スタッフブログ

1件

DATE 2021年2月11日(木)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております 

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの浅見です。

 

株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、地域の皆様にご満足いただけるよう、

仕事に励んでおります(●^o^●)♪♪

 

 

こんにちは。

本日もスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

外壁塗装をする際、手順としては、まず下塗りをおこない、次に上塗り1回目(中塗り)、最後に上塗り2回目をおこないます。今回はこの下塗りに焦点を当てます!!

ここで素朴な疑問。下塗りってなぜやるの? 必要なことなの? いきなり上塗り塗料を塗ってはだめなの?

 

結論から言いますと、塗装工事をするにあたって、下塗りをおこなうことは絶対に必要です。もし下塗りをしないと、上塗り塗料が早い段階で剥がれてしまう等の不具合が生じてしまいます。

ですので、下塗りをおこなうことはとても重要です。では、下塗りの役割についてみていきましょう~(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★下塗りの役割 その1 「外壁と上塗り塗料を密着させる」

上塗り塗料は、実は接着力がほとんどないのです。だから、もしそのまま外壁に塗ってもすぐに剥がれてしまうのです。ですので、下塗り塗料が外壁と上塗り塗料の接着剤の役割を果たすのです。下塗りをして、その後上塗りをおこなうことで、上塗り塗料の密着性が高まって、上塗り塗料の剥がれを防ぐのです。

 

★下塗りの役割 その2 「傷んだ外壁に上塗り塗料が吸い込まれるのを防ぐ」

経年劣化した外壁は、ひび割れなどが起こり、表面が荒れている状態です。そんな状態の外壁表面は、スポンジのように塗料を吸収してしまうので、いきなり上塗り塗料を塗ってしまうと、必要以上に外壁に吸収され、上塗り塗料の機能を十分に発揮させる厚さをつけることができません。その結果、塗装表面に色ムラが発生したりします。下塗りをおこなうことで、傷んだ外壁に上塗り塗料が吸い込まれるのを防ぎ、色ムラのないきれいな仕上がりになるのです。

 

★下塗りの役割 その3 「塗装の機能を向上させる」

 下塗りの塗料には上塗り塗料と同様に、様々な機能を持つものがあります。例えば、「下地表面を固める機能」、「防カビ機能」、「防錆機能」、「遮熱機能」などです。お家の状態や環境に合わせて、こういった機能を持った下塗り塗料を使うことで、塗装の効果をよりアップさせることができます。

 

★下塗りの役割 その4 「下地の色を隠す」

塗替えをする際、濃い色の外壁から淡い色に変える場合など、もとの色が透けてしまう可能性があります。下塗り塗料を塗ることで、もとの下地の色を隠すことができ、きれいな仕上がりにすることができます。

 

このように下塗り塗料には、重要な役割があります。最後は上塗りに隠れていまうだけに、まさに縁の下の力持ちという言葉がぴったりですね~(#^.^#)

カテゴリー:未分類 外壁・屋根塗装知識

1件

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 3月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ