藻は、屋根材や外壁材に悪影響を及ぼします。

どんな悪影響を及ぼすかというと、素材自体が劣化し耐久性が低下してしまいます。

その原因は、コケや藻が植物だからです。

植物ということは、根をはります。

そうしますと、植物もいきるために息をします。

そうなると、根からコン酸という酸性を出します。

そうすると、屋根材や外壁材(特にカラーベストや窯業系サイディングボード)は主成分がセメントのため、

性質がアルカリ性なのです。

このアルカリ性と酸性が中性化してしまい、屋根材や外壁材を劣化させ。もろくしてしまいます。

もろくなってしまうと、ひび割れの発生や、欠け、滑落等が発生しやすくなってしまいます。

ですので、コケや藻も大変注意しないといけない劣化状況となります!!

 

もし、ご自宅の外壁にコケや藻が発生している場合は、

防水機能をつけるため、外壁塗装のメンテナンスを行いましょう!!

カテゴリー:

DATE 2018年10月22日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

みなさんこんにちは!朝晩の冷え込みは秋らしくなってきましたが、まだまだ昼間は暖かい日が

続きますね(^^♪

しかし!我らの天敵台風の発生が確認されたではありませんか!!

現在では上陸するかわからないですが、こないように懇願しております(笑)

無事に通り過ぎますように(>_<)

ところでみなさん、外壁、屋根の塗装をするときにベランダ床のメンテナンスも一緒にしていますか??

築年数やベランダの状態によっては先延ばしにしても大丈夫ですが、もし劣化をしている様なら合わせて

メンテナンスしたほうが一石二鳥です!

そもそもベランダ床には何種類か施工種類があります。

まず1つ目、シート防水

これは塩ビシートによる防水工事となります。塩ビシートの種類によって耐久年数は違いますが、現在のものだと

20年~25年相当の耐久性があります。メンテナンス方法は張替、カバー工法、トップコートの塗り替えがあります。

シート防水写真

2つ目はFRP防水

新築時に多く使用されることが多いです。

繊維強化プラスチックの略で液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加え

ガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした防水のことを表します。

FRPは紫外線に弱いので定期的に塗り替えでメンテナンスをおこないます。

FRP写真

3つ目はゴムシート防水

これは塩ビシート防水と似ているのですが、合成ゴム系のシート状の材料1枚で構成された防水層で、

その工法には接着工法と機械的固定工法があります。

シート防水の見分け方としては立ち上がり等につなぎ目がないかどうかが目安となります。

メンテナンス方法としては、塗り替え、カバー工法があげられます。

ゴムシート防水

それぞれのベランダによって使われている種類が違うため、一度専門家にお問合せください!!

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2018年10月19日(金)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

最近、朝と夜がとても肌寒くなってまいりました。

毎日、暖房を入れようか迷っている、

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、金属屋根のサビについてお話いたします。

金属屋根は、いろいろな材質と種類があります。

今回は、その中でも金属屋根の劣化状況についてお話いたします。

金属は、経年劣化が進むと錆が発生するので、耐久年数を少しでも延ばすために、

防水加工や防錆加工などの定期メンテナンスが必要な素材です。

金属の一番の劣化としてサビの発生が挙げられます。

サビの発生の原因は、金属に傷がつき、塗膜が削られるため、雨水や二酸化炭素の影響を受け発生したり、

塗膜が劣化し、防水機能の低下や、塗膜の剥離により、金属が雨水や二酸化炭素の影響により発生します。

サビが発生してしまい、サビが進行していくと、腐食し穴が開いてしまうこともございます。

こうなってしまうと、雨漏りにつながりますし、メンテナンスも張替等の交換が必要になってしまい、

莫大な金額が必要になってしまいます。

金属素材の種類には、傷がついても傷口から亜鉛が発生し、サビの発生をしにくくするという、

ガルバニウム鋼板のものもございます。とても耐久性の高い金属です。

こういう金属で施工やメンテナンスするのも家を長持ちさせる、秘訣となります。

ですが、サビが絶対に発生ししないというわけではないので、

年数が経つと塗装でのメンテナンスが必要になります。

定期的、計画的にメンテナンスを行いご自身の家をしっかりと守っていきましょう!!

カテゴリー:

DATE 2018年10月15日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

外壁の塗装、屋根の塗装はもちろんちょっとした工事をどこに依頼したらいいかわからないことありますよね。

そんな時はとりあえずプロタイムズ東三河店に聞いてみませんか?

樋の交換、カーポートの交換、波板の張替、軒天の張替、給湯器の取り換え、エアコンの取り換え

お風呂のリフォーム、キッチンのリフォーム、トイレのリフォーム、外構工事、フェンスの取り付け、

白アリ工事、コウモリ駆除等

家に関することなら何でも取り揃えております!!!!

一度迷われたら声をかけてください!

見積もりは無料となっています。

カテゴリー:スタッフの日常

9件

1 / 212
2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ