お役立ちコラム

富士ハウスで使用されている外壁の種類、劣化時の塗装専門業者の作業内容とは

DATE 2024年4月19日(金)

富士ハウスで使用されている外壁の種類、劣化時の塗装専門業者の作業内容とは

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

ハウスメーカー「富士ハウス」から住宅を購入した人もいると思います。富士ハウスが現在も存続していれば、外壁塗装を頼むことは可能です。しかし、2009年に倒産したため富士ハウスへの外壁塗装依頼はできません。

富士ハウスが倒産した今、外壁塗装をどこに依頼すれば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

その場合は、塗装専門業者への依頼がおすすめです。

塗装専門業者とは、その名の通り塗装を中心に請け負っている業者のことです。

外壁塗装の場数を多く積んでいますので、安心して依頼できます。とは言っても、塗装専門業者ってどのような作業をしてくれるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回のお役立ちコラムでは、富士ハウスの住宅に用いられている外壁材を紹介しつつ、その外壁材が劣化した際に、塗装専門業者がどのように対応するかについてお話しします。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したフジハウス施工のお住まいの事例

富士ハウスとは?

富士ハウスとは?

富士ハウスは1971年に設立された静岡県浜松市に本社を置く木造住宅の注文建築業者でした。関東、東海、近畿地方を中心に事業を展開し、ピーク時は140以上の住宅展示場を構えていたようです。

しかし経営困難に直面し、350億円以上の負債を抱え倒産します。業界に大きな影響を及ぼし、建築途中の住宅や未着工の物件について引渡しが不可能になるなど、多くの注文主が困った出来事になりました。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

富士ハウスの建物で使われている外壁材の特徴

富士ハウスの建物で使われている外壁の種類

富士ハウスの建物で使われているおもな外壁の種類は以下の2つです。

  • 意匠サイディング
  • リシン吹き付け

それぞれの特徴についてお話ししていきたいと思います。

富士ハウスの外壁材①|意匠サイディングの特徴

意匠サイディングは、建築物の外装に用いられる装飾的な外壁材です。外観を美しく見せるために設計されており、さまざまな色、形状、質感があります。石・木材・レンガなど、自然素材を模倣したものから、現代的なデザインをモチーフにしたものまでさまざまです。

富士ハウスの外壁材②|リシン吹き付けの特徴

リシン吹き付けは、建物の外壁や内壁にテクスチャーを施す仕上げ方法の一つです。

リシン(mortar)と呼ばれる特殊な塗料やモルタルを壁面に吹き付けます。リシンはセメントをベースにした素材で、耐久性と防水性に優れているため、外壁材としてだけでなく、浴室などの内装にも使用されているのを見たことがあるでしょう。

美観的には吹き付けることで独特の質感や模様が生まれ、建物に個性的な外観を与えられます。

富士ハウスの外壁材の欠点

意匠サイディングとリシン吹き付けは、富士ハウス施工のお住まいのほとんどに使われている外壁材です。両方とも「美観」や「耐久性」など、外壁材に求められる基本的な性能があるものの、その機能性の持続時間には限りがあるものです。

時間が経つことで起こる「経年劣化」や「塗膜劣化」、「表面の劣化」がそれにあたります。この章では「意匠サイディング」と「リシン吹き付け」の欠点と、それぞれの外壁材で多く見られる劣化内容についてお話ししていきたいと思います。

富士ハウスの外壁材①|意匠サイディングの欠点

意匠サイディングは、美観と機能性を兼ね備えた外壁材料ですが、欠点もあります。主な欠点は以下の3つが挙げられます。

  • 耐久性が低い
  • 修理の難易度が高い
  • 環境への悪影響

 

意匠サイディングの欠点①耐久性が低い

見た目を優先して選ばれる意匠サイディングは、必ずしも最も耐久性のある材料で作られているわけではありません。自然素材を模倣した製品は、本物の素材ほどの耐候性や耐久性を持たない場合があります。

意匠サイディングの欠点②修理の難易度が高い

独特のデザインやパターンを持つ意匠サイディングは、損傷した場合に同じ材料やデザインで修理することが難しいです。廃盤になった製品や特注のデザインは、修理や交換が困難でしょう。

意匠サイディングの欠点③環境への悪影響

意匠サイディングの製造には、化学物質やエネルギーが多く消費されるため、環境に対する影響が懸念されるかもしれません。また、自然素材を模倣したプラスチック製のサイディングは、分解性がないためリサイクルは難しいでしょう。

富士ハウスの外壁材②|リシン吹き付けの欠点

リシン吹き付けは多くの利点があるものの、欠点も存在します。リシン吹き付けの主な欠点は以下の2点です。

  • 専門的な施工が必要
  • 乾燥時間

リシン吹き付けの欠点①|専門的な施工が必要

リシン吹き付けは専門的な技術と機材を必要とするため、熟練した職人や業者を見つける必要があります。コストの増加や適切な施工業者の選定に時間を要するかもしれません。

リシン吹き付けの欠点②|乾燥時間

リシンを吹き付けてから、乾燥するまでに時間がかかるため、工事全体のスケジュールに影響を与えるかもしれません。湿度が高い環境では、乾燥にさらに時間が必要です。

富士ハウスの外壁材で多く見られる劣化内容

「意匠サイディング」と「リシン吹き付け」には特徴的な欠点が存在します。特徴的な欠点は多くのお住まいで見られる「共通の劣化」を引き起こしているのです。。この章では富士ハウスの外壁材で多く見られる劣化内容についてお話ししていきたいと思います。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装のタイミングを知るためのサインとは?|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

意匠サイディングで多く見られる劣化症状

意匠サイディングの劣化内容は以下の通りです。

  • ひび割れ・剥がれ
  • 変形・歪み
  • カビ・藻の発生
  • 腐食
  • 汚れの蓄積

意匠サイディングで多く見られる劣化症状①|ひび割れ・剥がれ

温度変化による収縮と膨張、物理的な衝撃が起こると、サイディングにひび割れや剥がれが生じます。水分が内部に侵入する原因となり、さらなる劣化を招くかもしれません。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状②|変形・歪み

意匠サイディングは、熱や湿度の変化によって変形や歪みが生じます。とくに、プラスチックやビニール素材のサイディングは、高温下での変形が見られやすいです。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状③|カビ・藻の発生

湿度が高い環境では、サイディングの表面や隙間にカビや藻が生育しやすくなります。見た目だけでなく、サイディングの材質を劣化させる原因ともなり得ます。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状④|腐食

金属製の意匠サイディングは、錆びや腐食の影響を受けやすいです。海岸近くなどの塩分濃度が高い環境では、劣化が早まります。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状⑤|汚れの蓄積

雨水や風による汚れがサイディングの表面に蓄積しやすく、中でも凹凸があるデザインの場合、汚れが落ちづらいです。長期間、汚れを放置するとサイディングの外観が損なわれるだけでなく、素材自体の劣化を早めることになるかもしれません。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状

②リシン吹き付け

リシン吹き付けは耐久性が高い壁面仕上げ方法です。しかし、時間の経過と共に劣化します。劣化内容は以下の3点が挙げられます。

  • 剥離・剥がれ
  • カビや藻の成長
  • 汚れの蓄積

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状①|剥離・剥がれ

リシンが基材に適切に密着していない場合、剥離や剥がれの危険性があります。これは、下地処理の不備や、適切でない施工方法によることが多いです。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状②|カビや藻の成長

湿度が高い環境では、リシンの表面や隙間にカビや藻が発生して成長することがあります。これらは見た目だけでなく、構造の耐久性を損なう危険性があるため要注意です。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状③|汚れの蓄積

風雨による汚れや、大気汚染物質がリシン表面に蓄積することがあります。とくに、都市部や交通量が多い地域では、汚れが溜まりやすいです。

富士ハウス施工の外壁材の塗り替えにおける塗装専門店の具体的な作業内容

意匠サイディングとリシン吹き付けは、一般的なサイディング材、モルタル外壁とは塗り替え方法や補修方法が異なります。この章では、意匠サイディングとリシン吹き付けの具体的な作業内容についてお話ししていきたいと思います。

意匠サイディングの外壁塗装における塗装専門業者の作業内容

意匠サイディングの外壁塗装プロジェクトにおける塗装専門業者の作業内容は、高品質な仕上がりを確保し、建物を保護するために非常に重要です。作業は大まかに下記のステップに分けられます。

意匠サイディングの作業内容①|下準備

下準備の作業内容は以下の通りです。

・清掃

高圧洗浄機を使用して、サイディングの表面の汚れ、カビ、藻などを徹底的に洗浄します。塗料の密着を良くする上で大事です。

・補修作業

ひび割れや穴、その他の損傷を修復します。必要に応じて、サイディングの一部を交換することもあります。

意匠サイディングの作業内容②|下地処理

下地処理の作業内容は以下の通りです。

・下地調整

塗装面を滑らかにし、塗料の密着を向上させるために、サンディング(研磨)作業を行います。

・プライマー塗布

下地材を塗布して、塗装面を均一にし、塗料の吸収を抑え、密着性を向上させます。場合によっては、追加で防水や防錆処理を施します。

意匠サイディングの作業内容③|塗装

塗装の作業内容は以下の通りです。

・塗料選定

サイディングの材質、建物の地理的環境、オーナーの希望などに基づいて、最適な塗料を選定します。

・塗装作業

選定された塗料を使用して、基本的にはローラーやブラシ、スプレーガンを使って塗装します。塗装は通常、数層にわたって施されます。したがって、各層にわたり乾燥時間を確保するのが一般的です。

意匠サイディングの作業内容④|仕上げと検査

仕上げと検査の作業内容は以下の通りです。

・最終検査

塗装が完了した後、全体的な仕上がりを検査します。ムラや漏れがないか、細部まで丁寧にチェックします。

・清掃と復旧

塗装作業で使用した機材を撤去し、周囲の清掃を行います。必要に応じて、保護していた窓や扉などの養生を取り除きます。

リシン吹き付けの外壁塗装における塗装専門業者の作業内容

リシン吹き付けの外壁塗装において塗装専門業者が行う作業は、建物の保護と美観の向上を目的としています。一般的な作業プロセスは以下の通りです。

リシン吹き付けの作業内容①|下準備

下準備には以下の作業が含まれます。

・点検と評価

塗装前に外壁の現状を詳細に調査し、リシンの劣化状態(ひび割れ、剥がれ、カビの発生など)を評価します。

・清掃

高圧洗浄機を使用して外壁の汚れや藻、カビを除去します。塗料の密着を向上させるために重要です。

・補修

ひび割れや剥がれている部分を適切な材料で修復します。大きな損傷には、より専門的な修理が必要になることがあります。

リシン吹き付けの作業内容②|下地処理

下地処理では、塗装の基となる下地を整えるため、プライマーを塗布します。塗料の密着性が向上し、耐久性のある仕上がりが得られます。

リシン吹き付けの作業内容③|塗装

塗装には以下の作業が含まれます。

・塗料の選定

リシン吹き付け外壁に適した塗料を選定します。リシンの質感や建物の立地条件、オーナーの希望に応じて、最適な塗料が選ばれます。

・吹き付け塗装

専用の機械を使用して塗料を吹き付けます。均一な厚みで塗布されるように、経験豊富な技術者が作業を行います。

・複数回の塗布

耐久性と美観を確保するため、通常、数回に分けて塗料を塗布します。各層を十分に乾燥させる上で必要です。

リシン吹き付けの作業内容④|仕上げと検査

仕上げと検査の詳細は、以下の通りです。

・細部の仕上げ

窓枠や扉周りなど、細部にも注意を払い、必要に応じて手作業での仕上げを行います。

・品質検査

塗装が完了した後、外壁全体の品質を検査し、均一な仕上がりと塗装の欠陥がないかを確認します。

富士ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

富士ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店はハウスメーカー施工のお住まいの外壁塗装経験が豊富な塗装専門店です。現場経験、技術力の高い名工や、雨漏り診断士や外壁塗装診断士といった劣化診断資格を持つスタッフもいますので、外壁を詳しく調べた上でクオリティの高い作業を実施できます。

さらに当社は、遮熱塗料シェアナンバーワンに輝いたこともある大手塗料メーカー「アステックペイント」の認定施工店でもあります。他社様よりも持続性のある塗料を使って外壁塗装することが可能です。外壁塗装後の効果をできるだけ長くしたい人にも最適です。

外壁塗装を利用した方からも、感謝の声をいただいております。選べる塗料の種類も多いため、お客様のご予算を伺いながら建物の材質に合う塗料を提案することが可能です。まずは、相談ベースでお尋ねいただければと思います。

あなたからのご相談、ご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 4月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ