スタッフブログ

【豊川市】屋根塗装カラーベストの注意事項! New!

DATE 2020年10月17日(土)

豊川市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

本日は、豊川市でも非常に多く使用されるカラーベストコロニアルのメンテナンス方法についてお話していきたいと思います。

皆様のご自宅でも使用がされているかもしれない、カラーベストコロニアル。

こちらは新築時によく使用がされる建材として扱われています。

以前までのカラーベストの内容成分は、セメント質が85%と石綿(アスベスト)15%で構成されています。

しかし、2004年建築基準法の改正により石綿の使用が禁止となりました。

そのため、2004年以降に使用されるカラーベストコロニアルに関しては、石綿の代わりに、木片等の増量材が使用されています。

カラーベストコロニアルと呼ばれる他に、スレート瓦等の名称でも扱われています。

そんなカラースト、内容成分のほとんどがセメント質でできているため、必ず表面の塗装が必要になります。

塗装をおこなわず放置をすることで、カラーベストの反りや変形、最悪の場合割れが発生しています。

先日も豊川市内で建物の診断をおこないました。

こちらは築20年メンテナンスされていないカラーベストの様子です。表面の割れはありませんでしたが、防水機能が失われコケやカビの繁殖が目立っています。

こちらのカラーベストをメンテナンスする場合は、まず高圧洗浄を行います。

洗浄で表面の汚れを落としてから、下塗りの塗装を行います。この下塗りの塗装ですがカラーベストの劣化状況によっては、下塗り1回だけでは足りず、下塗り2回の施工が必要となってきますので、劣化状況に応じて見積を作成してもらうのがベストです。

下塗りを塗装した後は、タスペーサーの施工を行います。

ん??上塗りじゃないの??と疑問に思われた方もいるかと思いますが、カラーベストを塗装する際に必ずこの施工をおこなわないと、雨漏りにつながる恐れがありますので要注意です!!

タスペーサーの重要性はこちらの動画をご覧ください。

タスペーサーの施工が終わったら、その後に中塗作業、そして最後の上塗り作業をおこなっていきます。

この工程をしっかり守って施工をおこなうことが重要になってきます。

カラーベストのメンテナンス方法は、塗装だけではありません。

屋根のカバー工法という方法もありますので、それは次回お話したいと思います。

☆株式会社カトペンは豊川市で最優良店をめざして活動しております☆

お問合せフォームはこちら

よくあるご質問に関してはこちら

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

お問い合せ 無料見積もり依頼
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
« 9月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

リフォーム相談会開催!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ