スタッフブログ

【豊川市 屋根塗装】屋根の塗装を考えるべき劣化のサインとは?

DATE 2020年11月3日(火)

 

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、

リフォーム工事をおこなっております 株式会社カトペン プロタイムズ東三河店

営業アシスタントの浅見です♫
株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、

地域の皆様にご満足いただけるよう、仕事に励んでおります(o^^o)

 

こんにちは(^^)
今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
秋晴れの日が多くなり、気持ちいいですが、段々空気が乾燥してきました。

静電気⚡️の季節になってきましたね。車の乗り降りとかでバチバチくるので困ってます(o_o)

 
今回は屋根塗装を考えるべき劣化のサインについて紹介します。
外壁の場合、ひび割れやシーリングの劣化など比較的わかりやすく、

塗り替えの時期を考えやすいと思います。が、屋根は目が届きにくく、

チェックがしにくいですよね。
一般的に屋根の塗り替え目安の年数はどれくらいなのでしょう?

屋根の種類別に見ていきましょう!

 

スレート瓦 →  5〜10年ごと
セメント瓦 → 5〜10年ごと
金属屋根  → 5〜10年ごと
日本瓦   → 塗り替え必要なし

 
日本瓦は別として、屋根の塗り替えは、10 年を目安として考えた方がよさそうです。
屋根は紫外線や雨風に日々さらされ、家の中で最も過酷な環境といえます。

もし、何もメンテナンスをしないと、塗膜の劣化が徐々に始まり、

防水効果が失われて雨水などが侵入し、柱や梁を腐らせる原因になります。

 でも、普段目の届きにくい場所なので、知らないうちに劣化が進み、

気がつくとひどい状態になっていた、なんて事も起こりうるかもしれません。

そうならないためにも、定期的なメンテナンスが不可欠なのです。
では、どんな劣化が塗り替えのサインなのか、見ていきましょう!

 

①瓦のひび割れ

これを放置すると、強い風で瓦がずれたり、

最終的には瓦の滑落につながり、雨漏りの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②釘抜け 

スレートや金属屋根はてっぺんに棟板金があり、これを止めている釘が、

棟板金の収縮、膨張の影響で緩み、抜けてしまう事があります。

そうなると棟板金が外れたり、錆の原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
  

 

③しっくいの剥がれ、ひび割れ

セメント瓦、日本瓦はしっくいで固定されています。

これに剥がれやひび割れがあると瓦のズレや落下、雨漏りにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 ④苔、藻、カビの発生

屋根の塗装が劣化し、防水効果が低下している証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 では、屋根は簡単に見れないし、どうやってチェックしたらいいのでしょうか。

ご自身でおこなうには以下の方法があります。
☆2階から見える1階の下屋根の状態をチェックする。
☆家の外から双眼鏡を使ってチェックする。

気をつけていただきたいのは、決して自分では屋根に登らず、

上記の方法で見てみて、気になることがありましたら、

無理をせず、業者に依頼しチェックしてもらいましょう!

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
« 11月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

リフォーム相談会開催!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ