スタッフブログ

8件

DATE 2024年6月12日(水)

外壁塗装に必須?相見積りのメリットとデメリット

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

外壁塗装を検討中の皆様!「業者を選ぶ時は相見積りをするべき」とアドバイスを受けたことはありませんか?実際のところ、相見積りをしないと適正価格であるか判断するのが難しいため、多くの方は相見積りを行っています。

今回のお役立ちコラムでは外壁塗装で相見積りをするメリットとデメリット、見積りを行う前に準備したいことについてくわしくお話ししていきたいと思います。相見積りについて不安がある方は参考にしてみてください。

▼合わせて読みたい▼

豊川市の家を塗り替えで美しく!信頼できる塗装業者の見極め方

外壁塗装で相見積りをするメリット

外壁塗装で相見積りをするメリット

まずは外壁塗装で相見積りをするメリットを3つ紹介します。

外壁塗装にかかる相場を判断できる

相見積りを行う最大のメリットは費用の相場がわかることです!外壁塗装の費用は、外壁の面積や状態、使う塗料によって大きく変化するため、見積りを行わないことには費用や相場がわかりません。

例① A社は80万円、B社は85万円、C社は78万円だった

例①の場合、相場は大体80万円前後であることがわかります。ただしC社が最もお得とは限りません。たとえばC社が他社よりもグレードの低い塗料で見積りを行っている可能性があるからです。なぜ価格差が生まれるのか、見積り書を確認することをオススメします!

例② A社は80万円、B社は100万円、C社は105万円だった

A社だけ明らかに安い場合、まずはA社になぜ安いのか確認しましょう。外壁塗装では各社の人件費や、塗料の仕入れ値にあまり差がないため、値引きできる部分が少ないといわれています。

そのため明らかに安い業者は、なんらかの工程をなくしているか、かなりグレードの低い塗料で見積っている可能性が高いでしょう。

B社やC社に、A社の見積り書をみせて「なぜA社より高いの?」と聞くのも1つの手です。

例③ A社は80万円、B社は100万円、C社は120万円だった

各社の見積額に大きな差がある場合、相場を判断しにくいため、更に数社見積りを出してみるべきでしょう。追加で相見積りを行った結果、D社が98万円、E社が103万円などであるなら、相場は100万円前後であることがわかります。

相談しやすいか、提案などをしてくれるか確認できる

業者の担当者によって人柄やコミュニケーション能力、提案力はそれぞれ違うでしょう。性格の相性がよい相手の方が相談しやすいでしょうから、自分が「話しやすい」「信頼できる」と思える担当者に依頼することをオススメします。

たとえば「他の業者より安い!」と感じたとしても、説明に不安が残る場合や、どこか信用できないと感じたのならば依頼すべきではありません。外壁塗装は外壁を守る大事な工事ですから、値段ばかりにとらわれず人柄も確認しましょう。

ちなみに、人柄の相性は人によって違うため、口コミなどはあまり当てになりません。自分にとっては軽快な口調で喋りやすいと感じる担当者でも、他の人にとっては口数が多くて質問する隙がないと感じることだってあるでしょう。

相見積りをしていると伝えれば、競争が生まれる

相見積りをすることは隠すべき行為ではありません。むしろ業者側も「相見積りしていて当然」という感覚で見積りを行っています。

そのため、見積りを行った後は「他社にも見積りを依頼しているから、判断は少し待ってほしい」と伝えても問題ないし、「〇〇社は〇〇円だったけど、何が違うの?」と聞いてみるのもよいでしょう。

競争が生まれれば、各社の担当者が様々なアピールをするでしょうから、それぞれの業者の特徴を把握しやすくなります。

見積り書は大体30日から90日ほどの有効期限があり、期間内であれば見積額が変動することはありません。焦らずじっくりと考え、他社と比べながら決めましょう。

外壁塗装で相見積りをするデメリット

外壁塗装で相見積りをするデメリット

外壁塗装で相見積りをするデメリットについても詳しく紹介します。メリットを上回るほどのデメリットはありませんが、覚えておかないと予想以上に手間がかかってしまうため、注意が必要です。

見積り依頼を出し過ぎると対応が大変になる

見積り依頼を出し過ぎると、各社の対応がとても大変になります。たとえば10社に同時に依頼を出した場合、10社と外壁の診断日を決め、10社から見積り書が届き、全てに目を通して判断しないといけません。

とても大変なので、まずは3社程度に見積りを出し、様子をみることをオススメします。

見積り書のフォーマットが様々で比べるのが大変

見積り書のフォーマット(仕様)は各社様々です。項目ごとにどういう意味なのかインターネットなどで調べる必要があるでしょう。(担当者に細かく説明してもらうのも1つの方法です。)

それぞれのフォーマットを理解するのは大変ですが、ある程度理解しないことには、他社との比較ができないため、空いている時間にゆっくりと調べていきましょう。

前述の通り、見積り書には大体30日から90日ほどの有効期限があるため、「数日以内に返信しないと!」と急ぐ必要はありません。

相見積りを行う前に準備したいこと

相見積りを行う前に準備したいこと

相見積りを行う前に準備したいことをいくつか紹介します。見積り前に準備しておけば、業者選びや打ち合わせもスムーズになるでしょう。

見積りを出す前に、業者の口コミや施工実績を調べておく

外壁塗装業者の善し悪しは費用だけで決まるものではありません。品質や対応力、信頼性なども重要です。

そのため、見積りを依頼する前にGoogleの口コミや、店舗サイトの施工実績などを確認しておきましょう。施工実績が写真付きで丁寧に解説されているならば、安心材料の1つになります。

施工実績が数字だけだと真実かどうかわかりませんが、写真はごまかすのが困難であるため、仕事ぶりや出来映えを確認するのに役立つでしょう。

代表的な塗料の特徴を知っておき、見積り時に指定する

外壁塗装は、使う塗料によって大きく費用が異なります。あらかじめ、代表的な塗料の特徴を知っておき、見積り時に指定しましょう。

シリコン塗料

シリコン塗料は耐用年数と費用のバランスがよく、汚れにも強い塗料です。最も普及している塗料であり、塗料メーカーも各社様々な製品を開発しています。同じシリコン塗料でも高機能なシリコン塗料なども存在するため、見積り時に確認しておきましょう。

フッ素塗料

フッ素塗料は耐用年数が長い塗料の代表格です。汚れや熱にとても強く、シリコン塗料の2倍ほど長持ちしてもおかしくありません。

シリコン塗料より高価な塗料ではありますが、長い目でみるとお得になるケースも多いため、コスパ重視の場合でも候補に入れておく価値はあるでしょう。

無機塗料

無機塗料はとにかく耐候性にすぐれており、耐用年数も長めです。劣化が激しい部分や屋根の塗装に向いています。費用はフッ素塗料と同等か少し高い程度です。

その他に準備しておきたいこと

その他にも準備しておきたいことを3つ紹介します。できればこれらも準備しておきましょう。

塗装前の状態を撮影しておく

塗装前の状態を撮影しておきましょう。業者によっては撮影してくれる場合もありますが、自分で撮影しておけば管理も簡単だし、気になるところを全部撮影しておけます。外壁塗装後に施工ミスがないか、どれだけ雰囲気が変わったのかなどを確認しましょう。

車の移動場所や洗濯を干す場所などの確保

外壁塗装をする際は、外壁に近い位置に車があるなら退避させておくべきです。車にカバーをかけるという方法もありますが、可能であれば別の駐車場などに駐めておいた方が安心です。どうするべきか塗装業者と相談するのもよいでしょう。

洗濯物に関しては塗装期間中に外で干せなくなるため、室内乾燥か乾燥機の利用、もしくはコインランドリーなどを使う必要がでてきます。

片付けるべきものを確認し、整理する

外壁の近くにものが沢山あると、塗装に支障をきたします。外壁から1メートル以内は足場が設置されるため、あらかじめ片付けておく必要があるでしょう。どうしても動かしにくいものがある場合は、やはり業者に相談すべきです。

▼合わせて読みたい▼

豊橋市の住まいを塗り替えで新しく!地域に密着した塗装業者の選び方と最新トレンド

外壁塗装の相見積りに迷ったらカトペンにご相談ください!

外壁塗装の相見積りに迷ったらカトペンにご相談ください!

外壁塗装を成功させるためには、相見積りのプロセスを理解し、適切に活用することが非常に重要です。相見積りを行うことで、各業者の価格やサービスの内容を比較し、自分にとって最も適した業者を選ぶことが可能になります。これにより、適正価格で質の高いサービスを受けることができるようになります。

相見積りのメリットは多大ですが、デメリットも理解した上で進めることが肝心です。例えば、多くの業者に見積りを依頼しすぎると、比較や対応が煩雑になる可能性があります。そのため、事前に業者の評判をリサーチし、信頼できる数社に絞って見積もりを依頼することが望ましいです。

また、相見積りを活用する際には、塗料の種類や施工方法の違いにも注意を払う必要があります。同じ見積もり価格でも、使用される材料や工程の質が異なることがあるため、詳細な見積書の比較と理解が必須となります。

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店では、外壁塗装のプロとして、お客様が納得のいく選択をするための支援を惜しみません。不明点があれば、お気軽にお問い合わせフォームやメール、またはお電話でご相談ください。

また、より具体的なアドバイスやサービスを直接体験したい方は、是非とも私たちのショールームにお越しいただき、実際の材料や施工事例をご覧になることをお勧めします。カトペンが全力でサポートいたしますので、外壁塗装でのお悩みはすべて私たちにお任せください。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 塗装業者の選び方 費用について 相見積り

DATE 2024年6月9日(日)

サーラで使われる外壁材とは?塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いも紹介

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

「サーラ」は、快適な住み心地と耐久性に特化した家づくりを行っているハウスメーカーです。愛知県内7か所、静岡県内1か所に総合展示場を設けており、住宅の技術や基本性能をわかりやすく紹介しています。

しかし、さまざまな場所に総合展示場を設けているハウスメーカーの住宅でも、定期的に外壁を塗装しないと建物は劣化します。したがって、長く住み続ける上で外壁塗装は欠かせません。

もしかすると、

ハウスメーカーに外壁塗装の相談をしないと!

と思った人もいるでしょう。

しかし、少しお待ちください!

ハウスメーカーではなく、塗装専門業者に任せた方が良いかもしれません。

なぜなら、ハウスメーカーと比べて塗料の種類が多いからです。塗装専門業者の場合、ハウスメーカーでは取り扱っていない高品質の塗料を使用できます。しかも、ハウスメーカーで扱う塗料と似た性質のものを安く提供できるため、施工費用を抑えることも可能です。

そこで今回のお役立ちコラムでは、サーラの住宅で使用されている外壁材を紹介しながら、外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いをお話ししていきます。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

サーラの特徴

サーラの特徴

はじめに、ハウスメーカー「サーラ」の特徴を見てみましょう。

サーラは顧客のニーズに応えるため、注文住宅・分譲住宅・土地・リフォーム・資産活用まで、住まいに関するサービスをワンストップで提供しているのが特徴です。

サーラのこだわりは、地域社会との調和を重視した家づくりにあります。100年以上の歴史を持つサーラグループの一員として、地域と共に成長し、地域と共に歩む企業理念を持っています。「お客さま主義、住み心地主義、調和主義」の理念のもと、地域社会や自然環境と調和する理想の住まいを実現しています​​。

また、サーラでは一泊二日で住み心地を体感できる「お泊まりハウス」も提供していますので、購入前にサーラの住宅で模擬生活を送ることが可能です。以上のことよりサーラは、お客さまの視点に寄り添いながらサービスを展開しているハウスメーカーだと言えます。

サーラでは外壁に窯業系サイディングが使われている

サーラでは外壁に窯業系サイディングが使われている

窯業系サイディングとは、セメントや粘土などの素材を主成分として製造された外壁です。防火性や施工のしやすさから、多くの住宅に用いられています。

主なメリットとして、コストパフォーマンスの良さやデザインの多様性が挙げられます。価格帯は1㎡あたり3,000円から10,000円程度と比較的低価格です。レンガ調から木目調など多岐にわたるため、さまざまなデザインの住宅に対応できます。

さらに、メンテナンスがしやすい点も魅力の一つです。耐用年数は20~30年で、適切なメンテナンスを行えば長期間にわたって性能を保てます。

一方、デメリットは熱が蓄積しやすく、夏場に外壁が高温になる恐れがあることです。内部に熱が伝わってしまい、冷房効率低下のリスクがあります。

また、湿度が高い環境に建っている場合、シロアリが発生しやすいのもデメリットです。シロアリは湿った木材を好みます。湿度の高い場所だとサイディングの裏側が湿りやすくなるため、シロアリの被害に悩まされる可能性が高くなるでしょう。

窯業系サイディングは必ず経年劣化が起きる

窯業系サイディングは時間が経つと、必ず劣化が起こります。窯業系サイディング材のおもな劣化内容は以下が挙げられます。

  • サイディング材をつなぐシーリング材が劣化する
  • チョーキングが発生する
  • サイディング材の反り・浮き・ヒビ割れが発生する
  • サイディング材の表面にカビ・汚れ・変色が発生する
  • 凍害でサイディング材が割れる

それぞれをくわしくお話ししていきます。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状①シーリング材の劣化

サイディングボード同士を繋ぎ合わせるシーリング材が劣化し、雨漏りを招く恐れがあります。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状②チョーキング

塗膜が劣化して粉状になり、最終的に塗膜が剥がれてしまう現象​​です。保護層の剥がれにつながるでしょう。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状③反り・浮き・ヒビ割れ

サイディングボードの反りや浮き、ヒビ割れが発生し、建物を支えきれなくなる恐れがあります。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状④カビ・汚れ・変色

外壁のカビや汚れが蓄積し、見た目が悪くなってしまうでしょう。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状⑤凍害

水分が凍結し膨張することでサイディングボードが割れる現象​​です。

窯業系サイディング外壁が劣化した場合の対処法

劣化した場合の対策として、適切なメンテナンスや必要に応じた補修・張り替えが重要です。耐用年数は約20~30年とされていますが、使用している塗料によって、メンテナンスの周期は異なります。

メンテナンスや補修において、初期のコストを抑えることも大切かもしれません。しかし、耐用年数が長い塗料を選択すればランニングコストを抑えられるため、一概に安い塗料を選んだ方が良いとは言えないでしょう。

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いは?

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いは?

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いを、項目ごとに見てみましょう。

①トータルの支払費用

トータルの支払費用は塗装専門業者の方が安く済みます。理由は、外壁塗装の流れにあります。

ハウスメーカーは受注後、基本的に下請け業者に作業を依頼するため、施工主は中間マージンの負担をしなくてはいけません。一方、塗装専門業者は基本的に下請け業者へ作業を依頼しないため、中間マージンは0です。したがって、塗装専門業者に依頼した方が安いのです。

なお、ハウスメーカーに依頼した場合、塗装専門業者への依頼と比べて支払費用が20~50%高くなると思った方が良いでしょう。

②塗料の種類

塗料の種類は、塗装専門業者の方が多いです。ハウスメーカーでは、社内規定によって取り扱えるブランドの塗料が決まっているため、種類が限られます。

しかし、塗装専門業者の場合、ハウスメーカーと比べて規定が緩く、さまざまなブランドの塗料を扱っています。選択肢が多い分、理想とするデザインの外壁塗装を叶えやすくなるでしょう。

外壁塗装時の塗装専門業者の対応

外壁塗装時の塗装専門業者の対応は、以下の流れで進みます。塗装期間は天候や住宅の状況によって異なりますが、今回は外壁塗装の期間を10日と仮定して、一般的な流れを紹介します。

①ご挨拶・塗装準備(1日)

工事の開始前に、近隣住民への挨拶回りを行い、工事の実施を知らせます。塗料の飛散や塗料特有の臭いによるトラブルを防ぐことが可能です。

②足場の設置(1日)

安全かつ効率的に塗装作業を行うため、足場を設置します。足場の崩落を避けるために、専門の技術と設備が必要です。

③塗装前の洗浄(1〜3日)

高圧洗浄によって、外壁の汚れや古い塗膜の粉を落とします。汚れが落ちない場合は、バイオ洗浄を使用して洗い流します。

④塗装工程(計5日)

塗装工程を細かく分けると、以下の作業にわかれます。

・養生

養生とは、塗装作業において塗料の飛散を防いだり、不要な場所に塗料がつかないように保護したりする工程です。窓や扉、庭の植物など塗装しない部分をマスキングテープや養生シートで覆います。

塗装範囲を明確にすることで、作業の効率化と仕上がりの品質向上を実現させます。

・下塗り

塗料の密着を良くするため、下塗り作業を行います。外壁に仕上げの塗料を接着させて、塗料の剥がれを防ぐ効果が期待できるでしょう。

・中塗り

中塗りとは、下塗りした塗料の上から再度塗料を塗ることです。塗膜の厚みを確保し、耐久性を高めるために行います。ただし、塗料によっては中塗りを省略するケースもあります。

・上塗り

上塗りとは塗装の最終工程で、中塗り(もしくは下塗り)の上に塗料を塗ることです。塗料の性能を最大限に発揮させる上で重要です。雨水をはじき、建物を保護する効果が期待できます。

⑤点検と手直し

塗装の仕上がりをチェックし、必要に応じて手直しを行います。

⑥片づけと足場の解体・撤去

すべての作業が終わったら、足場を解体し、作業場所をきれいに片付けます。⑥が終わったら、外壁塗装は完了です。

サーラの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

サーラの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店では、サーラの外壁塗装経験を持っています。外壁塗装の場数を積んできた名工が在籍していますので、安心してお任せください。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したサーラ施工のお住まいの事例

しかも当店は、アステックペイントの認定店であるため、他社と比べて長い期間塗装効果が持続する塗料を多数扱っています。さまざまな用途の塗料を扱っていますので、オリジナル性を出したい人にもピッタリです。

さらに、外壁塗装診断士や雨漏り診断士の資格を保有するスタッフが外壁の状況を調査しますので、細かい劣化も見逃さないように調べることが可能です。

外壁塗装を利用した地域の方々からも、喜びの声を多数いただいております。フレンドリーなスタッフが真摯にお答えしますので、外壁に関する相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店 劣化症状について 費用について

DATE 2024年6月9日(日)

岡田建設で使われている外壁材と劣化内容を外壁塗装業者がくわしく解説!お得なのはドッチ!?

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

岡田建設は愛知県豊川市に構えているハウスメーカーです。パシフィックホームとして新築分譲住宅、注文住宅を展開しています。病院や銀行などの施工にも携わっており、住宅事業の他に建築や土木なども取り扱っています。

大雨時に交通規制や道路の巡視など安全確保のための取り組みを行ったこともあり、名古屋国道事務所から感謝状をいただいたこともあるようです。

ただ、地域から信頼されているハウスメーカーが建てた住宅だとしても、外壁の手入れを行わなければ、家は劣化する一方です。住宅の劣化を遅らせたいのであれば、外壁塗装は必須だと言えます。

外壁塗装が必須だと言われて、ハウスメーカーへの依頼を考えた人もいるのではないでしょうか?

しかし、少しお待ちください!

外壁塗装の施工費用を抑えたいのであれば、塗装専門業者に依頼した方が良いです。費用が安くなる理由は、作業の流れにあります。

ハウスメーカーの場合、外壁塗装の依頼を受けた後、別の業者に委託されます。委託料として、中間マージンが施工費用に上乗せされるため、トータルの費用は高くなってしまうのです。

一方、塗装専門業者の場合は、別の業者へ委託せず自社で直接作業するため、中間マージンは発生しません。結果、同じ作業でもトータルの費用が安くなるのです。

そこで今回は、岡田建設で使用している外壁材や劣化内容をご紹介しながら、塗装専門業者の外壁塗装の流れをお話しします。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設施工のお住まいの事例

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

岡田建設の特徴

岡田建設の特徴

はじめに、ハウスメーカーとしての「岡田建設」の特徴を見てみましょう。特徴は以下の通りです。

岡田建設の特徴①地域密着の企業

地域のニーズや特性に合わせた建築プロジェクトを展開しています。地域の発展と住民の生活向上に貢献することを重視しているのが強みです。

岡田建設の特徴②豊富な経験と実績

岡田建設は長年にわたり建設業界で活動しています。豊富な経験と実績を持っているため、高品質な建物の建設やプロジェクトの遂行が可能です。

岡田建設の特徴③技術力の向上

岡田建設は常に最新の建築技術や施工方法を取り入れ、技術力の向上に努めています。効率的かつ高品質な建築を提供しているのが特徴です。

岡田建設の特徴④顧客満足度の追求

岡田建設は顧客満足度の向上に努めており、顧客のニーズや要望を丁寧に聞き入れ、最良のソリューションを提供します。建物完成後もアフターサービスを充実させ、顧客との信頼関係を築くことに力を入れています。

岡田建設の特徴⑤地球環境への配慮

地球環境への配慮を大切にし、省エネルギーや再生可能エネルギーの活用、環境負荷の低減など、持続可能な建築を推進しているのも特徴です。

岡田建設で使われている外壁材はサイディング

岡田建設で使われている外壁材はサイディング

サイディングとは、建物の外壁に使用される材料の一種で、保護や美観を目的としています。耐久性があり、メンテナンスが容易です。しかも天然素材から合成素材まで幅広い種類の中から選択できるため、用途や予算に応じて選べます。

なお、サイディングの主な種類は以下の通りです。

  • 窯業系サイディング
  • 金属系サイディング
  • 木質系サイディング
  • 樹脂系サイディング

それぞれの特徴を簡単にお話ししていきますね。

①窯業系サイディング

セメントや粘土などを原料とし、耐火性や耐久性に優れています。重量があるため、取り扱いに注意が必要です。

②金属系サイディング

アルミニウムや鋼などの金属製で、サイディングの中では軽量でありながら、強度が高いです。さまざまな色や形状が可能で、現代的なデザインに適しています。

③木質系サイディング

天然木や木質繊維を利用したサイディングで、自然な風合いが特徴です。温かみのある外観を実現したい人に向いているでしょう。

④樹脂系サイディング

ビニール樹脂などの合成樹脂を用いたサイディングで、軽量で施工しやすいです。多様なデザインや色があり、数あるサイディングの中でもメンテナンスの手間がかかりません。

サイディングのメリットとデメリット、劣化内容は?

耐久性や保護機能の向上、デザインや色の選択肢が豊富であることが、サイディングのメリットです。

一方、デメリットは材質によっては頻繁にメンテナンスが必要になったり、補修費用が高くなったりすることです。サイディングの素材によっては、建物を維持するためのランニングコストが上がるかもしれません。

なお、サイディングのおもな劣化症状は以下の通りです。

  • 色あせ
  • 割れやひび割れ
  • サイディングの剥がれ
  • カビや藻
  • チョーキング
  • シーリングの劣化
  • 熱による変形や歪み

サイディングの劣化症状①色あせ

直射日光や紫外線による影響で、サイディングの色が薄くなる現象です。

サイディングの劣化症状②割れやひび割れ

物理的な衝撃や温度変化によってサイディングに亀裂が生じます。

サイディングの劣化症状③サイディングの剥がれ

水分がサイディングの接合部分に浸透するため起こります。サイディングが外壁から剥がれると、落下してケガをしてしまうかもしれません。

サイディングの劣化症状④カビや藻

高湿度だと発生しやすくなります。外壁が汚く見えて、見栄えが悪くなるでしょう。

サイディングの劣化症状⑤チョーキング

塗料の劣化により、サイディング表面が粉を吹くことです。カビや藻と同様に、見た目が悪くなるでしょう。

サイディングの劣化症状⑥シーリングの劣化

防水性を担うシーリング材が、硬化や割れを起こす症状もあります。放置すると黒ずんだり、水が入り込む原因になるでしょう。

サイディングの劣化症状⑦熱による変形や歪み

高温によりサイディングが変形したり、歪んだりするケースもあります。サイディングの効果が落ちるため、早急に対応した方が良いでしょう。

サイディングの劣化を放置するとどうなる?

サイディングの劣化を放置すると、建物の外壁から水分が侵入し、構造体の腐食やカビ、害虫の発生リスクが高まります。修理費用の増加や建物の耐久性低下に繋がり、安全性への懸念が生じるでしょう。

また、外観の悪化により不動産価値が下がる可能性もあります。早期の修復や適切なメンテナンスが、長期的に見てコスト削減にも繋がり、建物を守る上で重要です。

塗装専門業者はサイディングが劣化した際、どんな流れで対応するの?

塗装専門業者はサイディングが劣化した際、どんな流れで対応するの?

外壁が劣化した際の塗装専門業者の対応として、最初に行うのが外壁の状況確認です。劣化の程度や原因を特定し、その後、外壁塗装の進め方やトータルの費用などについて塗装専門業者が提案します。

なお、外壁塗装時に重要なのが塗料選びです。サイディングの塗装に適した塗料としては、耐候性が高く、外壁の素材にしっかりと密着する性質のものが良いでしょう。紫外線や雨水に強く、色あせや塗装が剥がれにくいようにする塗料が該当します。

また、サイディング下の湿気を外に逃がせる成分が含まれている塗料を使うと、尚良しです。

たしかに、塗料の費用を抑えることは大切です。しかし、住宅の材質に合わない塗料を使うと、住宅の劣化スピードが速まるため、次回のメンテナンス時に余計な費用が発生するかもしれません。無駄な費用を支払わないためにも、塗料を決める際は建物の材質と相性が良い塗料か気にしながら決めた方が良いでしょう。

塗装専門業者の進め方に同意したら、作業が始まります。養生や下地処理、必要に応じた補修作業を行った後に、外壁を塗装するという流れが一般的です。外壁塗装が完了したら、クライアントと一緒に仕上がりを確認し、問題がなければ作業完了です。

ブリックタイルのメンテナンス方法と塗装の必要性について

ブリックタイルのメンテナンス方法と塗装の必要性について

レンガ調のサイディング材=ブリックタイルは岡田建設が施工するお住まいでは比較的多く見られる意匠性サイディング材です。

本物のレンガではなく、レンガの模様が施されたサイディング材の一種で、本物のレンガよりも軽量で施工しやすく、コストも抑えられるというメリットがある一方で、経年劣化によってさまざまな問題が発生する可能性があります。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設「ブリックタイル」材の施工事例

ブリックタイルが劣化した場合の対処法

ブリックタイルは一般的な窯業サイディング材と異なり、破損や落下した場合には『全面張替え工事』もしくは『部分補修工事』が必要になります。

ブリックタイルが劣化した場合の対処法①|全面張替え

レンガ調のサイディング材は重量があるため、劣化によってレンガが落下するリスクがあります。一部分だけ劣化した場合でも、時間の経過とともに次々と落下する可能性が高くなります。そうなると、部分補修だけでは対応できず、全面張替えが必要になります。全面張替えといっても、ツートンデザインの場合はサイディング面のみの張り替えになるため、費用感は外壁全面を張り替えるよりも安くなります。

ブリックタイルが劣化した場合の対処法②|部分補修

岡田建設に依頼した場合、サイディング材の在庫が残っていれば同じもので張り替えができる可能性が高いです。しかし、多数のパターンのサイディング材を在庫として抱えている可能性は低いため、再度作成する必要があるかもしれません。そうなると部分張替えなのにかかわらず費用が高くなり、工期も伸びやすくなります。費用と工期を抑えたい場合は、岡田建設を通さずに塗装業者に直接依頼し、意匠性の高いサイディング材への張り替え工事を検討する方が良いでしょう。

ブリックタイルのメンテナンス方法について

ブリックタイル外壁は意匠性が高く、多くのオーナー様に好まれている人気のデザインサイディング材です。できれば長年に渡ってその美しさを維持したいですよね。経年劣化という抗えない劣化要因から美しさを維持するためにできることは限られています。

塗装業者目線で考えた場合、以下の2つが挙げられます。

  • クリア塗装でバリアを張ること
  • 高圧洗浄で外壁材表面の汚れを洗い流すこと

クリア塗装でバリアを張ること

意匠性をそのまま活かすために、ブリックタイルの上からクリア塗装をするのがおすすめです。耐候性の高いクリア塗料を使うことで、紫外線によるダメージを軽減できます。また、サイディング材表面にしっかりと密着する塗料を使うことで、塗りムラも発生しにくくなります。

高圧洗浄で外壁材表面の汚れを洗い流すこと(ただしDIYは危険)

ブリックタイル表面についた汚れを落とすことも、紫外線から外壁を守るために必要です。しかし、市販の高圧洗浄機などで外壁を洗う場合、劣化した部分に水をかけると、水圧によって美しいブリックタイルが剥がれてしまう可能性があります。事前に無料の劣化診断を受けた上でDIYによる洗浄をするか、専門業者に依頼するかを判断した方が良いでしょう。

ブリックタイルを塗り替える必要はある?

ブリックタイルは、新築時は美しい外観を誇りますが、時間の経過とともに色あせや汚れが目立つようになります。定期的なメンテナンスを行わないと、美観が損なわれるだけでなく、サイディング材の劣化を早める原因にもなります。

塗装を行うことで、以下のメリットがあります。

  • 美観の向上:色あせや汚れをカバーし、新築時の美しい外観を取り戻せます。
  • 耐久性の向上:塗料が紫外線や雨風からブリックタイルの表面を保護し、劣化を遅らせられます。
  • 防水性の向上:塗料がブリックタイルの表面を覆うことで、水の浸入を防ぎ、建物の寿命を延ばせるでしょう。

塗装は、建物の美観を維持し、寿命を延ばすための重要なメンテナンスです。定期的な塗装を行うことで、建物を長く美しく保つことができるのです。

岡田建設の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

岡田建設の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店は、岡田建設施工の外壁において塗装経験を持つ「塗装専門業者」です。フレンドリーなスタッフもいますので、外壁に関するご質問を気軽にしていただけます。もちろん、外壁塗装の場数を積んだ名工も在籍していますので、出来栄えにも自信があります。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設施工のお住まいの事例

実際に外壁塗装をご依頼いただいた方からも、喜びの声をいただいておりますので、安心して任せていただけると幸いです。当店には外壁塗装診断士と雨漏り診断士の資格を持つスタッフも在籍しています。よって、外壁の現状をしっかりと確認した上で、適切な外壁塗装の方法をご提案することが可能です。

さらに当店は、遮熱塗料5年連続シェアナンバーワン(2024年時点)の塗料メーカー「アステックペイント」の認定店です。同業他社と比べて持続性の長い塗料を使って塗装しますので、外壁塗装後の持ちが気になる人にも向いています。

外壁に関するご相談、疑問にも真摯に対応いたしますので、少しでも外壁で気になることがございましたら、お声掛けいただけると嬉しいです。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店 費用について

DATE 2024年5月12日(日)

よく耳にする「一括見積りサイトの評判」|作業品質の違いに注目

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

建物の定期メンテナンスをする場合、建築業者や不動産業者に相談すると、非常に高い工事見積りを立てられてしまうので、違う業者に依頼したいという方は非常に多くいらっしゃいます。その結果、一括見積りサイトを活用するという流れになるケースが非常に多いです。

一括見積りサイトとは、地域の多くの業者に対してワンアクションでアプローチできるとても便利なサービスです。本来であれば、1社ごとに足を運ぶ必要があるのに対し、このサイトを利用するだけで、登録事業者に対して確実に工事の要望を伝えることができます。

しかし、ネット上には数多くの一括見積りサイトがあるため、どこを利用するのが一番お得で確実なのかがわかりません。実際にとても便利なサービスである反面、本当にお得な工事ができているかがわからないという声をよく耳にします。そして、数多くある一括見積りサイトの中でも、どこがお得なのかという評判も気になるところです。

そこで今回のお役立ちコラムでは「一括見積りサイトの品質」について考えていきたいと思います。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装は一括見積りサイトで契約すべき?ポータルサイトのメリットとデメリット

 

一括見積りサイトの選び方のコツ

.一括見積りサイトの選び方のコツ

どの一括見積りサイトを使おうかと悩んだ時には、いくつかのポイントに注目してください。

押さえるべき場所を理解していれば、決して失敗はしないはずです。

運営歴から判断する

一括見積りサイトは、ネット上に非常にたくさん存在しています。

しかし、全てのサイトが成功しているわけではなく、登録事業者が確保できなかったり、実際に利用してくれるユーザーが少なかったりすれば、当然運営できなくなってしまうのです。そして、次々と新しい一括見積りサイトが生まれてきているという状況にあります。

そんな中でも、老舗とも言える一括見積りサイト業界の重鎮的なサイトが存在しており、そこには多くの施工業者が登録している実態があります。

つまり、運営歴が長いサイトほどしっかりとユーザーを獲得できていて、登録事業者の数も安定していると考えられるのです。

ネット口コミを確認する

一括見積りサイトが存在するのは「インターネット上」です。そして、工事依頼をしたユーザーは「ネット上に口コミを残す」という流れが染み付いているため、一括見積りサイトの良し悪しは必ず存在しています。

良い口コミが多ければ信頼できますし、悪い口コミが多ければ避けたいと感じるでしょう。しかし、本当に注意しなければならないのは「良い口コミしかないサイト」です。

万人ウケするサービスというのは、どこを探しても出てきません。それなのに、100%良い口コミしかないということは、悪い口コミを排除していると考えられるため、実際にはどれだけの悪評があるのかがわからないのです。

では、悪い口コミの方が信頼できるのかと言えば、そういうわけではありません。悪いものは悪いので「悪評が多いから信頼できる」とは決してならないのです。

少なくとも両方の意見が確認できて、尚且つ良い口コミが多いというサイトを選ぶべきだと言えるでしょう。

ただし、全ての口コミが必ずユーザーから入っているというわけではありません。サクラのように仕事として口コミを書き込む方もいれば、業者がなりすまして書き込みをしている場合もあります。

犯罪まがいですが、悪評に関しても真実とは限らないので、ある程度の判断材料として口コミを確認するようにしましょう。

▼合わせて読みたい▼

豊橋市で評判の外壁塗装業者を探す!リアルな口コミで見つける地元の優良業者ガイド

豊川エリアの外壁塗装業者どこが信頼できる?リアルな口コミ&評判ガイド2024

業者の有資格情報等を調べる

一括見積りサイトでアプローチをすると、複数業者からメールや電話が入ります。その際、マッチングした業者の資格情報を確認してみましょう。この資格情報は、自社ホームページを持っている業者であれば資格証と一緒に掲載していることがほとんどです。

もし自社ホームページがないという場合は、情報戦ですでにマイナス評価をつけるしかありません。なぜなら、依頼する側からすると、全く素性がわからない業者に依頼しなければならないかもしれないからです。

一括見積りサイトを利用する以上、自社ホームページは名刺のようなもの。ここでしか依頼者様にアピールすることができないにも関わらず。その判断材料を用意していないのでは話になりません。

そして、有資格情報は「その業者がどれだけ塗装業務に対して理解を持っているか」という部分の判断材料となるのです。

例えば、弊社では以下のような資格情報を掲載しています。

  • 外装劣化診断士
  • 2級建築施工管理技士
  • 乙種危険物取扱者
  • 一般社団法人日本塗装工業会加盟
  • プロタイムズ加盟  

このように、塗装業に対して一定レベルの知識がある事業者だということが一目でわかります。加盟団体も、塗装に関するトップレベルの団体です。特にプロタイムズに関しては、塗料メーカーが運営する選りすぐりの業者にしか加盟が許されていない団体です。

これらの情報を依頼者様にアピールすることで、安心してご依頼いただける材料をお渡ししております。

一括見積りサイトで工事した場合の品質について

一括見積りサイトで工事した場合の品質について

一括見積りサイトを利用して工事依頼をする場合、必ず高品質な工事が期待できるのかという点が大きな問題になってくると思います。ここをしっかりと紐解くことで、今後のアクションに変化が生まれるかもしれません。

ケースバイケース

はっきり言ってしまうと、一括見積りサイトは当たり外れが非常に大きいです。中には非常に高品質な仕事をしてくれる業者も存在するのですが、使用する材料や道具を含めて、三流以下の仕事しかできない業者も存在するのです。

だからこそ、しっかりと業者の実力を測るためにも、ネット上で手に入る情報は確実に確認しておくべきだと断言します。

また、仮に自社ホームページがない場合でも、Google口コミやYahoo!口コミをチェックすると、事業者に対する評判が残っているケースがあります。仕事一筋の匠などは、これまで門外漢だったホームページ作成などには着手せずに、依頼された仕事をこなすことに力を入れているということもあるのです。

良い業者に当たるかどうかは、利用する一括見積りサイトに業者が登録しているかどうかで変わってきます。そのため、できるだけ歴史のあるサイトを利用することをおすすめします。

注意すべき点もある

実は、一括見積りサイトには「登録基準」がほとんど存在しません。工事依頼が入った業者から手数料を受け取るだけで、サイト自体はほぼオープンスペースなのです。そのため、悪質な業者の登録も確認されています。

工事実態がない業者はいませんが、調査段階でわざと屋根材を割ったり、まだ劣化症状としては軽い状態のものを酷い状況だと言ったりと、工事の規模を大きくするような真似をします。

その結果、必要以上の工事費用を請求されてしまうことになるのです。

全てが優良業者ではないというのが、一括見積りサイトの怖いところと言えるでしょう。

見積り提出までのスピードは比較的遅い

弊社カトペンにご依頼いただくお客様の多くは豊橋市と豊川市のお客様です。豊橋市のお客様から実際にお伺いしたお話しなのですが、一括見積りサイトに外壁劣化診断、雨漏り診断を依頼したら、2週間以上待たされたということをお話しされていました。

一括見積りサイトは人気の業者に見積り依頼が集まりやすい傾向にあります。人気の業者とはいえども、よほど大きな塗装会社でない限り、営業マンの人数には限りがあり、実際に見積りを作成するまでに時間がかかることも事実です。

スピード重視で見積りを作成した場合、どうしても診断内容が甘くなるケースが多くなります。外壁劣化診断、屋根劣化診断の場合、時間をかけないと修繕箇所や劣化箇所が見つけられないケースもあるからです。

弊社カトペンはご依頼から1週間以内での正確なお見積り提出を社訓としております。外壁塗装工事や屋根塗装工事において、ご依頼からお時間が経ってしまうと、劣化症状が進行し、余計なコストがかかってしまうからです。

スピードと正確さという観点で考えると、一括見積りサイトの利用がデメリットになるケースもあるため注意が必要です。

一括見積りサイトと直接依頼ではどちらがおすすめ?

一括見積りサイトと直接依頼ではどちらがおすすめ?

弊社カトペンでは、一括見積りサイトにも登録があります。

しかし、一括見積りサイトと直接のご依頼であれば「直接依頼」をしていただくことをおすすめします。なぜなら、一括見積りサイトをご利用された場合、施工業者には手数料が発生してしまうからなのです。

この手数料の発生の関係で、本来の料金よりも高い工事見積りを出す業者も少なくありません。直接ご依頼いただいた方が安く済む場合もあるので、信頼できる業者が見つかった場合には、直接ご相談することをおすすめします。

カトペンで質の高い外壁塗装を実現しましょう!

カトペンで質の高い外壁塗装を実現しましょう!

一括見積りサイトは外壁塗装業者を選ぶ上で非常に便利なツールですが、その利用には細心の注意が必要です。良質な業者選びは、ただ便利さを追求するだけではなく、提供されるサービスの品質をしっかりと見極めることが求められます。

カトペンでは、一括見積りサイトを通じて得られる情報を基に、各業者の実績と評価を徹底的に分析し、お客様に最適な提案を行います。

外壁塗装をご検討の際は、ぜひ株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店の問い合わせフォームをご利用いただくか、メールやお電話で直接お問い合わせください。

また、より具体的なプランニングや材料選びについて深く知りたい方は、カトペンのショールームにお越しいただくことをお勧めします。実際に材料を見て触れることで、サービスの質と工事の細部に対するこだわりを直接感じていただけます。

カトペンのショールーム情報はコチラ

私たちカトペンは、外壁塗装に関するあらゆるご相談を承ります。質の高い施工をご希望であれば、専門スタッフが一貫してサポートいたします。どんな小さな疑問や懸念も、遠慮なくお寄せください。お客様一人ひとりの満足が私たちの使命です。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 塗装業者の選び方 費用について 一括見積りサイトについて

DATE 2024年5月10日(金)

外壁塗装は一括見積りサイトで契約すべき?ポータルサイトのメリットとデメリット

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

外壁塗装を依頼する場合、多くの方が「一括見積りサイト=ポータルサイト」をご利用いただいています。弊社にご相談いただいた方の中には

💬「一括見積りサイトで取った見積りとカトペンさんではどっちの方がお得か知りたい」

なんて方もいらっしゃいました。

その方は、結果的に弊社で外壁塗装をしていただけたのですが、一括見積りサイトには利用する際のメリットとデメリットがあるということを覚えておいてください。これを知っていると、どのように外壁塗装を依頼すべきかを判断しやすくなるはずです。

以下は一括見積りサイトを利用する際の主なメリットとデメリットです。これらを理解することで、外壁塗装の業者選びをより効率的に行うことが可能になります。

メリット:

  1. 多様な選択肢: 一括見積りサイトを通じて、複数の業者から簡単に見積もりを取得できるため、比較検討が容易になります。
  2. 時間と労力の節約: 一社ずつ連絡を取る手間が省け、短時間で多くの業者と接触できます。
  3. コストの透明性: 複数の見積もりを比較することで、適正価格でサービスを受けられる可能性が高まります。

デメリット:

  1. 悪質業者のリスク: 一括見積もりサイトには信頼できない業者も含まれる場合があり、注意が必要です。
  2. 個人情報の取り扱い: 業者への情報提供が多くなるため、プライバシーの問題が生じる可能性があります。
  3. 営業圧力の増加: 見積もりを依頼した業者からの積極的なフォローアップや営業電話が多くなることがあります。

これらの点を踏まえ、一括見積りサイトの利用を検討する際には、サイトの信頼性や業者の選定方法などに特に注意を払うことが重要です。

今回のお役立ちコラムでは「ポータルサイトのメリット・デメリット」についてお話ししていきたいと思います。

一括見積りサイトのメリット

一括見積りサイトのメリット

一括見積りサイトを使用することのメリットは、以下の通りです。

・複数業者にアプローチできる

・相見積りが簡単

・手数料がない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

一括見積りサイトのメリット①|複数業者にアプローチできる

一括見積りサイトには、必要情報を記入することで簡単に多くの業者に見積り依頼を出すことができます。本来であれば、1社ずつ出向いたり電話をしたりしなければならないのですが、一括見積りサイトを利用すればその手間を一気に解消できるのです。

各社にアプローチする手間がなくなるだけではなく、ファーストコンタクトがメールや電話などの非対面式で行えることも大きなメリットと言えるでしょう。訪問する場合は、他の作業をしながらというわけにはいきません。

必ずこの工事に向けた話し合いしかすることができませんが、メールでのやり取りであれば時間を置くこともでき、PDFなどを使用してペーパーレスな対応も可能になります。

一括見積りサイトのメリット②|サイト内で相見積が取れる

複数業者にアプローチできるため、建物の規模に合わせた概算見積りを出してくれるので、簡単な相見積であればすぐにできるでしょう。あくまでも概算なので、ここで金額を確定できるわけではありません。

実際には、しっかりと現地調査を行い、劣化の度合いや破損箇所などを確認した上で適切な料金を弾き出す必要があるのです。その際、どのような材料を使用するかも価格に影響してきます。

各社で付き合いのある材料屋が異なるため、同じ材料を使用する場合でも価格差が発生します。この価格差によってどこに依頼するかが変わることも多いです。

一括見積りサイトのメリット③|契約しなくても手数料の発生がない

仮に見積りを取ったとしても、工事依頼を確約するものではありません。例えば、10社から見積りを取った上で、費用的に依頼できないとなった場合は話を流すことも可能なのです。

その際、見積り費用だけ欲しいというような話にもならないため、一切の手数料も発生せずに工事を見送ることができるのが一括見積りサイトの嬉しいポイントになります。

地域の工務店などに見積り依頼をすると、工事依頼に発展すれば見積り費用はないというケースも少なくありません。そのため、工事しない場合は見積り費用を請求され、不要な出費が発生することもあることを覚えておきましょう。

業者によっては、そもそも見積り費用をとっていないという場合もあります。しかし、それも2回目以降には断られる可能性もあるため、冷やかしで見積りを取るようなことはやめましょう。

一括見積りサイトのデメリット

一括見積りサイトのデメリット

一括見積りサイトは確かに便利です。しかし、便利なだけではなく、ある程度のリスクも発生するということを覚えておきましょう。うまく利用すれば便利な部分だけを実感できるのですが、当たりが悪いと後悔することもあるのです。

一括見積りサイトのデメリット①|悪質業者も多い

残念なことですが、ポータルサイトには悪質業者も紛れています。そのため、見積りを取っている中でトラブルが発生するということも少なくないのです。

例えば、A社に見積りを出してもらい、次にB社が同じように見積りを出したところ、A社では確認されなかった屋根材の破損が数箇所発生してしまうというような状況が発生します。

A社に確認したところ、そのような破損はなかったと言われ、B社が屋根を確認した際には破損があったと主張する場合、同じタイミングで調査をしているわけではないので、どちらが嘘をついているというような証明ができないのです。

明らかにB社が壊したと思われる状況であっても、すでに壊れてしまっている以上直す他ない状況に追いやられてしまったわけです。

このような悪質な業者ばかりではありませんが、一定数そのような業者も存在するということを理解しておきましょう。

▼合わせて読みたい▼

豊橋市の住まいを塗り替えで新しく!地域に密着した塗装業者の選び方と最新トレンド

豊川市の家を塗り替えで美しく!信頼できる塗装業者の見極め方

一括見積りサイトのデメリット②|営業電話が増える

一括見積りサイトでアプローチした業者が、まだアナログな状態ということも考えられます。登録ができているので、ネット環境があるのは事実なのですが、メールやチャットでのやり取りができない業者の場合、ひたすら電話でのやり取りが続いてしまうケースもあります。

やり取りが面倒になり断ろうにも、まずは見積りを出させて欲しいなど食い下がられてしまい、その結果かなり良い条件を出されてしまうと無碍にできなくなるという話もよく聞きます。

そのような業者が複数社あると、営業電話に追い回される時間が増えてしまうので、かなりストレスを感じるケースもあることを知っておいてください。

大手の業者であれば、そのような対応にはならないので安心ですが、ポータルサイトだからこそファーストアプローチをしてくる業者を選べないというのが大きなネックになってきます。

一括見積りサイトのデメリット③|実はちょっと高い

便利だからといって、ポータルサイトだけを利用しているとわからないのですが、ポータルサイトで見積りを取ると「実はちょっと高い」というケースも少なくありません。直接依頼しにきた場合と、ポータルサイトから斡旋された場合では、基本となる料金設定が違うという業者はかなり多いです。

ユーザーからはわからないことなのですが、ポータルサイトで斡旋された場合、工事依頼を獲得した事業者はポータルサイトにキックバックを支払わなければならないのです。ポータルサイト自身がこの料金によって運営されているため、業者は支払わざるを得ないのです。

それも、サイトによってキックバックのパーセンテージが異なるため、それぞれで料金表が違うという場合もあります。

この場合、サイトごとに担当者が違うと、サイトAとサイトBで提示価格が違うという状況が発生してしまうこともあるのです。

実際には、このキックバックのパーセンテージを含めて通常の金額で受注すべきなのですが、意外にもこの手数料が大きく、ポータルサイトへの支払い分を上乗せする料金表が用意されていることもあるということを覚えておいてください。

▼合わせて読みたい▼

愛知県の外壁塗装と屋根塗装の込み込み費用を知りたい

カトペンはポータルサイトを使ってる?

結果として、弊社でもポータルサイトは使用しています。これは、直接依頼を出してくださる方ばかりではないからです。ポータルサイトの情報だけで依頼先を決めるという方も少なくないため、弊社を知っていただく窓口の一つとしてポータルサイトに登録しています。

しかし、実際には直接ご依頼いただいた方が弊社としては対応しやすいという点もあり、ポータルサイトでご依頼いただくよりも直接ご相談をいただく方がありがたいです。

カトペンと共に、賢く外壁塗装を計画しましょう!

カトペンと共に、賢く外壁塗装を計画しましょう!

今回のお役立ちコラムでは、一括見積りサイトの利用におけるメリットとデメリットについてお話ししてきました。これらの情報を基に、外壁塗装の業者選びを行う際には、慎重かつ効率的なアプローチが求められます。

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店では、皆様の外壁塗装工事を全力でサポートいたします。一括見積りサイトを活用する場合でも、直接お問い合わせいただく場合でも、どのような疑問にも専門スタッフが丁寧にお答えします。

ご興味がある方は、是非弊社の問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。また、メールやお電話でのお問い合わせも歓迎しております。さらに、弊社のショールームに直接お越しいただければ、実際の材料を手に取りながら、具体的なプランの相談が可能です。直接的なコミュニケーションを通じて、より納得のいくプロジェクト実現を目指しましょう。

どの問い合わせ方法を選択されても、カトペンはお客様一人ひとりのニーズに合わせた最適な提案を心がけています。外壁塗装に関するご相談、見積り依頼、材料の選定など、何でもお気軽にご連絡ください。私たちは皆様の快適な住まい作りを全力でサポートいたします。

カトペンのショールーム情報はコチラ

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 塗装業者の選び方 費用について 一括見積りサイトについて

DATE 2024年5月10日(金)

豊橋市の補助金・助成金にはどんなものがある?|豊橋市の外壁塗装はカトペンまで|

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

外壁塗装をする際には、多くの場合「補助金・助成金」を活用して費用負担を少なくするものです。しかし、肝心の外壁塗装に活用できる補助金がなければ、工事費用は全額自己負担となります。

場合によっては、直接的な補助金・助成金ではなく、リフォームの枠のなかに一部の外壁塗装が適用されるという場合もあるので、条件等は細部まで確認するようにしましょう。

今回のお役立ちコラムでは「豊橋市が用意しているリフォーム系補助金・助成金」についてお話ししていきたいと思います。

 

▼合わせて読みたい▼

愛知県の外壁塗装と屋根塗装の込み込み費用を知りたい

豊橋市のリフォーム系補助金・助成金一覧

豊橋市のリフォーム系補助金・助成金一覧

2024年5月現在、外壁塗装を対象とした補助金制度は発令されていません。今後の豊橋市の動向に注目しましょう。

豊橋市では、いくつかのリフォーム系補助金・助成金が用意されています。それぞれの特徴や補助条件をご紹介しますので、リフォームをご検討の際は適用できるかを確認してみてください。

もし適用条件にマッチしていた場合は、施工業者に依頼する前に「補助金を活用したい」という意思を伝えておきましょう。申請対象が施工業者の場合があるため、依頼主様自身が申請するわけではないことがあります。

吹付けアスベスト対策事業

現在は許されていませんが、建物の断熱材や補強材としてアスベストを吹付け工事していた時期があります。そして、建て替えやリフォームの際には「アスベストに対する特別料金」が発生してしまうのです。

この費用を一部負担するための補助金制度が「吹付けアスベスト対策事業」になります。

補助金額 分析調査:上限25万円(補助率:100%)

除去費用:上限180万円(補助率:2/3)

交付予定数 分析調査:3件程度

除去等:要相談

申請書類 交付申請書:契約締結前(見積書2社分)

届出書  :契約締結前

実績報告書:契約完了後

請求書  :契約完了後

お問い合わせ先 建設部 建築指導課

所在地/〒440-8501愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所東館3階)

電話番号:建築審査グループ /0532-51-2581

:開発審査グループ /0532-51-2585

:管理・監察グループ/0532-51-2588

FAX番号/0532-56-3815

E-mail/kenchikushido@city.toyohashi.lg.jp

(引用:豊橋市 民間建築物吹付けアスベスト対策事業

なお、令和5年度分の申請は2024年3月31日に終了しています。

家庭用エネルギー設備等導入補助金

太陽光発電設備や、燃料電池、リチウムイオン蓄電池などの家庭用エネルギー設備の設置費を補助するために用意されているのが「家庭用エネルギー設備等導入補助金」です。省エネ住宅にするためにはとても重要な工事となるでしょう。

補助金額 ・一体的導入(太陽光・HEMS・蓄電池):12万円(補助率:一律)

・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス:16万円(補助率:一律)

・太陽光発電設備(既築住宅のみ):1.2万円/kW(上限:4kW)(補助率:1/20)

・燃料電池:4万円(補助率:一律)

・リチウムイオン蓄電池:1万円/kW(上限:7kW)(補助率:1/20)

・太陽光パワコン更新:上限5万円(補助率:1/5)

・太陽熱利用設備

自然循環型:2万円(補助率:一律)

強制循環型:3万円(補助率:一律)

補助対象 次に掲げる条件をすべて満たす者(個人)とします。

  1. 次のいずれかに該当するもの
    ア 自ら居住し、又は居住予定である市内の住宅に補助対象設備を設置しようとする者
    イ 自ら居住するため、建売住宅供給者等から市内の補助対象設備付き建売住宅を購入しようとする者
  2. 工事完了後の実績報告申請時に対象設備を設置した住宅の所在地に住民基本台帳の登録がある者
  3. 豊橋市が徴収する税を滞納していない者
  4. とよはしエコファミリー宣言に賛同し、エコファミリー登録に同意する者
    (エコファミリー登録の同意は、補助金の交付申請と同時でかまいません。)
  5. 過去に同一設備で同様の補助金交付を受けた場合は、補助金交付を受けることができません。(補助対象設備ごとに1世帯につき1基)
受付場所 ゼロカーボンシティ推進課(市役所 西館5階)

・8時30分から17時15分まで(土、日、祝日及び年末年始を除く)

お問い合わせ先 環境部ゼロカーボンシティ推進課

所在地/〒440-8501愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所西館5階)

申請用E-mail/zeroco2shinsei@city.toyohashi.lg.jp

電話番号/事業者太陽光、充電インフラ:0532-51-2399

家庭用、自動車、充給電:0532-51-2417

(引用:豊橋市 家庭用エネルギー設備導入補助金

なお、対象期間は令和6年4月18日(木)から令和6年5月6日(月)までとなっています。

木造住宅耐震改修費補助金

豊橋市が行っている無料の耐震診断において、1.0未満の評価を受けている建物や、愛知県建築住宅センターの耐震診断での特典が80点未満の住宅に対する耐震工事にかかる費用を一部負担する補助金制度が「木造住宅耐震改修費補助金」です。

補助金額 上限100万円(補助率:80%)
補助対象 豊橋市が行っている木造住宅無料耐震診断において判定値が1.0未満、または愛知県建築住宅センター実施の木造住宅耐震診断において得点が80点未満と判定された住宅
お問い合わせ先 建設部建築物安全推進課

所在地/〒440-8501愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所東館3階)

電話番号/0532-51-2579

E-mail/kenchikuanzen@city.toyohashi.lg.jp

(引用:豊橋市 木造住宅耐震改修費補助金

木造住宅段階的耐震改修費補助金

先述の木造住宅耐震改修費補助金と基本的な条件は同じですが、段階的な改修工事を行う際に適用されるのが「木造住宅段階的耐震改修費補助金」です。

補助金額 判定値を0.7以上とする耐震改修工事:限度額60万円

判定値を1.0以上とする耐震改修工事:限度額40万円

補助対象 1.判定値が0.4以下であった住宅を判定値1.0以上とする耐震補強計画に基づき、耐震改修工事を2段階に分けて行う場合

  • 1段階目 判定値を0.7以上とする耐震改修工事
  • 2段階目 判定値を1.0以上とする耐震改修工事

2.判定値が0.7以下(2階の判定値は1.0未満)であった住宅を判定値1.0以上とする耐震補強計画に基づき、耐震改修工事を2段階に分けて行う場合

  • 1段階目 1階部分のみの判定値を1.0以上とする耐震改修工事
  • 2段階目 判定値を1.0以上とする耐震改修工事
お問い合わせ先 建設部建築物安全推進課

所在地/〒440-8501愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所東館3階)

電話番号/0532-51-2579

E-mail/kenchikuanzen@city.toyohashi.lg.jp

(引用:豊橋市 木造住宅耐震改修費補助金

 

外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性

外壁塗装をすることで、建物にどのような効果を得られるかをご紹介します。工事をする意味を知ることで、外壁塗装の重要性を感じてみてください。

美観の回復

外壁雨が汚れていたりひび割れていたりすると、見た目にもとても古い家に感じてしまいます。しかも、汚れが付着するということは、温度を蓄積する物質が付着しているということになるので、快適性が非常に悪くなってしまうのです。

ひび割れを放置していると、雨漏りとなって問題が表面化してしまいます。建物にとって非常に悪い状態だということを覚えておきましょう。

劣化の回復

外壁の劣化は、表面の塗装によって食い止めることができます。また、致命的なダメージが加わっていない場合は、外壁塗装によってある程度回復も見込めるので、適切なメンテナンス期間で外壁塗装を施すことをおすすめします。

外壁材の延命

外壁材の延命

外壁材は、紫外線や雨などの影響でどんどん劣化していきます。そのため、表面を塗装の膜でカバーする必要があるのです。ダメになってしまった外壁材は、差し替えや重ね葺きなどで対処しなければならなくなります。

塗料の効果付与

外壁塗装では、塗料の持つ効果を付与することができます。遮熱性をアップさせたり、ひび割れを防いだりと、機能性を持った塗料がたくさんあります。見た目を良くするためだけの工事ではなく、快適性アップにもつながることを覚えておきましょう。

▼合わせて読みたい▼

あなたの家を守る塗料の秘密:超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR

資産価値の維持と向上

見た目には価値があります。また、適切にメンテナンスを施された建物であれば、経年劣化を遅らせることもできるので、資産価値が思うほど下がらないというのが大きなメリットとなるでしょう。

当初は機能性塗料で塗装されていなかったにも関わらず、光触媒でセルフクリーニング性能を上げたり、遮熱塗料で快適性をアップさせたりという対策をしていくことで、資産価値がアップする場合もあります。

補助金や助成金を使う目的は「お得に外壁塗装をすること」ですよね?

あなたが外壁塗装を検討する際、費用の面から補助金や助成金の存在は非常に魅力的です。これらの行政支援は、外壁塗装の経済的負担を軽減し、同時に高品質のサービスを利用することを可能にします。

劣化が進むと建物の保護機能が低下するため、定期的な塗装は必須です。補助金や助成金を利用することで、建物の長期的な健康を保ちながら、費用の面でも安心して工事を行うことができるのです。

ただし、補助金や助成金はあくまでも「手段」ということを忘れてはいけません。補助金や助成金がもらえないからと言って、塗装工事を先延ばしにしてしまうと、劣化がさらに進行してしまい、取り替えしのつかない状態にまで発展することがあります。

塗装費用の手助けという意味で考えると、補助金や助成金はあくまでも手段として捉えることが重要です。

補助金はもらえない可能性もあることを理解しましょう

補助金や助成金の申請は、条件に合致する必要があり、全ての申請が承認されるわけではありません。利用条件は非常に厳しく設定されており、文書の準備や審査過程が複雑な場合がほとんど。

補助金を前提に計画を立てるのではなく、もらえなかった場合の対策も考えておくことが重要です。また、地域によっては予算の制約で補助金が限られていることもありますから、申請する前には詳細な調査と準備が必要となります。

補助金申請までの長い道のり

補助金の申請から入金までは時間がかかるものです。さらに申請から入金の間、多くの段階を経る必要があります。

まず、適用可能な補助金をリサーチし、詳細な要件を確認する必要があります。その後、必要な書類を集め、申請書を正確に記入して提出します。多くの場合、申請から承認まで数週間を要することもありますし、時には追加情報の提出を求められることもあります。申請者はこの申請の流れに耐える忍耐と、計画的なアプローチが求められるのです。

補助金や助成金以外でお得に外壁塗装をする方法

補助金や助成金に頼らずに外壁塗装を行う方法はいくつかあります。これには、塗装会社の提供する割引キャンペーンや特別オファーの利用、適用可能な保険の活用、税制上の優遇措置を利用することが含まれます。

これらの選択肢を利用することで、補助金や助成金の対象外となる方々も、外壁塗装を賢く、経済的に行うことが可能です。

塗装会社が実施するキャンペーンを活用する

多くの塗装会社は定期的にプロモーションや割引キャンペーンを実施しています。これらのキャンペーンを利用することで、通常よりもかなり安い価格で外壁塗装を行うことができます。

特に閑散期には、塗装業者も仕事を確保するために割引を提供することが多いです。キャンペーンの詳細は、各社のウェブサイトや広告をチェックすることで、最新の情報を得ることができます。

火災保険を活用する

火災保険の中には、予期せぬ損害をカバーする項目として、外壁の損傷も含まれていることがあります。

特に自然災害や事故による外壁の損傷は、保険適用の対象となることが多いです。保険の詳細条項を確認し、適用条件を満たしている場合は、保険金を使って外壁塗装の費用を賄うことが可能です。

リフォーム控除を活用する

日本では、リフォームを行った際に税金控除を受けることができる制度があります。この控除を利用することで、リフォーム費用の一部を税金で戻してもらうことが可能です。

外壁塗装もリフォームの一環として認識されることが多いため、適切な手続きを行うことで控除を受けられる可能性があります。詳しい申請方法や条件については、税務署や専門の税理士に相談すると良いでしょう。

豊橋市でお得に外壁塗装工事をするならカトペンにご相談ください!

豊橋市でお得に外壁塗装工事をするならカトペンにご相談ください!

豊橋市の外壁塗装では、まだ補助金・助成金の用意はありませんでした。しかし、今後の豊橋市の動向に目を光らせておくことで、対象となる塗装工事が発表されるかもしれません。

劣化の進行具合が心配な場合は、無料の外壁劣化診断を受けてみましょう。

弊社「株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店」では、外装劣化診断士資格を持ったプロがあなたのお住まいをくまなくチェックいたします。そのうえで補助金や助成金、それ以外の方でお得に塗装工事ができるようにサポートいたします。診断、ご相談、お見積もりは無料です。

豊橋市でお得に外壁塗装工事をするならば、ぜひ弊社におまかせください。あなたからのご連絡、ご相談をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 補助金・助成金 地域情報 豊橋市 費用について

DATE 2024年5月9日(木)

豊川市の外壁塗装は 補助金・助成金で対応できる?

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

豊川市にお住まいで、外壁塗装を計画している方々に朗報です。

2024年5月現在、豊川市で直接的な外壁塗装向けの補助金や助成金の発令はありませんが、他のリフォームや改修工事に関する補助金を利用して、外壁塗装の費用負担を軽減する方法が存在します。

おもな方法としては以下が挙げられます。

  • 補助金対象の別の工事を補助金で行う
  • 火災保険を受け取る
  • 塗装業者のキャンペーンを活用する
  • 材料のグレードを下げる
  • 住宅ローンを活用する  

とくに、今後新たな補助金制度が発表される可能性もあるため、今回のお役立ちコラムはぜひ最後までお読みください!

今回は、外壁塗装の費用を効率良く抑えるための具体的な手段と、豊川市のリフォームに適用可能な補助金についてくわしくお話ししていきたいと思います。

豊川市のリフォームに関する補助金・助成金

豊川市のリフォームに関する補助金・助成金

2024年5月現在、豊川市のリフォームに関する補助金・助成金情報は「住宅改修費の支給制度」1件だけでした。どのような内容なのか見ていきましょう。

住宅改修費の支給制度

豊川市のリフォーム関係の補助金は、現在「住宅改修費の支給制度」のみが適用できる状況です。この補助金事業は、介護住宅への改修工事を対象としているため、外壁塗装に対しては補助されません。

豊川市のAIチャットボットからの回答

豊川市の公式ホームページには、簡単なやり取りで情報までのルートを導き出してくれるAIチャットボットが用意されています。ここで「補助金」に対する情報を質問することで、現在どのような補助金が用意されているかを確認できるのです。

塗装関係の補助金について尋ねたところ、現在は1つも発令されていないということがわかりました。残念ながら、今後の補助金制度の発令を待つしかありません。

外壁塗装の費用負担を減らす方法

外壁塗装の費用負担を減らす方法

戸建て1軒を完全に外壁塗装しようと思うと、外壁だけでも100万円前後、屋根塗装まで含めると150万円前後かかってしまいます。まとまった金額の工事費用が必要となってしまうため、できれば補助を受けたいという希望をどうにかして叶える方法はないのでしょうか。

実は、いくつか裏技的な方法が残っています。

  • 補助金対象の別の工事を補助金で行う
  • 火災保険を受け取る
  • 塗装業者のキャンペーンを活用する
  • 材料のグレードを下げる
  • 住宅ローンを活用する  

直接的な補助金が存在しないときに活用できる方法をご紹介しましょう。

別の工事を補助金で行う

外壁塗装に直接的な補助金がない場合でも、他のリフォーム工事に対する補助金を活用し、資金を確保する手法が有効です。これにより、単に費用を抑えるだけでなく、建物全体のメンテナンスも同時に行えるため、資源の無駄遣いを避けることができます。

たとえば、「住宅省エネ2024キャンペーン」を利用して、窓のリノベーションに着手する場合を考えましょう。この補助金は最大200万円まで支給されます。もし最大額を受給できたら、その金額を外壁塗装に充てることが可能です。

このようにして確保した200万円を外壁塗装に投じれば、家全体のリノベーションが進み、さらに外壁塗装のコストも賄うことができます。このアプローチは、資金の効率的な利用を実現し、建物の価値を高める絶好の機会を提供します。

本来、外壁塗装だけを行えば良いのですが、他の工事で補助金を受けることで費用を捻出することができます。費用負担を軽減する方法とは少し違いますが、この方法であれば無駄なく建物の修繕を進めることができます。

火災保険を受け取る

火災保険で外壁塗装をするという方法は、非常に条件が厳しいのでおすすめはしません。しかし、単純に「受け取ることができる補助金を受給する」という方法は一考の余地があります。

多くの場合、毎年掛け捨ててしまっている火災保険ですが、実は受け取ることができる保険金があるのです。経年劣化による不具合は火災保険の対象外ですが、自然災害を経た不具合に関しては、多くの場合補償対象として扱われます。

確実なのは以下のような災害後のトラブルです。

  • 火災(近隣からの延焼も可)
  • 落雷
  • 爆発や破裂
  • 風災
  • 雹災
  • 雪災
  • 水災  

加入中の火災保険の補償範囲によっては、いくつかの災害が適用されない場合もあるので、まず追徴課税がご加入中の保険の保証内容を確認してください。

過去3年間の中で、自然災害と呼べるような出来事があった場合、火災保険を請求することができる場合があります。ここで大事なのは「工事不要で保険金を受け取ることができる」という事実です。

火災保険は補助金とは違うので、請求した保険金はどのように使用しても問題がありません。もちろん、破損箇所を修理することでも使用できますが、全く関係ないアクティビティに使用することも許されています。

つまり、この資金で外壁塗装をすることができるということです。

雨樋や屋根材のひび割れなど、自然災害によるトラブルでも緊急性の低いトラブルというものはあります。こちらの修繕を後回しにすることで、当座問題となっている外壁塗装を先に対処するという方法は、とても有用性の高い方法ではないでしょうか。

塗装業者のキャンペーンを活用する

塗装業者の中には、キャンペーンやイベントで塗装費用の割引サービスを提供することがあります。これらのキャンペーンは定期的に行われています。とくに大手チェーンの塗装店では全国的に同様のプロモーションが展開されるケースが多いです。

緊急性が高くない工事の場合、これらのキャンペーンを利用することで、計画的に工事を進めることが可能になります。

キャンペーンによる割引は、ときには補助金や助成金の交付金額と同額レベルに達することもあります。このため、補助金が利用できない場合でも、キャンペーンを活用することで大幅にコストを削減できる可能性があります。

しかし、すべての業者がキャンペーンを実施しているわけではないため、複数の塗装業者の見積書を比較し、もっともコストパフォーマンスの高い選択をすることが重要です。

キャンペーンの情報は塗装業者のホームページや折り込みチラシ、地域の新聞広告などを通じて確認できます。また、直接問い合わせて詳細を尋ねることも効果的です。これにより、計画に合わせて最適なタイミングで工事を実施し、賢く費用を節約することが可能になります。

材料のグレードを下げる

現在、外壁塗装において主流となっているのはシリコン塗料です。費用を抑えたい場合には、以前主流だったウレタン塗料など、グレードの低い材料を使用する選択肢もあります。これにより短期間でのメンテナンスが必要となるものの、初期投資を抑えることが可能です。

塗装業者目線で見ると、シリコン塗料のグレードを下げてウレタン塗料やアクリル塗料を使うよりも、シリコン塗料内でも耐候性や超低汚染性など、機能性を高めた製品を選択することで、同じシリコン塗料を使いながらも塗装の耐久性を向上させることができます。このような高機能塗料を用いることで、塗装の持続性が格段に向上し、長期間にわたる保護効果が期待できます。

また、経済的な観点から見ると、初期費用が低い塗料を選んで5年ごとに再塗装するよりも、初期費用が1.5倍かかる高機能塗料で15年間メンテナンスフリーの状態を保つ方が、長期的には費用対効果が高いでしょう。この計算により、建物の価値を維持しつつ、全体的なメンテナンスコストを削減することが可能になります。

これらの選択肢を検討する際は、塗装を行う建物の状態や、将来的なメンテナンス計画、そして予算に応じて最適な材料を選定することが重要です。各材料の特性を理解し、建物に最も適した塗料を選ぶことで、効率的かつ経済的な外壁塗装が実現します。

▼合わせて読みたい▼

持続可能な美観を実現!無機塗料でマイホームを守るメリットとは?耐候性の高い無機塗料とは?

住宅ローンを活用する

工事見積りを引き下げることや、費用負担が小さくなるわけではありませんが、住宅ローンを利用して外壁塗装工事を行うことで「住宅ローン控除」を受けることができます。これは、年末調整時に大きな意味を持ってくる方法です。

住宅ローン控除を受けることで所得税が控除されるため、年末調整時の還付金額が増額されます。ただし、住宅ローンを受けるのは「銀行や信用金庫」などの金融機関である必要があります。

消費者金融からの借入では控除を受けることはできないので、借入をする先は間違えないようにしましょう。

カトペンで外壁塗装をすれば費用を抑えて工事できる

カトペンで外壁塗装をすれば費用を抑えて工事できる

外壁塗装工事は、一般的に工事費用を一括で支払うケースが多いため、施工業者でローンを組むということはできません。しかし、弊社では月々1万円からのリフォームローンを扱っているため、一度に発生する費用負担を大幅に引き下げることができます。

使用する塗料は?

通常のシリコンプランからグレードアップして、フッ素塗料や無機塗料を使用することもできます。シリコンプランの場合、使用するのはプロタイムズ加盟店だけに許された「プラチナシリコンREVO2000-IR」を基本としています。

耐用年数は13〜16年と長く、保証年数も7年をお約束しているので、万が一問題が発生した場合にも弊社負担です。

工事品質は?

弊社の塗装職人は、1級塗装技能士が多く、全ての現場で1級塗装技能士が必ず担当できる体制を整えています。そのため、たとえ月々1万円からのプランだったとしても、決して手抜き工事を行うというわけではないのです。

また、使用する塗料の耐用年数が13〜16年あることからも、5年間支払い続けて完済した直後に新たなローンを組まなければならないということがありません。つまり、ローン地獄状態にはならないということです。

ローン完済後、およそ10年ほどの資金プール期間が設けられるため、いつまでも支払いに追われるような状態にはなりません。

豊川市の外壁塗装はカトペンにお任せ!

豊川市の外壁塗装はカトペンにお任せ!

今回のお役立ちコラムを通じて、豊川市での外壁塗装に関する補助金・助成金の現状と、工事費用を賢く抑える方法についてお話ししてきました。補助金が直接的に適用されない現在、別のリフォーム支援や工夫を駆使して、外壁塗装の費用負担を減らすことが可能です。

もし、外壁塗装やその他のリフォームに関してご不明点があれば、株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店が全力でサポートいたします。お問い合わせは、公式ウェブサイト上の問い合わせフォーム、メール、またはお電話で受け付けております。さらに、実際の材料を見て、色や質感を確認したい方は、ぜひショールームにご来店ください。専門スタッフが一つ一つ丁寧にご説明し、最適なプランをご提案します。

建物は長い間快適に過ごすための大切な投資です。カトペンでは、その価値を最大限に引き出すためのサービスを提供しています。今すぐご相談を!

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 補助金・助成金 地域情報 豊川市 費用について

DATE 2024年5月9日(木)

愛知県の外壁塗装と屋根塗装の込み込み費用を知りたい

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

愛知県で外壁塗装や屋根塗装をする場合、どれくらいの費用が発生するかご存知ですか?

全国一律価格ではなく、各地で費用相場が異なるので、お住まいの地域の平均的な費用相場を知っておくと、依頼事に適正価格で請け負っている業者かどうかを判断できるようになります。

今回の記事では「愛知県の塗装工事に対する込み込み費用相場」をご紹介したいと思います。

お住まいの地域がどれくらいの費用で塗装工事を依頼できるかご覧ください。

愛知県の外壁塗装の費用相場

愛知県の外壁塗装の費用相場

まず、愛知県内の業者がどれくらいの費用相場で外壁塗装や屋根塗装を請け負っているかを知っておきましょう。これは、総務省が毎年行っている統計調査によって情報が更新されているので、景気の移り変わりも価格に影響しています。

愛知県の外壁塗装費用相場 107万〜176万円

(参照:総務省統計部 令和5年住宅・土地統計調査

全国平均からすると、愛知県の塗装業者の請負価格は高めに設定されていることがわかります。ただし、平均的な延べ床面積が134.59m2ということもあり、比較的大きな建物が多いということも考えると、決して法外な金額ではありません。

愛知県の屋根塗装の費用相場

愛知県内の屋根塗装に対する費用相場もご紹介しましょう。外壁塗装と抱き合わせで割り引かれることもありますが、屋根塗装単品を依頼した場合、以下のような費用が発生しています。

愛知県の屋根塗装費用相場 231,000〜447,000円

(参照:総務省統計部 令和5年住宅・土地統計調査

屋根塗装に関しては、全国的に見ても平均的な金額で工事が行われていると言えるでしょう。建物の大きさから考えると、若干安い料金で工事されているようにも感じられます。

屋根塗装だけを依頼する場合、外壁塗装と同じ足場費用や養生などの付帯工事費が発生してしまうので、他の工事も抱き合わせでご依頼いただくことをおすすめします。

愛知県内の外壁塗装込み込み費用相場

愛知県内の外壁塗装込み込み費用相場

愛知県内の各地で行われている外壁塗装の費用相場を見ていきましょう。全て込み込みの費用相場なので、お住まいの地域で外壁塗装をご依頼した際に、この金額間で受注される業者を選ぶようにすると良いでしょう。

市区町村 平均延べ床面積 込み込み外壁塗装相場

豊橋市

132.48m2 1,060,878円~1,736,574円

岡崎市

135.03m2 1,078,332円~1,764,040円

一宮市

134.53m2 1,073,592円~1,758,180円

瀬戸市

121.51m2 993,431円~1,617,493円

半田市

130.51m2 1,049,351円~1,715,173円

春日井市

126.35m2 1,023,858円~1,669,882円

豊川市

136.14m2 1,083,731円~1,775,905円

津島市

138.04m2 1,095,283円~1,796,213円

碧南市

146.36m2 1,146,269円~1,886,695円

刈谷市

141.68m2 1,119,114円~1,836,618円

豊田市

143.47m2 1,129,448円~1,855,680円

安城市

145.23m2 1,139,748円~1,874,704円

西尾市

151.01m2 1,174,391円~1,935,833円

蒲郡市

144.65m2 1,136,022円~1,867,738円

犬山市

128.84m2 1,039,147円~1,697,269円

常滑市

132.97m2 1,064,608円~1,741,420円

江南市

138.2m2 1,095,456円~1,798,524円

小牧市

133.02m2 1,064,662円~1,742,486円

稲沢市

141.58m2 1,115,906円~1,834,386円

新城市

154.25m2 1,194,690円~1,971,410円

東海市

127.49m2 1,030,289円~1,682,887円

大府市

131.79m2 1,058,033円~1,729,363円

知多市

124.2m2 1,011,036円~1,647,144円

知立市

138.39m2 1,098,761円~1,800,875円

尾張旭市

123.76m2 1,008,461円~1,642,363円

高浜市

135.63m2 1,081,080円~1,771,032円

岩倉市

130.68m2 1,050,534円~1,716,398円

豊明市

130.14m2 1,047,851円~1,711,485円

日進市

136.26m2 1,084,961円~1,776,163円

田原市

155.14m2 1,200,851円~1,980,985円

愛西市

144.85m2 1,136,238円~1,870,102円

清須市

128.01m2 1,034,051円~1,687,773円

北名古屋市

125.78m2 1,020,042円~1,663,930円

弥富市

148.97m2 1,162,688円~1,915,240円

みよし市

136.67m2 1,088,504円~1,782,904円

あま市

131.76m2 1,058,001円~1,728,323円

長久手市

137.15m2 1,090,122円~1,786,738円

名古屋市

129.43m2 1,041,884円~1,703,248円

愛知郡東郷町

128.57m2 1,037,756円~1,694,712円

西春日井郡豊山町

136.7m2 1,088,536円~1,782,944円

丹羽郡大口町

142.74m2 1,123,459円~1,847,417円

丹羽郡扶桑町

137.91m2 1,094,043円~1,795,041円

海部郡大治町

125.61m2 1,019,859円~1,662,605円

海部郡蟹江町

141.33m2 1,115,636円~1,831,956円

知多郡阿久比町

129.84m2 1,044,427円~1,706,989円

知多郡東浦町

133.68m2 1,068,474円~1,748,658円

知多郡南知多町

142.02m2 1,119,482円~1,840,166円

知多郡武豊町

127.6m2 1,031,508円~1,683,032円

額田郡幸田町

139.89m2 1,105,681円~1,815,455円

(参照:総務省統計部 令和5年住宅・土地統計調査

 

▼合わせて読みたい▼

屋根塗装に使う塗料の種類と費用について|ラジカルフッ素シリコン無機ってどう違う?

外壁塗装のみの具体例

外壁塗装のみの具体例

以下の条件で外壁塗装を依頼した場合の費用を見ていきましょう。

  • ・延べ床面積:138m2
  • ・塗装面積:166m2
  • ・フッ素塗料使用  
項目 数量 単価 金額
足場・防護幕設置 249 m² 1,100円 274,000円
養生 一式   47,000円
高圧洗浄(外壁・屋根) 166 m² 350円 58,100円
外壁塗装(下塗り) 166 m² 1,000円 166,000円
外壁塗装(上塗り・中塗り) 166 m² 4,700円 781,000円
コーキング打ちかえ 83 m² 1,000円 83,000円
軒天・破風・雨樋 一式   3,400円
現場管理費 一式   145,000円

 

屋根塗装はありませんが、高圧洗浄は外壁と同時に屋根にも施工する場合があります。

屋根の素材や形状、勾配によっても施工が可能か判断が必要になるケースもありますのでご相談ください。これらの工事を行なった場合、合計1,713,250円がかかることになり、端数をサービスするケースが多いです。

つまり、工事費用としては171万円で外壁塗装一式を依頼できるということです。

外壁塗装+屋根塗装の具体例

外壁塗装と屋根塗装を同時に行った場合の費用についてもご紹介します。

  • ・延べ床面積:138m2
  • ・塗装面積:165m2
  • ・無機塗料使用  
項目 数量 単価 金額
足場・防護幕設置 247.5 m² 1,400円 347,000円
養生 一式   47,000円
高圧洗浄(外壁・屋根) 238 m² 300円 71,400円
外壁塗装(下塗り) 165 m² 1,100円 181,500円
外壁塗装(上塗り・中塗り) 165 m² 4,800円 792,000円
コーキング打ちかえ 82.5 m² 1,000円 83,000円
屋根塗装(下塗り+上塗り) 73 m² 3,700円 270,100円
軒天・破風・雨樋 一式   145,000円
現場管理費 一式   82,000円

 

このケースでは、合計金額2,220,900円が発生し、端数900円をサービスすることで222万円での工事ができる見積もりとなります。

愛知県豊橋市・豊川市の塗装工事ならカトペンにご相談ください!

愛知県豊橋市・豊川市の塗装工事ならカトペンにご相談ください!

愛知県の外壁塗装費用は、全国的に見ても高めなので、他の工事と同時進行することでコスト削減を図ることをおすすめします。

ちなみに、弊社では塗装プランによって基準価格を設定していますので、詳しくはこちらの「外壁塗装プラン」をご覧ください。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 費用について

8件

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 5月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ