スタッフブログ

みんなが疑問に思う、塗装の時期について

DATE 2017年4月11日(火)

豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、田原市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

雨が長い事続きますね(;´・ω・) これだけ雨が降ってしまうとどうしても施工完工が伸びてしまいます。

塗装中の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、もうしばらくお待ちください。

そして、4月にも関わらずこの雨の量!!

最近の気象状況はさっぱりです!

そこで今回は塗装をおこなうベストタイミングについて、塗装のプロである私が説明させて

いただこうと思います。

みなさんもいつが塗装に適しているか気になりますよね??

でも時期って塗装屋さんとかリフォーム会社によっていうことがバラバラなのでこれも一つの考え方として

受け取っていただければと思います!!

では。早速結論から言ってしまいましょう….

塗装に適している時期それは・・・・・・

雨や雪が降っていなければ1年中が塗装の時期です!!!!!!(笑)

何を言ってやがる(-_-;)という突っ込みも聞こえてきそうですが、でも事実です。

でもそれぞれの季節によってメリット、デメリットがあるためそれをふまえた上でご自身がいつ

施工をするかを決めたらいいのではないでしょうか?

それではまず春!(3~5月下旬ごろまで)

気温が暖かくなり塗装シーズンに突入!みんながこぞってここで施工をするため検討中の方は

早めに予約等が必要となります。

メリット:気温が安定してきている。塗料の乾燥が冬場に比べたら早い。窓を開けなくても快適な室温で

生活ができる。

デメリット:季節の変わり目の為気象状況がバラバラ。雨が1週間続いてしまうこともちらほら・・・工期が伸びてしまう

そして梅雨(6~7月中旬ごろ)

ジメジメとして気温がだいぶ上がってきているころ。梅雨だからといって施工件数が少なくなる。

最近は空梅雨がおおかったり・・・

実はここの時期がねらい目!?キャンペーンなどが多くなりお得に施工をしたい方はおすすめ。

メリット:キャンペーンがおおくなり値引きなどの対応があるお店も。気温に関しては問題なし!

デメリット:梅雨の為雨が長引く可能性有。結果工期延長に・・・

そんで夏!!!(7月下旬~9月上旬まで)

とにかく暑い夏!!職人は豆に水分補給が必要。家の中はエアコンを使用するため特に影響なし。

通り雨が発生する可能性有。

メリット:塗料の乾燥が早いため作業効率が上がる。養生シートが日よけ代わりになり多少室内が涼しい!

デメリット:塗料が乾燥する前に夕立等が来た場合、塗り直しの可能性有。

そして秋!(9月中旬~11月下旬)

残暑も落ち着き、紅葉がちらほら見える季節!気温も安定し塗装シーズン2回目の到来!

人気の季節の為この時期に塗装を検討する場合も早めの行動が吉!

メリット:気温が安定し、塗料にも職人にも、住んでいる方にも優しい

デメリット:台風シーズン到来。風が強くなる日もあります。天候が不安定。

最後には冬!!(12~2月)

僕が一番好きな季節(笑) 東三河でも雪がちらつく季節。

湿気が少なく塗料との相性は抜群!

メリット:湿気が少なく塗料に悪影響が少ない。窓を閉めっぱなしでも苦ではない。

デメリット:気温が低いため塗料の乾燥時間がかかるため工期が長くなる。雪の時や

気温が5℃以下の場合は施工不可。

ざっくりとそれぞれの季節の特徴をお話ししてきました。

どの季節でも雨や雪が降ったら施工が不可能です!!その時の気象条件に応じて

ベストタイミングが変わってきますので、塗装のプロに一度お問い合わせくださいm(__)m

 

カテゴリー:

お問い合せ 無料見積もり依頼
2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
« 11月    
外装キャンペーン
感謝の壁
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
外壁塗装セミナー
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

春の塗装シーズン到来!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
ページトップへ

ページトップへ