スタッフブログ

【豊川市】外壁塗装 ひび割れ(クラック)を見つけたら…!

DATE 2021年1月19日(火)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております 

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの浅見です。

 

株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、地域の皆様にご満足いただけるよう、

仕事に励んでおります(o^^o)

 

 

こんにちは。

本日もスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます〜!

 

先週末の「屋根・外壁塗り替えセミナー」は無事終了しました!結果、4件の外装劣化診断のお申し込みがありました。

屋根・外壁塗り替えセミナーで外装劣化診断のお申し込みをされた方には、現場調査をおこなった後、「外装劣化診断報告書」を作成し提出しています。それを作成していると、大抵どのお家でも「ひび割れ(クラック)」の発生がみられます。もし自分のお家の外壁にひび割れを発見したら、どうしたらいいでしょうか?

ひび割れを発見したら、まず次のことをしてください!

☆ひび割れの幅がどれくらいあるか測る!

こういう時クラックスケールがあると便利です。(^O^) ホームセンターやインターネットで購入が可能です。

クラックスケール ↓ こんなものです。これをひび割れ部分に当てて、ひび割れの幅を計測します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひび割れの幅によって、リスクの高さが変わってきます。そしてひび割れには以下のような種類があります。

≪ヘアークラック≫

幅0.3mm以下、深さ4mm以下のひび割れのこと。髪の毛のように細いので、ヘアークラックと呼んでいます。これくらいのひび割れは緊急性はまだ低く、経過観察で大丈夫です。

 

≪構造クラック≫

幅0.3mm以上、深さ4mm以上のひび割れのこと。ヘアークラックよりもひびの幅が大きく、雨水の侵入口となります。放置しておくと雨水が浸入し、建物内部に悪影響がでる可能性があります。

 

このような外壁のひび割れが引き起こすリスクは主に以下の4つがあります。

①雨漏りにつながる恐れがある → ひび割れから雨水が浸入し、時間がたつと雨漏りの原因になる可能性があります。

②建物自体の耐性が落ちる → 雨水が浸入し外壁の下地が腐食したり、外壁内部の構造体にも浸透し、シロアリの原因になったりします。

③カビの発生により人体に影響を及ぼす恐れがある → ひび割れから水が入るとカビが発生しやすい環境になります。

④見た目の美観が損なわれる → ひび割れだらけのお家を想像してみてください。みすぼらしい感じがしませんか?

 

もし、ひび割れを発見し、幅0.3mm以上の構造クラックだった場合は、一度業者に点検に来てもらうことをお勧めします。

もちろん弊社でも大丈夫です。気になる方はお気軽に 📞0120-16-0001 までお問い合わせください(*^-^*)!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
« 2月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ