スタッフブログ

塗膜の防水機能が低下すると・・・・!?

DATE 2016年11月8日(火)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!
塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!!

10月も終わり11月になりました。

今年も残り2ヶ月となりました。

みなさん、今年中にやり残したことはございませんか??

今ならまだ間に合います!!

私も今年やり残したことがないか見直し中

皆さんも一度振り返ってみてください

プロタイムズ東三河店 株式会社カトペンの鈴木です。

 

今回は、瓦や外壁に発生する、「ひび割れ」についてお話します。

屋根材「カラーベスト・コロニアル」、「セメント瓦・モニエル瓦」等、

外壁材「窯業系サイディングボード」、「ALC」等、

劣化がすすむことにより、ひび割れ(クラック)が発生してしまいます。

その理由として多いのは、やはり、

『塗膜が劣化し、防水機能が低下』したことが原因となることが多々見られます。

PIC_2642  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PIC_1473  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では、なぜ塗膜が劣化し防水機能が低下するとヒビ割れが発生するのか?解説いたします。

まず、上記の素材は主に主成分がセメントです。

セメントは、防水機能がなく、水を吸収してしまいます。

セメントが水を吸収しないために、塗膜で防水機能をつけているのです。

ですが、防水機能の塗膜が劣化してしまいますと、セメントが水を吸収してしまいます。

吸収した水が、瓦や外壁の中で凍結し、体積が膨張し、ひび割れが発生してしまいます。

そしてひび割れをそのままにしてしまいますと、中に雨水が侵入します。

ですが、素材の下には、防水シートがあるためすぐに雨漏りとして家の中に侵入するわけではございません。

が、そのままに致しますと、数年かけて家の中に雨水が侵入してしまいますので、注意が必要です。

やはり、ひび割れは早急にメンテナンスし、防水機能をつけるため、定期的に塗替えを行うことが大切なのです。

 

今年中に、塗装をやり残した方!!

今ならまだ間に合います。

今すぐご連絡を!!

診断士が真段に伺いますよ。

ちなみに、診断・見積は無料です。

お気軽にお問い合わせください♪♪

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
« 10月    
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ