お役立ちコラム

外壁リニューアル!「カバー工法」とは?施工に有効なタイミングとメリットを徹底解説|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

DATE 2024年2月6日(火)

外壁リニューアル!「カバー工法」とは?施工に有効なタイミングとメリットを徹底解説

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市の塗装会社プロタイムズ豊橋中央店

株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


株式会社カトペン/プロタイムズ豊橋中央店営業アシスタントの上ヶ市です。

💬「外壁をきれいにしたいんだけど、塗装以外に方法はあるのかな?」

💬「外壁の張り替えは高額になるって聞いたけど…他によい方法はない?」

💬「外壁のリニューアルで有効な方法が知りたい!」

💬「屋根のカバー工法は聞いたことあるけど、外壁もカバー工法ができるの?」

外壁のリニューアルとして、カバー工法をおすすめすることがあります。外壁のカバー工法とは、新しい外壁材を重ねて取り付けるリフォーム方法です。既存の外壁にかぶせるため、住宅の断熱性や耐久性を高めることもできます。

外壁は住宅の印象を左右する大きな要素になります。外壁がきれいならば、築年数が長い住宅でも古さを感じさせません。ですが、外壁は時間とともに劣化していきます。

リニューアル方法としては、塗装や張り替えが一般的とされていますが、近年、選択肢の1つとして注目されているのが「カバー工法」です。

外壁のカバー工法をおこなうメリットは7つあります。

  1. 断熱・遮音性の向上
  2. 工事期間と施工費用の軽減
  3. 住みながらの工事が可能
  4. 美観の向上
  5. 住宅自体の保護
  6. メンテナンスの軽減
  7. 資産価値の維持

外壁のカバー工法が有効なタイミングとしては、以下の3つを目安にしましょう。

  • 色あせてきたとき
  • 小さなひび割れがでてきたとき
  • 外壁の劣化で断熱性の低下を感じたとき

外壁のカバー工法はメリットも多く画期的な方法です。カバー工法を検討する場合には、3つのチェックポイントを重視しましょう。

  • 構造体の損傷がないか
  • 防水層の状態
  • 正しい業者選び

今回のブログでは、外壁のリニューアルとしてカバー工法を考えているあなたへ。カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店が、施工に有効なタイミングとメリットをわかりやすくお話していきます!

外壁のカバー工法をする7つのメリット

外壁のカバー工法をする7つのメリット

外壁のカバー工法をする場合に考えられる7つのメリットについて、くわしくお話していきます。

  1. 断熱・遮音性の向上
  2. 工事期間と施工費用の軽減
  3. 住みながらの工事が可能
  4. 美観の向上
  5. 住宅自体の保護
  6. メンテナンスの軽減
  7. 資産価値の維持

外壁の新しいリニューアル方法として、カバー工法のメリットを知っておくことは選択肢を広げることにつながります。「わからないから怖い、心配」と殻にこもるのではなく、大切なマイホームのために新しい可能性に目を向けていきましょう!

外壁カバー工法のメリット①断熱・遮音性の向上

外壁のカバー工法をすることで断熱や遮音効果の向上が期待できます。外壁材を重ねることで空気層ができ、水分を含んだ暖気や冷気を遮断してくれるのです。夏は涼しく、冬は暖かく、快適な居住空間が叶います。冷暖房のコストを節約することにもつながるので、経済的にも嬉しいメリットです。また、近年登場している新しい外壁材には、断熱性や遮音性に優れているものが多いため大きなメリットを発揮してくれます。静かで快適な部屋になれば、これまで以上の居心地の良さを実感できるでしょう。

外壁カバー工法のメリット②工事期間と施工費用の軽減

外壁のカバー工法をおこなうことで、施工期間と施工費用が抑えられます。既存の外壁を撤去する必要がないため、その分、工事期間も短く迅速にリフォームできるのです。

下地材の状態の確認として土台や軒下に近い部分をはがすことはありますが、基本的には既存の外壁を残したまま施工します。外壁の解体や撤去にかかる労力と費用がかからないため、張り替えリフォームと比較すると工事期間と施工費用を大幅に削減できるのです。

「きれいな外壁を保ちたいけど大規模工事はちょっと…」という場合には、とくにコストパフォーマンスの高さを実感するでしょう。

外壁カバー工法のメリット③住みながらの工事が可能

外壁カバー工法のメリット③住みながらの工事が可能

外壁のカバー工法は、住みながらリフォームが叶うところもメリットです!外壁を壊す工程がないため、工事の間どこかに仮住まいをする必要もありません。お子さんが小さい場合や恒例のご家族がいる場合には、数日であっても住み慣れた我が家から離れることに抵抗があるでしょう。精神的な負担もなくきれいな外壁を実現できるのは、嬉しいポイントです。

外壁カバー工法のメリット④美観の向上

新しい外壁材で既存の外壁を覆い隠せるため、住宅の外観を一新できます。外壁をきれいにしただけでも、住宅の印象は大きく変わります。まるで、新築の我が家に戻ったような感動が味わえるでしょう。

外壁カバー工法のメリット⑤住宅自体の保護

外壁のカバー工法をおこなうと、既存の壁を保護する層が増えるため、外壁全体の経年劣化を遅らせられます。すでに劣化が始まっている既存の外壁が、これ以上外部からのダメージを受けないように守れるのです。外壁の保護力が向上すれば、住宅全体に影響するダメージも軽減でき、住宅自体を保護することにつながります。

外壁カバー工法のメリット⑥メンテナンスの軽減

💬「外壁のメンテナンスを定期的にするのが面倒だな」

外壁のメンテナンス頻度に不満がある場合にも、カバー工法は有効です。新しい外壁材に耐候性が高いものを選べば、メンテナンスの頻度を減らすことができます。

外壁カバー工法のメリット⑦資産価値の維持

外壁のカバー工法は外見がきれいになることで、美観と住宅の保護が叶います。それが不動産としての資産価値を維持することにつながるのです。将来的に売却を検討している場合は、資産価値を下げない方法としてカバー工法を覚えておきましょう。

外壁のカバー工法が有効な3つのタイミング

外壁のカバー工法が有効な3つのタイミング

外壁のカバー工法が有効なタイミングは3つあります。

  • 色あせてきたとき
  • 小さなひび割れがでてきたとき
  • 外壁の劣化で断熱性の低下を感じたとき

外壁のカバー工法は、数日から数週間と施工時期や規模によって工事期間が異なります。外壁に色あせや小さなひび割れを見つけたら、塗装が必要な劣化サインとして受け取りましょう。カバー工法が可能かどうかは、プロに判断してもらうのが安心です。業者に診断をしてもらい、最適なプランを提案してもらいましょう。カバー工法を希望するならば、外壁の劣化が見え始めたタイミングがベストです。劣化症状の放置は厳禁ですよ。

外壁のカバー工法を検討するときのチェックポイント

外壁のカバー工法を検討するときのチェックポイ3:

場合によっては、カバー工法ができないこともあります。そのため、自己判断だけで「カバー工法ができる」と思い込むのはリスクが高いです。カバー工法ができない場合は、外壁を壊して大規模なリフォームをしなければならないかもしれません。そうなると工事期間中は自宅に住めなくなります。ご家族のスケジュールにも影響するため、事前チェックポイントとして抑えておくべきところを覚えておきましょう。

  • 構造体の損傷がないか
  • 防水層の状態
  • 正しい業者選び

外壁のカバー工法を検討する場合は、3つのチェックポイントを参考にしましょう。くわしくお話していきます。

構造体の損傷がないか

既存の外壁や住宅の構造体に深刻なダメージがある場合は、カバー工法だけでは解決できません。内部の腐食や損傷が激しい場合は、そこから修復をおこなう必要があります。場合によってはカバー工法ではなく、別の方法で工事が必要になることもあるでしょう。構造部分は外から様子をうかがうことはできません。プロに正しく診断してもらい、住宅の現状を受け入れたうえで最善な道を検討しましょう。

防水層の状態

カバー工法をおこなう場合は、既存の外壁の防水層が機能しているかどうかを確認する必要があります。防水性に問題がある場合は、新しい外壁材を設置しても水漏れリスクがつきまといます。

正しい業者選び

外壁のカバー工法をおこなう場合は、正しい業者選びも重要です。事前に業者の選び方を把握しておくと、後悔のない外壁リニューアルができます。カバー工法は専門的な技術と経験が必須になる作業です。外壁のカバー工法について実績があるかどうか必ず確認しましょう。また、カバー工法は劣化状況によってできない場合があります。資格をもっている業者を選び、正しい劣化診断をしてもらいましょう。万が一に備えて、トラブル時の対応システムやアフターフォロー体制の有無も判断材料にしてください。

外壁のカバー工法はカトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店におまかせください!

外壁のカバー工法はカトペン_プロタイムズ東三河店_豊橋中央店におまかせください!

外壁のカバー工法を検討する場合は、まず劣化診断や現場調査で住宅の現状を把握しましょう。もし、色あせや小さなひび割れが見られる場合には、ひとまず業者に連絡して改善の道を進みましょう。

外壁の劣化を放置すれば、カバー工法ができなくなるだけでなく、住宅環境の悪化や資産価値の低下にもつながります。

愛知県で外壁のカバー工法をおこなうならば、株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店におまかせください!地域密着70年以上の実績と経験で、あなたの住宅に最適なプランをご提案いたします。


屋根・外壁塗装工事に関する注意事項等も、市民講座ではしっかり勉強していただけます!

次回の市民講座「屋根・外壁塗り替えセミナー」は豊川市・蒲郡市での開催です!

屋根塗装、外壁塗装工事をご検討されてる方・ご興味がある方は是非ご参加ください!

「屋根・外壁塗り替えセミナー」って何?という方はこちらを見てみてください♪

☆2月17日(土) 10:30~12:30(受付10:00~) 豊川プリオ 第一催事場

☆2月18日(日) 10:00~12:00(受付9:30~) 蒲郡商工会議所 205会議室

ご予約はこちらセミナー申し込みフォーム、もしくはお電話(0120-16-0001)へどうぞ(*^_^*)

新型コロナウイルス感染対策の為、会場では以下の対策をさせていただきます。

・入口にて消毒用アルコールを用意し、スタッフもマスク着用にて対応させていただきます。

・ セミナーにご来場予定の参加者のお客様におかれましては、 マスク着用にてご参加をお願いいたします。

もし、お忘れのお客様には、会場入り口でマスクをお渡しいたします。

また、咳エチケットや手洗いなどの感染対策を実施くださるようお願いいたします。

なお、参加予定の場合でも、発熱されたり、

体調がすぐれない場合は、決して無理をなさらないようにお願い申し上げます。

----------------------------------------

お見積りや現地調査のご依頼は公式LINEへメッセージをいただければスムーズです(*’ω’*)

よろしければ下記ボタンから友だち追加してみてくださいね♪

友だち追加

----------------------------------------

プロタイムズ豊橋中央店はコチラ⇓

 

豊橋市前田南町1-2-7TEL:  0120-16-0001  

エディオン豊橋店、ユニクロ前田南店向かい

プロタイムズ東三河店はコチラ⇓

 

豊川市新青馬町6-29 TEL: 0120-16-0001

名鉄 国府駅より車で2分

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 イベント情報

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 5月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ