スタッフブログ

【豊川市】屋根塗装 塗装が必要な瓦と不要な瓦

DATE 2021年3月11日(木)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの浅見です。

 

株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、地域の皆様にご満足いただけるよう、

仕事に励んでおります🍀

 

本日もスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます!☆☆

最近、日中はぽかぽかですね~(#^.^#) 桜の開花も今年は早くなるのでしょうか~✿

 

 

さてさて今回は、瓦について書きます。

昔ながらの日本の屋根といえば「瓦」ですよね。塗装の面からいえば、瓦は塗装は不要だと思いがちです。

ですが、瓦には塗装が不要なものと、必要なものがあります。

 

では、見ていきましょう!!

 

◆粘土系の瓦=塗装は基本的に不要

粘土を焼き上げて作るこの瓦は、和瓦といわれ、いぶし瓦・無釉瓦・陶器瓦などがあります。先にも述べた昔ながらの日本家屋や、お城やお寺などで使用されています。他の屋根材より重く、(平均約45kg/㎡。※スレート瓦は平均約24kg/㎡) 強風などには強いですが、耐震性はあまり高くありません。

耐久性は高く、瓦の塗装のメンテナンスは基本的に不要です。ただ、瓦周りのしっくいなどのメンテナンスは必要です。

和瓦↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆セメント系の瓦=塗装が必要

セメント系の瓦はセメント瓦やモニエル瓦があります。セメント・水・砂を混ぜ合わせ、セメントの化学反応で硬化させたものです。瓦表面には防水性がなく、定期的な塗装のメンテナンスが必要です。

また、モニエル瓦は、ヨーロッパ発祥のセメント瓦です。表面にスラリー層という着色したセメントの液が薄く吹き付けられ、さらに吸水防止のためにクリヤー塗装が塗られています。そのため、何もせずこの上に塗装すると、もろいスラリー層から塗膜の剥がれなどが起きてしまいます。これを防ぐために、塗装をするときにはケレンや高圧洗浄をしっかりと行い、表面の劣化したスラリー層を取り除いてから施工する必要があります。

モニエル瓦↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月も下記日程で

「屋根・外壁塗り替えセミナー」 開催予定です!!

 

日にちと会場はこちらです (^O^)/ ↓

☆3月20日(土) 10:00~12:00(受付9:30~) アイプラザ豊橋 306会議室

☆3月21日(日) 10:00~12:00(受付9:30~) 豊川市勤労福祉会舘 研修室

 

屋根・外壁の塗り替えの事、いろいろ知りたい方は、ご予約のうえ、ご参加ください。

コロナ禍でありますので、スタッフ一同、消毒やマスク着用、換気など対策をしっかりして開催していきます。

ご予約はこちらのフォームからできますので、ぜひご利用くださいませ。

 

 

カテゴリー:

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
« 9月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ