スタッフブログ

【豊川市】外壁塗装 冬場の劣化〜ひび割れ〜に注意!

DATE 2020年11月12日(木)

 

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、

リフォーム工事をおこなっております 株式会社カトペン プロタイムズ東三河店

営業アシスタントの浅見です。

 

株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、地域の皆様にご満足いただけるよう、

仕事に励んでおります(ò_óˇ)

 

 

こんにちはo(^o^)o

今日もスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます

11月ももうすぐ中旬です!2020年も気がつけばあと1ケ月半くらい。

ほーんと、年々時が過ぎるのが早くなってきます

今年の冬は、どうやら寒そうですよね?。ラニーニャ現象が出ている冬は寒いらしいです。

昨年は暖かかったのに。早く春よ、来い!(はやっ!∑(Д))

さて、寒い冬は外壁にも要注意な季節です。冬に起こりやすい劣化、

それは「ひび割れ」です。ひび割れのことを塗装業界では「クラック」とも言っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひび割れの原因はさまざまありますが、

寒さによって起こる「凍害」による外壁のひび割れも、原因のひとつです。

凍害が起こりやすいのは、北海道や東北地方など、

冬の寒さが厳しい地域が多いです。それなら、この辺は大丈夫じゃないの?、

と思いがちですが、程度の差こそあれ、全国的にどこでも凍害が発生する危険性はありますので

注意が必要です。特に今年は上述したように寒そうですからね!

では、凍害が発生する仕組みを見ていきましょう。

 

凍害が発生する原因

 

①外壁が水分を吸収する

     

②寒さで外壁に入った水分が凍結し、体積が膨張する。

     

③体積が膨張することで、ひび割れが起こる。

 

という流れなのです。

 

そもそも、①の外壁が水分を吸収するというところが問題です!

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

外壁が水分を吸収する=外壁が経年劣化している

という事なのです。

凍害の起こりやすいコンクリートや窯業系サイディングは、

セメントが原料に使用されています。実はセメントは、

水分を吸収しやすい素材なのですが、新築時にはしっかり塗料がぬられて防水されており、

雨風を受けても水分は侵入しません。

しかし、時の流れとともに少しずつ塗料の膜が劣化して、

外壁が水分を吸収しやすい状態になります。そして、水分が侵入し、

冬の寒い時期になると凍害が発生してしまうひび割れ となるのです。

ひび割れが発生すると、そこからますます水分が侵入する可能性があり、

家を痛める原因につながります。

もし、外壁のひび割れが気になる方は下記日程の「屋根・外壁塗り替えセミナー」で、

外装劣化診断をお申し込みください!外装劣化診断士がお家の状態をチェックします。

 

 

「屋根・外壁塗り替えセミナー」

 

11月21日(土) 10:00~12:00(受付9:30~) 豊川商工会議所 第1会議室

11月22日(日) 10:00~12:00(受付9:30~) アイプラザ豊橋201会議室

 

ご予約はこちらからできますよ(^o^)

 

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
« 10月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

リフォーム相談会開催!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ