スタッフブログ

98件

DATE 2020年10月21日(水)

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚  

 

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。  

愛知県豊川市の塗装会社  プロタイムズ東三河店

株式会社カトペン です。

豊川市 豊橋市 蒲郡市 新城市 田原市の

屋根・外壁塗装工事はお任せください!

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*

 

皆さん、いつもスタッフブログをご覧頂きありがとうございます。

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業アシスタントの上ヶ市です。

 

今日は外壁材 窯業系サイディングボードの外壁塗装についてお話をします。

サイディングは豊富なデザインがあり日本では約70%~80%の

住宅に使用されている非常にポピュラーな建材です。

人気の理由として、様々な機能性を付加したものが選べたり

数種類のデザインのサイディングを組み合わせる事によって

とてもお洒落な外観に仕上げる事が出来るなどがあります。

しかし、サイディングは約10年程度過ぎると必ず塗り替えが必要になってきます。

 

サイディング外壁の住宅のお客様からよく質問されるのが・・・

外壁塗装すると1色のベタ塗りになってしまうの・・・?

という内容です。

せっかくこだわって選んだデザインの外壁なのに・・・と悲しくなってきますよね。

今日はそんな方にむけて

サイディングの塗装にも色々な方法があることを知って頂けるようにお話をしていきたいと思います。

 

通常、一般的にサイディングボードの外壁塗装は

下塗り~上塗り①~上塗り②の計3回の塗装工程をおこないます。


 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 下塗り ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 上塗り1回目 ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 上塗り2回目 ↑

といった具合に通常はここまでで外壁塗装が完了になります。

通常ですと、このように1色のベタ塗りになってしまいます。

しかし、ここで一手間加えると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように目地の色とタイル調の部分の色が塗り分けられ、見た目がとても変化します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 外壁塗装before ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 外壁塗装after ↑

この工法は下塗り~中塗り(目地色)~上塗り(目地色)~タイル部塗装と4工程となりますので

1工程分費用は多くかかってしまいますが、デザイン性を重視する方にはお薦めの工法になります。

 

サイディングの外壁塗装=デザイン性(意匠性)が無くなるというではないので

サイディング外壁の方はがっかりしないでくださいね!

 

 

屋根・外壁塗装工事に関する注意事項等も、市民講座ではしっかり勉強していただけます!

次回の市民講座「屋根・外壁塗り替えセミナー」は豊橋市・蒲郡市での開催です!

屋根塗装、外壁塗装工事をご検討されてる方・ご興味がある方は是非ご参加ください!

「屋根・外壁塗り替えセミナー」って何?という方はこちらを見てみてください♪

 

10月31日(土) 10:00~12:00(受付9:30~) アイプラザ豊橋 206会議室

11月 1日(日) 10:00~12:00(受付9:30~) 蒲郡市民会館 中会議室

 

ご予約はこちらセミナー申し込みフォーム、もしくはお電話(0120-16-0001)へどうぞ(*^_^*)

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年10月19日(月)

豊川市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

前回ブログでカラーベストコロニアルのメンテナンス方法について説明したと思います。

見逃した方はこちらからご覧ください。

そした、今回は塗装以外のメンテナンス方法について説明をしていきたいと思います。

その塗装以外の方法というのは・・・屋根のカバー工法

この方法は、簡単に説明すると、既存のカラーベストコロニアルの上より軽量の金属屋根を被せるといった方法です。

カバー工法について詳しく解説していきましょう。

カバー工法をおすすめする物件の特徴とは

①新築時からメンテナンスをおこなっておらず築20年~25年で初めて屋根のメンテナンスを考えてる方。

②屋根のメンテナンスを定期的にやっている方。(屋根塗装を2回以上やっている方がおすすめ)

③現在のカラーベストコロニアルから雨漏りをしている。

④カラーベストコロニアルが塗装不可の材料を使用している場合(代表的なのはニチハのパミール瓦)

以上がカバー工法をおすすめする条件となります。

簡単にいうと、塗装ではメンテナンス不可能だと判断した場合に提案をおこなっております。

カバー工法をおこなうメリットとは?

・既存カラーベストを撤去することなく施工が可能なため、廃材処理費等が安価になる。

・もしアスベスト含有されてた場合もアスベストを処理する費用がかからなくて済む。

・既存カラーベスト上より防水シート、金属屋根を被せるので断熱性、遮音性、防水性が向上。

・表面塗膜が工場の焼付塗装のため、耐久年数の向上。

・素材によっては意匠性もアップ。

以上がカバー工法のメリットとなります。

では逆にデメリットの説明をしたいと思います。

カバー工法のデメリットは?

・既存屋根の上に被せるため、屋根の重みが増す。

・下地等の傷みがある場合は施工が不可もしくは下地のやり替え等も必要。

・塗装によるメンテナンスに比べ費用が高価。

以上がデメリットになります。

豊川市内でも塗装ができないカラーベストに塗装をしている業者もいるみたいなので、要注意です。

↑はニチハのパミール瓦です。

屋根の塗装をおこなったとしても、下の瓦から剥がれてきてしまうので、カバー工法をおすすめします。

事前に現地調査をおこない、見分けることが必要です。

そのために私たちカトペンは見積もり前の事前調査にも力を入れていますので、ぜひお問合せください!!

 

☆株式会社カトペンは豊川市で最優良店をめざして活動しております☆

お問合せフォームはこちら

よくあるご質問に関してはこちら

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年10月17日(土)

豊川市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

本日は、豊川市でも非常に多く使用されるカラーベストコロニアルのメンテナンス方法についてお話していきたいと思います。

皆様のご自宅でも使用がされているかもしれない、カラーベストコロニアル。

こちらは新築時によく使用がされる建材として扱われています。

以前までのカラーベストの内容成分は、セメント質が85%と石綿(アスベスト)15%で構成されています。

しかし、2004年建築基準法の改正により石綿の使用が禁止となりました。

そのため、2004年以降に使用されるカラーベストコロニアルに関しては、石綿の代わりに、木片等の増量材が使用されています。

カラーベストコロニアルと呼ばれる他に、スレート瓦等の名称でも扱われています。

そんなカラースト、内容成分のほとんどがセメント質でできているため、必ず表面の塗装が必要になります。

塗装をおこなわず放置をすることで、カラーベストの反りや変形、最悪の場合割れが発生しています。

先日も豊川市内で建物の診断をおこないました。

こちらは築20年メンテナンスされていないカラーベストの様子です。表面の割れはありませんでしたが、防水機能が失われコケやカビの繁殖が目立っています。

こちらのカラーベストをメンテナンスする場合は、まず高圧洗浄を行います。

洗浄で表面の汚れを落としてから、下塗りの塗装を行います。この下塗りの塗装ですがカラーベストの劣化状況によっては、下塗り1回だけでは足りず、下塗り2回の施工が必要となってきますので、劣化状況に応じて見積を作成してもらうのがベストです。

下塗りを塗装した後は、タスペーサーの施工を行います。

ん??上塗りじゃないの??と疑問に思われた方もいるかと思いますが、カラーベストを塗装する際に必ずこの施工をおこなわないと、雨漏りにつながる恐れがありますので要注意です!!

タスペーサーの重要性はこちらの動画をご覧ください。

タスペーサーの施工が終わったら、その後に中塗作業、そして最後の上塗り作業をおこなっていきます。

この工程をしっかり守って施工をおこなうことが重要になってきます。

カラーベストのメンテナンス方法は、塗装だけではありません。

屋根のカバー工法という方法もありますので、それは次回お話したいと思います。

☆株式会社カトペンは豊川市で最優良店をめざして活動しております☆

お問合せフォームはこちら

よくあるご質問に関してはこちら

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年10月12日(月)

豊川市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

だいぶ日が落ちるのが早くなってきましたね。

私たちも現在豊川市を中心に外壁塗装工事をおこなっていますが、暗くなる前に方付けを終わらせないといけませんので、

朝一の段取り打ち合わせがとても重要となってきます。

日が落ちるのとともに気温も少しづつ下がってきます。

そこで、これから冬場にかけての外壁塗装時の注意事項をご説明したいと思います。

塗料には施工できる気温というものがあるのご存知でしょうか??

これはメーカーが出している、塗料のカタログの注意事項に記載があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように、気温5℃以下、湿度85%での施工は避けてくださいと、メーカーが指定しています。

特にこれからの時期、寒くなると霜がおりる地域も多いかとおもいます。

霜は屋根の塗装時にとても影響を与えることがありますので、要注意となります。

 

では、いつなら塗装のベストシーズンなのか?

よく消費者の方からご相談を受けます。

外壁塗装をおこなう際の、適切な時期ですが、これはズバリ春と秋がベストシーズンだといわれています。

もちろん、この時期は人気の時期なので、各地で足場が立っているのが目立ちます。

では、夏、冬は施工ができないのか??

いえいえ、そんなことはありません。

先ほどお伝えした、気温や湿度をしっかりと管理しながら施工をおこなえば、塗装の品質には問題がありません。

もし、万が一塗装をしていて、途中で雨が降ってきた場合は・・・とご質問も多くいただきます。

基本的には作業は中止させていただきます。

もし万が一雨で塗装面が流れたり、不具合が起きたりした場合は、業者さんの方で対応をしてくれると思います。

実際に、私たちの現場でも起きたことがあります。

その時は、下塗りの最中に雨が降ってきてしまい、下塗りが流れてしまったことがあります。

そのような場合は、もう一度下塗りの塗り直しをおこない、次の工程を作業しました。

業者さんによっては少しの雨なら・・・と作業を進めてしまう方もいますので、注意が必要です。

以上がこれからの季節の注意事項となります。

重要なのは、気温と湿度。

きちんと天気予報を確認し外壁塗装をおこなってもらいましょう!!

 

☆株式会社カトペンは豊川市で最優良店をめざして活動しております☆

お問合せフォームはこちら

よくあるご質問に関してはこちら

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年9月14日(月)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業アシスタントの上ヶ市です。

 

毎日のように急な大雨に気分が沈んでしまいますね。

先日寝室の窓を開けたまま出勤し、夕方大雨が降ってベッドがびたびたになってしまい

その日は帰宅後ばたばたと大変でした・・・

金曜日も夕方1時間ほど大雨が降りましたね。

雨上がりに、日課の愛犬とのお散歩に行ったのですが綺麗な虹が見れました(*^▽^*)

うっすらですが2本の虹!!!!いいことありそうです♪

犬は色覚が人とは違い、認識できる色が人よりも少ないそうです。

綺麗なものを見ても共有できないことに少し切なくなりました(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色といえば、外壁塗装の際の色決めは結構迷われる方が多いように思います。

現在の色と同じような色を選ぶ方、全く別の色を選ぶ方、様々です。

外壁の色決めの際は、「色見本」というものを持っていくのですが

それを室内で見て決めるのではなく、実際に外壁にあてがって色の確認をしながら

決めていただいています(*^^*)

色の見え方は屋内か屋外かでも変わってくるからです!(光の当たり具合等で変化します)

せっかく塗替えをするなら、塗った後になって「思ってた色と違う!」と後悔してほしくないので

当社では「すけるとんシート」というものを作成しております!

 

以前ブログでもお話したことがあるのですが、

次回のブログで「すけるとんシート」について再度お話したいと思います(*^^*)

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 スタッフの日常

DATE 2020年9月7日(月)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業アシスタントの上ヶ市です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風10号・・・

愛知県には影響はあまりなかったかとは思いますが、備えは必要ですね。

食料や飲料水の備蓄はされていますか?

台風もそうですが東海地方は大地震がくると言われてるので

自分の身は自分で守れるように準備は必要ですね。

ちなみに、今年はもう過ぎてしまいましたが9月1日は「防災の日」とされているそうですよ。

 

台風等の後はよくお問い合わせをいただきます。

瓦がとんでしまったり、ずれてしまったり・・・

雨漏りがおきてしまったり・・・

そのような補修工事が必要な場合、保険に入られている場合は保険が適用されることもありますので

放置せず、連絡をいただきたいです!

お金がかかるから・・・と渋っているうちにひどくなってしまうこともあります。

保険がつかえるのであれば早めに施工してしまいたいですよね(^O^)/

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年9月1日(火)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業アシスタントの上ヶ市です。

 

今日から9月ですね(*^-^*)

まだまだ暑い日が続いていますが、夜はだいぶ涼しくなってきた気がします。

とはいえ、まだまだ暑い日が続くようなので体調に気をつけないといけないですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は「ALC」という外壁材についてお話します(*^^*)

「ALC」(軽量気泡コンクリート)セメント・生石灰・けい石・発泡剤を主原料として成型した

スウェーデン発祥の外壁材です。

気泡などの空隙部分が全容積の80%を占め軽量なのが特徴で、

遮音性・保温性・耐火性に非常に優れているいます。

しかし、吸水性が高いため、外壁に使用する場合、必ず塗装での防水処理が必要な素材です。

鉄筋造りやRC造りの屋根や外壁に多く使用される素材です。

窯業系サイディングボードと同じで、ジョイント部分はシーリング材で防水されているので

劣化が進むと吸水の原因となりますので注意が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外壁にチョーキング現象が発生していたり、雨が降ったときに雨染みが出ている ALC の方は、

早めに外装劣化診断士による、診断をお勧め致します。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年6月24日(水)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

今回のブログは塗料に関してのお話です!

今回ご紹介したい塗料は、現在弊社でも施工棟数が1番の

『超低汚染リファインシリーズ』 

をご紹介したいと思います!

まずはお時間の許す方、こちらのYouTubeをご覧いただくとこの塗料の良さが伝わると思います!!

ぜひ、ご覧ください!

僕も、実際自分の家を塗装するならこのリファインシリーズが1番いいなと思っています。

では、特徴を説明していきたいと思います。

まず1番注目なのがやはり、『低汚染性』

こちらの塗料は、なんと言っても汚れが付きにくい!また、付いたとしても自然の雨により洗い流してくれる

セルフクリーニング機能がついています。他社の低汚染シリーズももちろんありますが、他のメーカーと比べても

群を抜いて汚れにくさを発揮しています!!

※YouTubeの動画でも他社塗料比較してますのでごらんください。

そして次に注目したいところは、『長い耐久年数』

低汚染シリーズというわけで、ラインナップも豊富です。屋根はもちろん外壁にも使用可能です!

そして、シリコン塗料とフッ素塗料の2種類に分かれているためお客様のニーズに合わせて、カスタム可能です。

リファインSi・・・一般的なシリコン塗料に比べ無機成分(シロキサン結合)が豊富に配合されています。そのため

樹脂同士が強固に結びつき、緻密で強靭な塗膜を形成し、紫外線に対し優れた耐候性を発揮しています。

メーカ―の促進耐候性試験結果で4500時間をクリア。年数換算にすると約15~18年相当に値します

リファインMF・・・一般的なフッ素塗料には劣化しやすい結合箇所があって、そこに紫外線が当たることで、

塗膜が劣化していきます。しかしリファインMFは結合箇所が少ない『完全交互結合型フッ素樹脂』を採用し、

紫外線に対して優れた耐候性を発揮します。また、劣化に強い無機成分(特殊強化剤)を樹脂に固着させ、

さらなる耐候性の向上も実現!

メーカ―の促進耐候性試験結果で6000時間をクリア。年数換算にすると約20~24年相当に値します

また、遮熱性能もあるためサイディングボードを保護するにはもってこいの塗料!

汚れが付きにくいため、遮熱保持性も認められています!!

今、どの塗料で塗装をおこなうか、検討中の皆様!

ぜひ今のうちに超低汚染シリーズのお見積りをお取りください!!

※超低汚染シリーズを扱えるお店もありますのでご注意ください!

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

DATE 2020年4月13日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

今日はサイディング外壁の方をメインにお話をしていきたいと思います。

サイディングの柄にも様々ながらが存在しております。

特に昨今多く見られるのは、デザイン性の高いレンガ調のサイディング。

築10年を目安にクリヤー塗装で保護をおこなえば、長期的に新築時のサイディングの柄を保つことができます。

下の写真がクリヤー塗装の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもでも、築10年で施工するの知らなかった!!なんて声もしばしば・・・(-_-;)

そんな時におすすめさせていただいているのは、外壁のデザイン塗装です!!

どんな塗装かと説明しますと・・・

まず、クリヤー塗装は透明な塗料で外壁を2回塗りするのが一般的な仕上げとなります。

デザイン塗装はというと、通常の外壁のように下塗り、中塗り、上塗りと3工程塗装をおこないます。

塗装した様子を施工前、施工後でご覧ください。

 

 

 

 

 

施工前

下塗り、中塗り、上塗りが終わった様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度柄を塗りつぶしてしまいます。

そのあとに、専用ローラーを使用し、サイディングの柄を付けていきます!

その様子をご覧ください!

サイディング柄付けの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然雰囲気違いますよね!?

単色だと物足りない、周りの家と違う仕上げ方にしたい!!とお考えの方にはおススメの施工です(^^♪

このお家は、全面的に施工をおこないましたが、ワンポイントでも施工が可能です。

施工ができるできない、デザイン等のご相談は担当の営業にお聞きください!

最後にデザイン塗装の施工事例のURLを貼っておくので、参考にしてください!

1階部分のみのデザイン塗装はこちら

全面デザイン塗装はこちら

ブログに載っているデザイン塗装はこちら

カテゴリー:工事の様子 外壁・屋根塗装知識

DATE 2019年7月1日(月)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です。

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
今日から7月がスタートしました!
梅雨あけもそろそろかなっと期待していますが、天気予報を見ると
1週間近く雨予報(´;ω;`)
これじゃあ仕事が進まない!!
雨で工事が遅れておりますので皆様ご迷惑をおかけして申し訳ありません!
ご理解とご協力よろしくお願いします。

雨の日は湿度が高いため塗装ができないのです。
湿度が高い中塗装をおこなってしまうと、塗膜の不具合が発生してしまいます。
不具合というのは、塗装の剥がれ、耐久性の低下、塗料の白濁等が考えられます。
そのため、雨の日の作業は中止となります。

ただ雨の日でもできる作業もあります!
それは高圧洗浄!
近隣へのことを考えると雨の日に行うのが一番ベスト!
ただ、雨が降るまで放置するのはもったいないので、晴れた日も洗浄をおこないます!
雨の日に高圧洗浄が被った方はラッキーですね(^^

さっそく明日高圧洗浄が入っていますので御津の方よろしくお願いします!!(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

98件

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
« 9月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

リフォーム相談会開催!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ