お役立ちコラム

スレート瓦とは?

DATE 2019年2月8日(金)

豊川市・豊橋市・新城市・田原市・蒲郡市で屋根外壁塗装を行うならプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

塗り替えの基礎知識や塗料の相談もプロタイムズ東三河店へおまかせ!!

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店の鈴木です。

 

今回は、屋根材「スレート瓦」について復習いたします。

スレート瓦は呼び方が複数あり、コロニアルやカラーベストとも呼ばれています。

2004年以前のスレート瓦は、厚さ4.5㎜で、内容成分の85%はセメント、

残りの15%が石綿(アスベスト)で構成されています。

厚さが4.5㎜と軽量なため建物への負担が少なく地震対策として大変有利な瓦です。

2004年以降は石綿(アスベスト)の使用が禁止されたため、繊維質等の増量材で構成されています。

また、耐久性をもてせるため、厚みも少し厚くなっています。

さらに、色や形状が豊富なため、現在の住宅建築に非常に多く使用されています。

弱点としては、寒さに弱く、寒冷地では使用できません。

また、主成分のセメント事態に防水性がないため塗装が劣化すると、色の変色、藻やコケが発生します。

そのため、定期的な塗装でのメンテナンスが必要な瓦となっております。

スレート瓦を塗装する際に注意することがあります。

それは、「縁切り」です。

縁切りとは塗装時に、瓦が重なった部分に溜った塗料へ切り込みを入れて雨水の排水口を作る作業のことです。

本来隙間がなければならない箇所が塗装により塞がれてしまい、雨水の逃げ道がなくなり、

雨水が逆流し、雨漏りの原因となります。

しっかりと素材に見合ったメンテナンス方法を行いましょう!!

カテゴリー:

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
« 6月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ