スタッフブログ

【豊川市】外壁塗装 塗装において大切な「塗布量」

DATE 2021年12月21日(火)

豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市で屋根・外壁塗装、防水工事、リフォーム工事をおこなっております

株式会社カトペン プロタイムズ東三河店 営業アシスタントの浅見です。

 

 

 

株式会社カトペンは、心を込めた塗装工事で、地域の皆様にご満足いただけるよう、

仕事に励んでおります(o^^o)♪♪♪

 

こんにちは。

本日もスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

今回は「塗布量」についてです。

「塗布量」ってなんだかわかりますか? 塗布量とは、塗装する際に使う塗料の量のことです。

塗布量は、各塗料メーカーが塗料製品ごとに明確に規定しています。

塗料のパンフレットを見るとこんな感じで載っています。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装をする際、職人は塗料を目分量でなんとなく厚く塗り重ねているわけではありません。塗料メーカーが塗料製品ごとに定めた塗布量を守って塗り重ねているのです。

もし、職人さんがこの塗布量を守らず、適当に塗装をしてしまうと、塗料本来の耐久年数よりも早く、場合によっては塗装後すぐに、色あせや塗膜のひび割れ・はがれが生じるなどして外壁塗装が早々にダメになる可能性があります。

しかも、塗った見た目ではわからないのでやっかいです。

それを防ぐにはどうしたらいいのか?

対策としては以下の方法があります。

 

①契約前の見積もりの段階で、自分でも塗布量を計算してみる。

上の写真の上塗り材を例にして、塗装面積150㎡の場合の塗布量を計算してみましょう!

★塗布量は0.30〜0・40kg/㎡ となっているので、平均値をとり0.35kg/㎡とします。

 

 〈計算式〉

0.35kg/㎡ × 150㎡=52.5kg

 

この塗料で150㎡の面積を塗る場合、塗料は52.5kg必要ということになります。1缶が15kgなので、52.5÷15=3.5 つまり4缶必要ということになります。

 

② 現場に搬入された塗料製品&缶数を確かめる

工事が始まったら、見積書で確認した塗料が、正しい缶数で納品されているかを、実際に現場を見て確かめるのもおすすめです。

 

塗装は決して安い工事ではありません。上記のようなことに注意し、見積もりにも目を光らせて業者選びを進めましょう!

 

 

さて、来年年明けには早々に「外装リフォーム相談会」を開催させていただく予定です!

 

 

日程は下記の通りです ↓

 

☆1月8日(土) 10:00~16:00

☆1月9日(日)   10:00~16:00

 

両日とも 豊川プリオ 5階第1催事場にて開催‼️です。

 

ご予約は不要ですので、そろそろ屋根・外壁の塗り替えをしないといけないなぁ…などとお考えの方、他の塗装業者に声をかける前に、ぜひ一度ご来場ください。

また、玄関ドアやトイレのリフォームなどのご相談も受け付けております。

 

コロナ禍でありますので、スタッフ一同、手指消毒をおこない、マスクを着用させていただきます。

 

また、会場の消毒液の設置や、換気などの対策をしっかりおこない、開催していきます。

 

なお、ご参加される方のマスク着用のご協力をよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 イベント情報

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
« 12月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
無機ハイブリッドシリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ