スタッフブログ

屋根塗装の豆知識|令和5年10月施行!アスベストの有資格者調査が義務化されました!

DATE 2024年2月23日(金)

屋根塗装の豆知識|令和5年10月施行!アスベストの有資格者調査が義務化されました!

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士/建築物石綿含有建材調査者小黒です!

屋根塗装で建物の寿命を延ばそうと考えているなら、依頼する前に「現場の屋根材が何でできているか」を調べてみてください。

とくに、中古住宅を購入した方や、平成18年以前に新築した方は、屋根材をしっかりと確認しなければなりません。

なぜなら、古いものほど「アスベストを含有している」可能性が高いからです。

今でこそ石綿=アスベストは危険とされていますが、当時は強度のある優秀な素材だと考えられていました。しかし、さまざまな観点から、アスベストの危険性が重要視されたことで、現在はノンアスベストが一般的になりました。

今回のお役立ちコラムでは「アスベストの危険性と対策方法」についてお話ししていきたいと思います。

屋根塗装とアスベストの関係

屋根塗装とアスベストの関係

屋根塗装をする際、屋根材にアスベストを含んでいる場合はどうすれば良いのでしょうか。そもそも、アスベストがどれくらい危険なのかという点について、いまいち周知しきれていないので理解が及ばない部分があると思います。

まずは「アスベストの危険性」について見直してみましょう。そして、「なぜアスベストを法改正で禁止したのか」も合わせて考えてみたいと思います。

アスベストの危険性

石綿=アスベストは、非常に細かな繊維でできた物質です。そのため、空気中に飛散したアスベストは、人間の体内に入り込み、肺を汚染していきます。しかも、肺に入り込んだアスベストは排出されることがなく、一生害を及ぼし続けるのです。

アスベスト吸引によって発生する健康被害には、以下のようなものが挙げられます。

  • じん肺
  • 肺がん
  • 中皮腫

よく言われている「じん肺」は、初期症状に「息切れ咳痰」などが現れます。体感としては風邪の初期症状と変わらないので、対症療法で様子を見てしまうことが多く、気づいた時には症状が悪化してしまうことが多いのです。

  • 気胸
  • 気管支炎

これらの症状にまで悪化して初めて「じん肺」だと気付く人も少なくありません。

肺がんは、言わずと知れた死亡原因の一つです。そして、あまり耳にしたことがない「中皮腫」も、がんと同じく悪性腫瘍の一種になります。

肺がんはじん肺からの発展による場合が多いですが、中皮腫は初期症状がほとんど現れません。胸水が溜まったり胸痛が発生するようになった時には、すでに中期以降であることも十分に考えられます。そのため、発症初期に対処できるというケースは非常に稀になるのです。

ここで挙げた症例は、アスベストが原因で発症した場合完治することは基本的に考えられません。それは、アスベストを排出することができないからです。

アスベストに対する法改正について|令和5年9月30日まで

平成18年9月1日以降、アスベストには以下の内容を禁止されています。

  • 製造
  • 輸入
  • 譲渡
  • 提供
  • 使用

現実的に、アスベストを排除する方向で政府が動いたということです。しかし、すでに製造されていた建材などもあり、一部例外的に使用されていたものもあるのです。禁止と言われていながらも、決定された内容が段階的だったという背景があります。

  • 1975年(昭和50年)10月1日:5重量%を超える石綿の吹付け原則禁止
  • 1995年(平成7年)4月1日 :1重量%を超える石綿の吹付け原則禁止
  • 2004年(平成16年)10月1日:1重量%を超える石綿含有建材、摩擦材、接着剤等、10品目の禁止
  • 2006年(平成18年)9月1日:0.1重量%を超える石綿含有製品の禁止

平成18年9月1日の禁止内容をご覧ください。「0.1重量%を超える」とあります。これをわかりやすくすると、以下のようになります。

  • 100kgの建材に100gのアスベスト含有→禁止
  • 100kgの建材に99gのアスベスト含有→対象外

アスベスト自体には、含有物を強化する優秀な性能があるため、完全に排除するところまで踏み込めなかったのです。

アスベストに対する法改正について|令和5年10月1日から

令和5年10月1日に、石綿障害防止規則に新たな法改正がありました。

内容は以下のとおりです。

  • 工事開始前の石綿有無の調査(工事対象となる全ての部材について、石綿含有の有無を設計図書などの文書と目視で調査し、調査結果を3年間保存)
  •    労働基準監督署への工事計画の届出拡大(石綿が含まれている保温材等の除去等工事の計画は14日前までに労働基準監督署に届出)
  •    除去工事における規制強化(除去工事が終わって作業場の隔離を解く前に、資格者により石綿等の取り残しがないことを確認)
  •    石綿含有仕上塗材成形板等の除去工事に対する規制(石綿が含まれている成形板等の除去工事は、切断、破砕等によらない方法で行うほか、石綿が含まれている仕上塗材をディスクグラインダー等を用いて除去する工事、石綿が含まれているけい酸カルシウム板第1種を切断、破砕等する工事は作業場の隔離が義務付け)
  •    記録の保存(石綿が含まれている建築物、工作物又は船舶の解体改修工事は、作業の実施状況を写真等で記録し、3年間保存すること)

(引用:厚生労働省 石綿障害予防規則が改正されました(令和5年10月1日完全施行)

要するに、これまで以上にアスベストに対する注意をするようにという内容です。アスベスト含有建材の使用はされなくなっていますが、過去に使用されてきたものを撤去しなければならない場合に、職人の健康被害が発生してしまう恐れがあったことで、法改正が急がされたのです。

産業廃棄物として処理する際も、アスベストは通常のものとは扱いが変わり、確実に埋没させなければ危険性を抑えられないということが知られています。それでも、解体作業中、移動中にアスベストが飛散しないとは言い切れず、結果的に移動経路でアスベストを吸引してしまう恐れを払拭できないのです。

より詳しい内容が知りたい方は、以下のパンフレットを参照してみてください。 

改正アスベスト法には罰則有り!

令和5年10月に施行された改正アスベスト法では、罰則有りの厳しい法律改正がなされました。具体的にはアスベスト除去に必要な資格が変わったことです。

令和5年10月1日以降着工の解体・改修工事では、アスベストの有無にかかわらず、事前調査と報告が義務化されました。調査を行える資格は、有資格者によるアスベストの事前調査・分析が義務化されたのです。

また、有資格者でない人が調査をしても、法的な権限が無いため、調査そのものが無効とされ、調査をした無資格者だけではなく、依頼をした施主様にも罰則が適用されます。

このことから、塗装業界では、塗装以外の工事を行う事業者、つまり屋根の葺き替え工事や外壁の張り替え工事をする業者のほとんどがアスベスト調査に必要な資格『建築物石綿含有建材調査者』を取得をすることになったのです。

アスベストを含有している屋根材に対する施工方法

アスベスト含有屋根材に対する施工方法

アスベスト含有のスレート屋根などを使用している場合の、屋根補修の方法をご紹介します。もしアスベストが入っていることがわかっても、対処方法さえ知っていれば依頼事に慌てる必要はありません。

アスベストを含有している屋根材に対する施工方法①|屋根塗装で対策

アスベスト含有屋根であっても、屋根塗装は可能です。ただし、通常の屋根材とは違い「高圧洗浄は危険」ということを覚えておきましょう。高圧洗浄によりアスベストが飛散する可能性があるので、自分や職人だけではなく、近隣住人にまで危険が及んでしまうのです。

心配な場合は、屋根材にアスベストが含有されている情報を職人に伝えておきましょう。

アスベストを含有している屋根材に対する施工方法②|カバー工法で蓋をする

カバー工法であれば、既存屋根に手を加えないため危険性は一気に下がります。固定具を取り付けるために屋根に加工をする場合も、確実な飛散防止対策を施すことで危険性は抑えられるでしょう。

そして、アスベスト含有屋根を上からカバーしてしまうため、施工後にアスベスト被害を心配する必要もなくなるというメリットがあります。

アスベストを含有している屋根材に対する施工方法③|総撤去で屋根を葺き替え

アスベスト含有屋根自体を撤去して、今後の心配原因をなくすという方法も有効です。ただし、作業中は確実にアスベストが飛散するため、職人は確実な飛散防止対策と近隣住人への配慮が欠かせません。

依頼主も、工事が完了するまで別の住居が必要になるでしょう。

カトペンはアスベスト含有建材の補修工事に対応できます!

カトペンはアスベスト含有建材の補修工事に対応できます!

アスベストは、とても優秀な強化材料である事実以上に、後戻りできないほどの健康被害の原因でもあります。もし、建物に使われている屋根材にアスベストが含まれている場合は、屋根塗装する際にしっかりと施工業者にその事実を伝えるようにしましょう。

建物の取引をした際、登記簿謄本を受け取っているはずです。アスベストを使っている場合は、その中に「アスベスト含有スレート屋根」のような記載が必ずあります。リフォームや補修を考えた際には、一度建物の情報をしっかりと把握するようにしましょう。

もしアスベストの有無がわからなくても大丈夫!当社株式会社カトペンはアスベストの事前調査資格を取得しております。

そのため、安心して調査をお任せいただけます!遠慮なくご相談ください!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
« 3月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
無機ハイブリッドシリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ