お役立ちコラム

【屋根の塗装は本当に必要?】塗装の必要性と意味のないケースを外装劣化診断士が徹底解説!

DATE 2024年2月9日(金)

【屋根の塗装は本当に必要?】塗装の必要性と意味のないケースを外装劣化診断士が徹底解説!

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペン、外装劣化診断士の小黒です!

外壁塗装工事はよく耳にするけど、屋根塗装については、あまりくわしいことを知らないというあなた!

じつは屋根塗装は屋根の素材によっては必要不可欠なリフォーム工事なのです!

屋根塗装が必要ないと言われているおもな屋根材としては「亜鉛やアルミニウムでコーティングされた金属屋根」や「スレート瓦屋根」、「テラコッタ製やセラミック製の瓦屋根」が挙げられます。逆を言うと、上記で挙げた屋根以外は塗装をしないと、屋根が劣化して大切なマイホームの寿命を縮めてしまうことにもつながりかねません!

今回のお役立ちコラムでは、屋根塗装の必要性をテーマに以下の内容について、外装劣化診断士目線でお話ししていきたいと思います。

  • 塗装が必要なケース
  • 塗装をしても意味のないケース
  • 屋根塗装のタイミング

屋根の塗装とは

屋根の塗装とは

屋根塗装とは、屋根の表面に塗料を塗るリフォーム工事のことです。この作業は、住まいの美観を維持し、屋根材を保護するために行われる大切な工事です。

紫外線や雨水、風など、外部からのさまざまな影響によって屋根材は徐々に劣化していきます。塗装をすることで、これらのダメージから屋根を守り、屋根材の耐久性を高めることができるのです。

この章では、屋根塗装の基本的な知識について、お話ししていきたいと思います。

屋根の表面に塗料を塗る作業

屋根塗装とは、屋根の表面に塗料を塗る作業のことです。屋根塗装の目的は屋根の保護と美観維持にあります。

屋根塗装の目的である「屋根の保護」と「美観の維持」を叶えるためには、塗料選びはもちろんのこと、塗装時期や施工方法の理解が必要不可欠です。

適切な塗料は防水性、耐久性を向上させ、屋根自体の寿命を延ばすことにもつながります。

できれば屋根塗装の施工は専門家によるものが理想です。屋根は外壁と違い、落下などの安全面のリスクもありますし、季節によっては塗装そのものを失敗してしまう可能性もあるからです。

定期的なメンテナンスと塗り替えで、屋根の寿命を延ばし、家全体の価値を守ることができるでしょう。

屋根を保護して寿命を延ばす役割がある

屋根塗装には、屋根を保護し、その寿命を延ばす役割があります。塗装が屋根材に対する防水層を形成し、紫外線や化学的な劣化から保護するのです。

塗装された屋根は未塗装のものに比べて、色褪せや劣化の進行が遅くなります。また、適切な塗料を使用することで、屋根の表面温度を下げ、熱効率を改善することができます。

良い例が遮熱塗料で塗装した屋根ですね。夏の日差しを遮熱塗料が反射し、結果として屋内温度が上がりにくくなり、エアコン使用量が格段に減ったというケースもあります。

定期的な屋根塗装は、屋根の保護と寿命の延長、そして住み心地にも非常に重要な役割を果たしているのです。

屋根の塗装の必要性

屋根の塗装の必要性

屋根塗装の必要性という部分についてお話しします。先ほど述べた屋根塗装の役割に目を向けてみましょう。屋根塗装の役割は次の2点です。

  • 屋根を保護する役割
  • 屋根の寿命を延ばす役割

屋根塗装の必要性は上記2つの役割のほか、もう1つ「家の価値を維持する」という理由も挙げられます。

この章では、屋根塗装の役割をさらに掘り下げ、さらに家の価値を維持するという理由についてお話ししていきたいと思います!

屋根を保護する

塗料は屋根を紫外線や雨風から守ります。

劣化した塗料では、屋根が傷み、雨漏りの原因になり得ます。雨漏りの発生要因は「屋根材の劣化」がほとんどです。この「屋根材の劣化」を引き起こすのが「屋根塗装の劣化」なのです。

屋根塗装は屋根を守る「鎧」のようなもの。鎧がボロボロ=防御力ゼロの状態では、敵(雨や風など)から身を守ることができませんよね。だからこそ、鎧の修復作業=屋根塗装は必要不可欠なものなのです。

塗料が屋根材をどのように保護し、具体的に雨漏りなどの問題を防ぐかは住まいの事情によって異なります。それぞれの住まいに合わせた塗料や施工方法が屋根塗装では重要になるのです。

屋根の寿命を延ばす

屋根や外壁には寿命があります。同じように塗料にも寿命があります。塗料は屋根や外壁に比べて、寿命は短いものです。平均でも10年~15年程度で塗り替えが必要です。

もし、屋根の塗装をしなければ、屋根に使われている建材の寿命は短くなってしまいます。建材の寿命は建物の寿命に直結します。屋根は外壁と並んで住まいを構成する重要な建材です。つまり、屋根の寿命を延ばすことは、建物の寿命を延ばすことにもつながるのです。

たとえば、適切な塗装を施した屋根は、そうでない屋根に比べて明らかに長持ちします。結論として、屋根塗装は屋根の健康を維持し、長期的に建物を保護するための重要な手段です。適切な時期に適切な方法で塗装を行うことが、屋根の寿命を最大限に延ばすカギとなります。

家の価値を維持する

屋根は住まいの外観を大きく左右する重要な部分です。塗装を施すことで、建物の不動産価値を維持することが可能になります。

理由として、美観の向上と保護機能の強化が挙げられます。適切に塗装された建物は不動産取引市場での評価が高く、売却時にも有利に働くことが多いです。

屋根塗装は住まいの価値を維持・向上させるための重要な投資です。適切なメンテナンスと塗装の更新が住まい全体の価値を高めるポイントとなることを覚えておきましょう。

屋根の塗装が意味のないケース

屋根の塗装が意味のないケース

ここまでは屋根塗装が必要なケースについてお話ししてきました。この章では、屋根塗装が必要のない、塗装をしても意味のないケースについてお話ししていきたいと思います。

屋根を塗装しても意味のないケースはおもに次の3つのシチュエーションが挙げられます。

  • 屋根の状態が良好な場合
  • 屋根の材質によって塗装が不要な場合
  • 屋根塗装の費用が予算オーバーの場合

それぞれをくわしくお話ししていきたいと思います。

屋根の状態が良好な場合

屋根の塗料が劣化していない場合、塗装は不要です。理由は、保護層がまだ機能しており、屋根を適切に守れているからです。

たとえば、最近塗装された屋根や、劣化の兆候が見られない屋根は、塗り直しの必要がありません。屋根の状態が良好であれば、塗装を急ぐ必要はなく、定期的な点検でその状態を維持することが推奨されます。

屋根の材質によっては不要な場合

金属屋根や瓦屋根は、塗装が不要な場合があります。これらの材質は、屋根材自体に耐久性があり、塗装による保護が必ずしも必要ではないからです。

例として、特定の金属屋根は錆びにくい材料で作られており、瓦屋根は自然の耐久性があります。塗装を施すことで、屋根材そのものの保護機能を失わせてしまうことにもつながるため、塗装をしても意味がないのです。

屋根塗装の費用が予算オーバーの場合

屋根塗装は費用がかかる作業です。予算オーバーの場合は、塗装をしないことも検討することが重要です。理由として、費用対効果を考慮し、屋根の現在の状態が許容できる範囲であれば、塗装を延期する選択肢もあります。

たとえば、小さな修理や清掃で状態が改善する場合、大規模な塗装は必要ありません。もちろん、屋根に穴があいていたり、実際に雨漏りが発生していたりする場合は、早急な修繕工事や塗装工事が必要になります。

塗膜の劣化が許容範囲で収まるならば、1年後、2年後に屋根塗装をすることを検討してみても良いでしょう。結論として、予算と屋根の状態を慎重に評価し、もっとも費用対効果が高い選択をすることが重要なのです。

屋根を塗装するBESTなタイミングは?

屋根を塗装するBESTなタイミングは?

屋根塗装が必要な屋根はいつ塗装工事をするのが最適なのでしょうか?外装劣化診断士としてのアドバイスは次の2つのタイミングがオススメです。

  • 塗装の劣化がかなり目立つ場合
  • 10年~15年ごとのメンテナンス時

季節的には雨が降らないシーズンがオススメです。雨が降るとせっかく塗装した屋根の塗料が乾かずに、工期が伸びてしまうからです。住んでいる地域の降雨量や天気予報などを確認したうえで塗装するタイミングを検討するとよいでしょう。

屋根の塗装のタイミング①|塗装の劣化が目立つ場合

塗料がひび割れたり、剥がれたりしている場合、塗り替えが必要です。理由は、これらの劣化は屋根の保護機能の低下を示しており、放置すると屋根材自体の損傷につながるからです。

実際に診断した事例を振り返ってみると、劣化した塗装の屋根では、雨水の侵入や熱効率の低下が見られます。とくに熱効率の部分では、急にエアコンの金額が増えたというお悩みがあるご自宅では、屋根の塗装がかなり劣化が進行していたというケースがありました。

つまり、塗装の劣化が目立つ場合、早期の塗り替えが屋根を保護し、住まい全体の性能を維持するうえで重要なのです。

屋根の塗装のタイミング②|10~15年ごとに塗り替える

塗料の寿命は約10年~15年程です。

全体の概要として、この期間を目安に塗り替えを検討することが推奨されます。詳細については、環境条件や塗料の質によって寿命にばらつきがありますが、定期的なメンテナンスと塗り替えで屋根の機能を最適に保つことができます。

10~15年ごとの塗り替えは、屋根を長持ちさせ、家全体の価値を守るための投資として考えるべきです。

屋根に塗装が必要かどうか悩んだときはカトペンにご相談ください!

屋根に塗装が必要かどうか悩んだときはカトペンにご相談ください!

💬「うちの屋根もそろそろ塗り替えなのかな?よくわかんないや」

💬「エアコンの効きが悪くなってきたかも…」

💬「金属屋根だけど塗り替えって必要なの?」

もしあなたが上記のような疑問やお悩みを抱えているならば、ぜひ当社カトペンにご相談ください。私、外装劣化診断士の小黒があなたのご自宅にお伺いし、あなたのご自宅を守っている鎧=屋根の診断をいたします。

屋根診断だけでなく、外壁劣化診断も無料で行っております。ぜひ一度ご相談ください。あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 5月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ