スタッフブログ

11件

DATE 2024年6月15日(土)

タマホームの外壁塗装は塗装専門業者に依頼できる!イメージ通りに仕上げてもらうポイントもお話しします!

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

タマホームで住宅を購入した方の中には、タマホームに外壁塗装の依頼をしようと思った方もいるのではないでしょうか。しかし、外壁塗装は家を購入したハウスメーカーに依頼しなくてはいけないというルールはありません。外壁塗装のみを行っている塗装専門業者に依頼することも可能です。

塗装専門業者に依頼すると、次のようなメリットがあります。

  • 施工費用を抑えられる
  • 塗料の選択肢が多い
  • 外壁塗装以外のオプションとセットで発注する必要がない

コストを抑えたり自分に合う塗料を見つけたりしたい方は、塗装専門業者への依頼をおすすめします。では、塗装専門業者に希望通りの仕上げをしてもらうには、どのようにすれば良いと思いますか?

希望通りの仕上がりにしてもらうには、次のようなことを行う必要があります。

  • どのように完成させてほしいか具体的に伝える
  • 塗装専門業者とコマメに擦り合わせをしておく
  • イメージ通りにできないと言われた場合は代替案がないか聞く

しかし、具体的にどのようなアクションをとると良いか気になる方もいるのではないでしょうか?

今回のお役立ちコラムではタマホームの外壁塗装工事を塗装専門業者に依頼するメリット、塗装業者に依頼する際に塗装工事を成功させる秘訣についてお話ししていきます。自分のイメージと違う仕上がりになってしまうことを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。 

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

タマホームに外壁塗装をお願いしなくて大丈夫?塗装専門業者でOKな理由とは?

タマホームに外壁塗装をお願いしなくて大丈夫?塗装専門業者でOKな理由とは?

ハッピーライフでお馴染み!タマホームとは?

タマホームは、日本全国に展開するハウスメーカーです。1998年に設立されたタマホームは「良質な住宅を安価で提供する」ことに力を入れており、多くの顧客から支持を得ています。全国に数多くのモデルハウスや営業所を持ち、広範なネットワークを活かして、地域ごとのニーズに応じた住宅を提供しているのが強みです。

タマホームの住宅は、デザイン性と機能性を兼ね備えたものが多く、外観や内装にこだわりを持っています。そのため、外壁塗装を依頼する際はタマホームについて熟知している塗装専門業者に頼んだ方が良いでしょう。

外壁塗装のみであれば、ハウスメーカーでなくても塗装専門業者のみの対応で十分だからです。外壁塗装は、すべて塗装専門業者に任せている方もいます。

塗装専門業者は、さまざまな住宅の外壁塗装を行ってきた実績があるため、状況に応じて塗装の仕方を変えることが可能です。外壁塗装を中心に活動してきたプロフェッショナルであるため、安心して任せられるでしょう。

また、ハウスメーカーと比べて施工費用の相場が安いのも強みです。理由は、作業形態の違いにあります。ハウスメーカーは、仲介業者を通じて外壁塗装を行うことが多いため、施工費用とは別に作業委託料がかかります。

しかし、塗装専門業者の場合、自社で作業を完結させることが多いため作業委託料はかかりません。結果、塗装専門業者に任せた方が安く済むのです。

タマホームの外壁塗装が得意な塗装専門業者もいれば苦手な塗装専門業者もいる

タマホームの外壁塗装が得意な塗装専門業者もいれば苦手な塗装専門業者もいる

塗装専門業者の中には、タマホームの外壁塗装を得意とする業者もいれば、苦手な業者もいます。得意な塗装専門業者を見つける際は、次のようなポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • タマホーム施工の外壁塗装をしたことがある
  • 職人が複数人在籍している
  • お客様からお褒めの声がある

タマホーム施工の外壁塗装をしたことがある

過去にタマホームの住宅の外壁塗装を手掛けた経験があるか確認しましょう。実績がある業者であれば、タマホームの住宅特有のデザインや構造を理解しているため、安心して依頼できます。

経験豊富な業者は、適切な塗料の選定や塗装方法を熟知しており、高品質な仕上がりを期待できます。また、タマホームの住宅特有の問題点や注意点を把握しているため、施工中や施工後に発生する可能性のあるトラブルを未然に防ぐことが可能です。

職人が複数人在籍している

職人が複数人在籍していれば、万が一、職人が体調不良で休んだ場合でも、他の職人がカバーできるため、作業が遅れる心配はありません。しかも大規模な工事や短期間での施工が求められる場合、複数の職人がいれば作業分担しながら作業できるため、スムーズに進んでいきます。結果、外壁塗装の効率化となり工期の短縮が期待できるでしょう。

さらに、複数の職人がいれば各自の専門分野や得意分野を活かした作業分担ができるため、施工のクオリティがアップします。人員がいれば、万が一作業中にトラブルが発生しても柔軟に対応できるため、安心して依頼できます。

お客様からお褒めの声がある

実際に施工を依頼したお客様からのお褒めの声や口コミも重要な判断材料です。過去の顧客の満足度が高い業者は、品質やサービス面でも信頼できることが多いと言えます。口コミサイトや業者のウェブサイトで評判を確認しましょう。

具体的な評価ポイントとして、施工の仕上がり、職人の対応、アフターサービスなどがあります。たとえば「塗装の仕上がりが非常に綺麗で満足しています」「施工後のアフターケアも充実していて安心です」といった声が多い業者は、お客様から信頼されている可能性が高いと判断できるでしょう。

外壁塗装をイメージ通りに仕上げてもらいたい!何に気を付けると良い?

外壁塗装をイメージ通りに仕上げてもらいたい!何に気を付けると良い?

外壁塗装をイメージ通りに仕上げてもらうためには、3つのポイントを抑える必要があります。

  • どのように完成させてほしいか具体的に伝える
  • 塗装専門業者とコマメに擦り合わせをしておく
  • イメージ通りにできないと言われた場合は代替案を提示してもらう

内容を詳しく見てみましょう。

どのように完成させてほしいか具体的に伝える

完成イメージを具体的に伝えることで、ミスマッチを防げます。色であれば、色見本やカラーサンプルを使用して、具体的な色を伝えると良いでしょう。

また、質感(マット、光沢、テクスチャーなど)についても具体的な説明が大事です。たとえば「青い色が好きです」ではなく、「この青色は、深みのあるマットな質感で、落ち着いた印象を与える感じにしてほしいです」と説明すれば、塗装専門業者にわかりやすく伝わります。

その他に、サンプルやイメージ写真を用意するのも効果的です。インターネットや雑誌で見つけた写真を見せると、塗装専門業者は正確にお客様の希望を理解できます。

塗装専門業者とコマメに擦り合わせをしておく

施工中も塗装専門業者とコマメにコミュニケーションをとることが大切です。進捗状況を確認し、疑問点や変更点があった際は、すぐに伝えることでイメージ通りの仕上がりを確保しやすくなります。

電話、メール、メッセージアプリなど、様々なコミュニケーションツールを活用して、こまめに連絡を取り合うことが効果的です。ビデオ通話で状況を確認できる状況であれば、現場の様子を見に行けない場合でも作業内容を確認できます。

イメージ通りにできないと言われた場合は代替案を提示してもらう

業者からイメージ通りにできないと言われた場合は、代替案がないか聞きましょう。プロフェッショナルの視点から、別の方法や色合い、素材を提案してもらえば、イメージしていたよりも高品質の仕上がりになるかもしれません。

塗装専門業者は、豊富な経験と知識を持っているため、あなたの希望を元に代替案を提案することが可能です。塗料が建物の構造に適していない場合であれば、似たような仕上がりを持つ別の塗料を提案してくれるでしょう。塗装専門業者のアドバイスを受け入れた結果、想定以上の出来栄えになるケースもあるため、プロの意見に耳を傾けることは大事です。

▼合わせて読みたい▼

豊橋市の住まいを塗り替えで新しく!地域に密着した塗装業者の選び方と最新トレンド

タマホームの外壁塗装は実績のあるカトペンまでご相談ください!

タマホームの外壁塗装は実績のあるカトペンまでご相談ください!

タマホームの外壁塗装に関するご相談は、株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店までお気軽にお寄せください。カトペンでは、タマホームの住宅に特化した専門知識と経験を持つ名工やスタッフが多数在籍しており、お客様のニーズに合わせた最適なプランを提案いたします。

カトペンの強みは、豊富な実績と高い技術力です。タマホームの住宅における外壁塗装の施工例も多数あり、多くのお客様から高い評価をいただいております。もちろん、色選びやデザインについてもアドバイスすることが可能です。

さらに、当店では、遮熱塗料で高い評価を得ている「アステックペイント」の塗料を使用しています。アステックペイントは、他の塗料と比べて耐久性が高く、塗り替え回数を減らしたい方にもおすすめです。スタッフがわかりやすくフレンドリーにお話ししますので、タマホーム施工の外壁塗装をお考えの方はお気軽にご相談ください。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店 外壁塗装について

DATE 2024年6月9日(日)

サーラで使われる外壁材とは?塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いも紹介

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

「サーラ」は、快適な住み心地と耐久性に特化した家づくりを行っているハウスメーカーです。愛知県内7か所、静岡県内1か所に総合展示場を設けており、住宅の技術や基本性能をわかりやすく紹介しています。

しかし、さまざまな場所に総合展示場を設けているハウスメーカーの住宅でも、定期的に外壁を塗装しないと建物は劣化します。したがって、長く住み続ける上で外壁塗装は欠かせません。

もしかすると、

ハウスメーカーに外壁塗装の相談をしないと!

と思った人もいるでしょう。

しかし、少しお待ちください!

ハウスメーカーではなく、塗装専門業者に任せた方が良いかもしれません。

なぜなら、ハウスメーカーと比べて塗料の種類が多いからです。塗装専門業者の場合、ハウスメーカーでは取り扱っていない高品質の塗料を使用できます。しかも、ハウスメーカーで扱う塗料と似た性質のものを安く提供できるため、施工費用を抑えることも可能です。

そこで今回のお役立ちコラムでは、サーラの住宅で使用されている外壁材を紹介しながら、外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いをお話ししていきます。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

サーラの特徴

サーラの特徴

はじめに、ハウスメーカー「サーラ」の特徴を見てみましょう。

サーラは顧客のニーズに応えるため、注文住宅・分譲住宅・土地・リフォーム・資産活用まで、住まいに関するサービスをワンストップで提供しているのが特徴です。

サーラのこだわりは、地域社会との調和を重視した家づくりにあります。100年以上の歴史を持つサーラグループの一員として、地域と共に成長し、地域と共に歩む企業理念を持っています。「お客さま主義、住み心地主義、調和主義」の理念のもと、地域社会や自然環境と調和する理想の住まいを実現しています​​。

また、サーラでは一泊二日で住み心地を体感できる「お泊まりハウス」も提供していますので、購入前にサーラの住宅で模擬生活を送ることが可能です。以上のことよりサーラは、お客さまの視点に寄り添いながらサービスを展開しているハウスメーカーだと言えます。

サーラでは外壁に窯業系サイディングが使われている

サーラでは外壁に窯業系サイディングが使われている

窯業系サイディングとは、セメントや粘土などの素材を主成分として製造された外壁です。防火性や施工のしやすさから、多くの住宅に用いられています。

主なメリットとして、コストパフォーマンスの良さやデザインの多様性が挙げられます。価格帯は1㎡あたり3,000円から10,000円程度と比較的低価格です。レンガ調から木目調など多岐にわたるため、さまざまなデザインの住宅に対応できます。

さらに、メンテナンスがしやすい点も魅力の一つです。耐用年数は20~30年で、適切なメンテナンスを行えば長期間にわたって性能を保てます。

一方、デメリットは熱が蓄積しやすく、夏場に外壁が高温になる恐れがあることです。内部に熱が伝わってしまい、冷房効率低下のリスクがあります。

また、湿度が高い環境に建っている場合、シロアリが発生しやすいのもデメリットです。シロアリは湿った木材を好みます。湿度の高い場所だとサイディングの裏側が湿りやすくなるため、シロアリの被害に悩まされる可能性が高くなるでしょう。

窯業系サイディングは必ず経年劣化が起きる

窯業系サイディングは時間が経つと、必ず劣化が起こります。窯業系サイディング材のおもな劣化内容は以下が挙げられます。

  • サイディング材をつなぐシーリング材が劣化する
  • チョーキングが発生する
  • サイディング材の反り・浮き・ヒビ割れが発生する
  • サイディング材の表面にカビ・汚れ・変色が発生する
  • 凍害でサイディング材が割れる

それぞれをくわしくお話ししていきます。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状①シーリング材の劣化

サイディングボード同士を繋ぎ合わせるシーリング材が劣化し、雨漏りを招く恐れがあります。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状②チョーキング

塗膜が劣化して粉状になり、最終的に塗膜が剥がれてしまう現象​​です。保護層の剥がれにつながるでしょう。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状③反り・浮き・ヒビ割れ

サイディングボードの反りや浮き、ヒビ割れが発生し、建物を支えきれなくなる恐れがあります。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状④カビ・汚れ・変色

外壁のカビや汚れが蓄積し、見た目が悪くなってしまうでしょう。

窯業系サイディング材のおもな劣化症状⑤凍害

水分が凍結し膨張することでサイディングボードが割れる現象​​です。

窯業系サイディング外壁が劣化した場合の対処法

劣化した場合の対策として、適切なメンテナンスや必要に応じた補修・張り替えが重要です。耐用年数は約20~30年とされていますが、使用している塗料によって、メンテナンスの周期は異なります。

メンテナンスや補修において、初期のコストを抑えることも大切かもしれません。しかし、耐用年数が長い塗料を選択すればランニングコストを抑えられるため、一概に安い塗料を選んだ方が良いとは言えないでしょう。

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いは?

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いは?

外壁塗装時のハウスメーカーと塗装専門業者の違いを、項目ごとに見てみましょう。

①トータルの支払費用

トータルの支払費用は塗装専門業者の方が安く済みます。理由は、外壁塗装の流れにあります。

ハウスメーカーは受注後、基本的に下請け業者に作業を依頼するため、施工主は中間マージンの負担をしなくてはいけません。一方、塗装専門業者は基本的に下請け業者へ作業を依頼しないため、中間マージンは0です。したがって、塗装専門業者に依頼した方が安いのです。

なお、ハウスメーカーに依頼した場合、塗装専門業者への依頼と比べて支払費用が20~50%高くなると思った方が良いでしょう。

②塗料の種類

塗料の種類は、塗装専門業者の方が多いです。ハウスメーカーでは、社内規定によって取り扱えるブランドの塗料が決まっているため、種類が限られます。

しかし、塗装専門業者の場合、ハウスメーカーと比べて規定が緩く、さまざまなブランドの塗料を扱っています。選択肢が多い分、理想とするデザインの外壁塗装を叶えやすくなるでしょう。

外壁塗装時の塗装専門業者の対応

外壁塗装時の塗装専門業者の対応は、以下の流れで進みます。塗装期間は天候や住宅の状況によって異なりますが、今回は外壁塗装の期間を10日と仮定して、一般的な流れを紹介します。

①ご挨拶・塗装準備(1日)

工事の開始前に、近隣住民への挨拶回りを行い、工事の実施を知らせます。塗料の飛散や塗料特有の臭いによるトラブルを防ぐことが可能です。

②足場の設置(1日)

安全かつ効率的に塗装作業を行うため、足場を設置します。足場の崩落を避けるために、専門の技術と設備が必要です。

③塗装前の洗浄(1〜3日)

高圧洗浄によって、外壁の汚れや古い塗膜の粉を落とします。汚れが落ちない場合は、バイオ洗浄を使用して洗い流します。

④塗装工程(計5日)

塗装工程を細かく分けると、以下の作業にわかれます。

・養生

養生とは、塗装作業において塗料の飛散を防いだり、不要な場所に塗料がつかないように保護したりする工程です。窓や扉、庭の植物など塗装しない部分をマスキングテープや養生シートで覆います。

塗装範囲を明確にすることで、作業の効率化と仕上がりの品質向上を実現させます。

・下塗り

塗料の密着を良くするため、下塗り作業を行います。外壁に仕上げの塗料を接着させて、塗料の剥がれを防ぐ効果が期待できるでしょう。

・中塗り

中塗りとは、下塗りした塗料の上から再度塗料を塗ることです。塗膜の厚みを確保し、耐久性を高めるために行います。ただし、塗料によっては中塗りを省略するケースもあります。

・上塗り

上塗りとは塗装の最終工程で、中塗り(もしくは下塗り)の上に塗料を塗ることです。塗料の性能を最大限に発揮させる上で重要です。雨水をはじき、建物を保護する効果が期待できます。

⑤点検と手直し

塗装の仕上がりをチェックし、必要に応じて手直しを行います。

⑥片づけと足場の解体・撤去

すべての作業が終わったら、足場を解体し、作業場所をきれいに片付けます。⑥が終わったら、外壁塗装は完了です。

サーラの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

サーラの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店では、サーラの外壁塗装経験を持っています。外壁塗装の場数を積んできた名工が在籍していますので、安心してお任せください。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したサーラ施工のお住まいの事例

しかも当店は、アステックペイントの認定店であるため、他社と比べて長い期間塗装効果が持続する塗料を多数扱っています。さまざまな用途の塗料を扱っていますので、オリジナル性を出したい人にもピッタリです。

さらに、外壁塗装診断士や雨漏り診断士の資格を保有するスタッフが外壁の状況を調査しますので、細かい劣化も見逃さないように調べることが可能です。

外壁塗装を利用した地域の方々からも、喜びの声を多数いただいております。フレンドリーなスタッフが真摯にお答えしますので、外壁に関する相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店 劣化症状について 費用について

DATE 2024年6月9日(日)

岡田建設で使われている外壁材と劣化内容を外壁塗装業者がくわしく解説!お得なのはドッチ!?

外壁塗装・屋根塗装はカトペンへ!

お役立ちコラムをご覧いただきありがとうございます。

豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

岡田建設は愛知県豊川市に構えているハウスメーカーです。パシフィックホームとして新築分譲住宅、注文住宅を展開しています。病院や銀行などの施工にも携わっており、住宅事業の他に建築や土木なども取り扱っています。

大雨時に交通規制や道路の巡視など安全確保のための取り組みを行ったこともあり、名古屋国道事務所から感謝状をいただいたこともあるようです。

ただ、地域から信頼されているハウスメーカーが建てた住宅だとしても、外壁の手入れを行わなければ、家は劣化する一方です。住宅の劣化を遅らせたいのであれば、外壁塗装は必須だと言えます。

外壁塗装が必須だと言われて、ハウスメーカーへの依頼を考えた人もいるのではないでしょうか?

しかし、少しお待ちください!

外壁塗装の施工費用を抑えたいのであれば、塗装専門業者に依頼した方が良いです。費用が安くなる理由は、作業の流れにあります。

ハウスメーカーの場合、外壁塗装の依頼を受けた後、別の業者に委託されます。委託料として、中間マージンが施工費用に上乗せされるため、トータルの費用は高くなってしまうのです。

一方、塗装専門業者の場合は、別の業者へ委託せず自社で直接作業するため、中間マージンは発生しません。結果、同じ作業でもトータルの費用が安くなるのです。

そこで今回は、岡田建設で使用している外壁材や劣化内容をご紹介しながら、塗装専門業者の外壁塗装の流れをお話しします。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設施工のお住まいの事例

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

岡田建設の特徴

岡田建設の特徴

はじめに、ハウスメーカーとしての「岡田建設」の特徴を見てみましょう。特徴は以下の通りです。

岡田建設の特徴①地域密着の企業

地域のニーズや特性に合わせた建築プロジェクトを展開しています。地域の発展と住民の生活向上に貢献することを重視しているのが強みです。

岡田建設の特徴②豊富な経験と実績

岡田建設は長年にわたり建設業界で活動しています。豊富な経験と実績を持っているため、高品質な建物の建設やプロジェクトの遂行が可能です。

岡田建設の特徴③技術力の向上

岡田建設は常に最新の建築技術や施工方法を取り入れ、技術力の向上に努めています。効率的かつ高品質な建築を提供しているのが特徴です。

岡田建設の特徴④顧客満足度の追求

岡田建設は顧客満足度の向上に努めており、顧客のニーズや要望を丁寧に聞き入れ、最良のソリューションを提供します。建物完成後もアフターサービスを充実させ、顧客との信頼関係を築くことに力を入れています。

岡田建設の特徴⑤地球環境への配慮

地球環境への配慮を大切にし、省エネルギーや再生可能エネルギーの活用、環境負荷の低減など、持続可能な建築を推進しているのも特徴です。

岡田建設で使われている外壁材はサイディング

岡田建設で使われている外壁材はサイディング

サイディングとは、建物の外壁に使用される材料の一種で、保護や美観を目的としています。耐久性があり、メンテナンスが容易です。しかも天然素材から合成素材まで幅広い種類の中から選択できるため、用途や予算に応じて選べます。

なお、サイディングの主な種類は以下の通りです。

  • 窯業系サイディング
  • 金属系サイディング
  • 木質系サイディング
  • 樹脂系サイディング

それぞれの特徴を簡単にお話ししていきますね。

①窯業系サイディング

セメントや粘土などを原料とし、耐火性や耐久性に優れています。重量があるため、取り扱いに注意が必要です。

②金属系サイディング

アルミニウムや鋼などの金属製で、サイディングの中では軽量でありながら、強度が高いです。さまざまな色や形状が可能で、現代的なデザインに適しています。

③木質系サイディング

天然木や木質繊維を利用したサイディングで、自然な風合いが特徴です。温かみのある外観を実現したい人に向いているでしょう。

④樹脂系サイディング

ビニール樹脂などの合成樹脂を用いたサイディングで、軽量で施工しやすいです。多様なデザインや色があり、数あるサイディングの中でもメンテナンスの手間がかかりません。

サイディングのメリットとデメリット、劣化内容は?

耐久性や保護機能の向上、デザインや色の選択肢が豊富であることが、サイディングのメリットです。

一方、デメリットは材質によっては頻繁にメンテナンスが必要になったり、補修費用が高くなったりすることです。サイディングの素材によっては、建物を維持するためのランニングコストが上がるかもしれません。

なお、サイディングのおもな劣化症状は以下の通りです。

  • 色あせ
  • 割れやひび割れ
  • サイディングの剥がれ
  • カビや藻
  • チョーキング
  • シーリングの劣化
  • 熱による変形や歪み

サイディングの劣化症状①色あせ

直射日光や紫外線による影響で、サイディングの色が薄くなる現象です。

サイディングの劣化症状②割れやひび割れ

物理的な衝撃や温度変化によってサイディングに亀裂が生じます。

サイディングの劣化症状③サイディングの剥がれ

水分がサイディングの接合部分に浸透するため起こります。サイディングが外壁から剥がれると、落下してケガをしてしまうかもしれません。

サイディングの劣化症状④カビや藻

高湿度だと発生しやすくなります。外壁が汚く見えて、見栄えが悪くなるでしょう。

サイディングの劣化症状⑤チョーキング

塗料の劣化により、サイディング表面が粉を吹くことです。カビや藻と同様に、見た目が悪くなるでしょう。

サイディングの劣化症状⑥シーリングの劣化

防水性を担うシーリング材が、硬化や割れを起こす症状もあります。放置すると黒ずんだり、水が入り込む原因になるでしょう。

サイディングの劣化症状⑦熱による変形や歪み

高温によりサイディングが変形したり、歪んだりするケースもあります。サイディングの効果が落ちるため、早急に対応した方が良いでしょう。

サイディングの劣化を放置するとどうなる?

サイディングの劣化を放置すると、建物の外壁から水分が侵入し、構造体の腐食やカビ、害虫の発生リスクが高まります。修理費用の増加や建物の耐久性低下に繋がり、安全性への懸念が生じるでしょう。

また、外観の悪化により不動産価値が下がる可能性もあります。早期の修復や適切なメンテナンスが、長期的に見てコスト削減にも繋がり、建物を守る上で重要です。

塗装専門業者はサイディングが劣化した際、どんな流れで対応するの?

塗装専門業者はサイディングが劣化した際、どんな流れで対応するの?

外壁が劣化した際の塗装専門業者の対応として、最初に行うのが外壁の状況確認です。劣化の程度や原因を特定し、その後、外壁塗装の進め方やトータルの費用などについて塗装専門業者が提案します。

なお、外壁塗装時に重要なのが塗料選びです。サイディングの塗装に適した塗料としては、耐候性が高く、外壁の素材にしっかりと密着する性質のものが良いでしょう。紫外線や雨水に強く、色あせや塗装が剥がれにくいようにする塗料が該当します。

また、サイディング下の湿気を外に逃がせる成分が含まれている塗料を使うと、尚良しです。

たしかに、塗料の費用を抑えることは大切です。しかし、住宅の材質に合わない塗料を使うと、住宅の劣化スピードが速まるため、次回のメンテナンス時に余計な費用が発生するかもしれません。無駄な費用を支払わないためにも、塗料を決める際は建物の材質と相性が良い塗料か気にしながら決めた方が良いでしょう。

塗装専門業者の進め方に同意したら、作業が始まります。養生や下地処理、必要に応じた補修作業を行った後に、外壁を塗装するという流れが一般的です。外壁塗装が完了したら、クライアントと一緒に仕上がりを確認し、問題がなければ作業完了です。

ブリックタイルのメンテナンス方法と塗装の必要性について

ブリックタイルのメンテナンス方法と塗装の必要性について

レンガ調のサイディング材=ブリックタイルは岡田建設が施工するお住まいでは比較的多く見られる意匠性サイディング材です。

本物のレンガではなく、レンガの模様が施されたサイディング材の一種で、本物のレンガよりも軽量で施工しやすく、コストも抑えられるというメリットがある一方で、経年劣化によってさまざまな問題が発生する可能性があります。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設「ブリックタイル」材の施工事例

ブリックタイルが劣化した場合の対処法

ブリックタイルは一般的な窯業サイディング材と異なり、破損や落下した場合には『全面張替え工事』もしくは『部分補修工事』が必要になります。

ブリックタイルが劣化した場合の対処法①|全面張替え

レンガ調のサイディング材は重量があるため、劣化によってレンガが落下するリスクがあります。一部分だけ劣化した場合でも、時間の経過とともに次々と落下する可能性が高くなります。そうなると、部分補修だけでは対応できず、全面張替えが必要になります。全面張替えといっても、ツートンデザインの場合はサイディング面のみの張り替えになるため、費用感は外壁全面を張り替えるよりも安くなります。

ブリックタイルが劣化した場合の対処法②|部分補修

岡田建設に依頼した場合、サイディング材の在庫が残っていれば同じもので張り替えができる可能性が高いです。しかし、多数のパターンのサイディング材を在庫として抱えている可能性は低いため、再度作成する必要があるかもしれません。そうなると部分張替えなのにかかわらず費用が高くなり、工期も伸びやすくなります。費用と工期を抑えたい場合は、岡田建設を通さずに塗装業者に直接依頼し、意匠性の高いサイディング材への張り替え工事を検討する方が良いでしょう。

ブリックタイルのメンテナンス方法について

ブリックタイル外壁は意匠性が高く、多くのオーナー様に好まれている人気のデザインサイディング材です。できれば長年に渡ってその美しさを維持したいですよね。経年劣化という抗えない劣化要因から美しさを維持するためにできることは限られています。

塗装業者目線で考えた場合、以下の2つが挙げられます。

  • クリア塗装でバリアを張ること
  • 高圧洗浄で外壁材表面の汚れを洗い流すこと

クリア塗装でバリアを張ること

意匠性をそのまま活かすために、ブリックタイルの上からクリア塗装をするのがおすすめです。耐候性の高いクリア塗料を使うことで、紫外線によるダメージを軽減できます。また、サイディング材表面にしっかりと密着する塗料を使うことで、塗りムラも発生しにくくなります。

高圧洗浄で外壁材表面の汚れを洗い流すこと(ただしDIYは危険)

ブリックタイル表面についた汚れを落とすことも、紫外線から外壁を守るために必要です。しかし、市販の高圧洗浄機などで外壁を洗う場合、劣化した部分に水をかけると、水圧によって美しいブリックタイルが剥がれてしまう可能性があります。事前に無料の劣化診断を受けた上でDIYによる洗浄をするか、専門業者に依頼するかを判断した方が良いでしょう。

ブリックタイルを塗り替える必要はある?

ブリックタイルは、新築時は美しい外観を誇りますが、時間の経過とともに色あせや汚れが目立つようになります。定期的なメンテナンスを行わないと、美観が損なわれるだけでなく、サイディング材の劣化を早める原因にもなります。

塗装を行うことで、以下のメリットがあります。

  • 美観の向上:色あせや汚れをカバーし、新築時の美しい外観を取り戻せます。
  • 耐久性の向上:塗料が紫外線や雨風からブリックタイルの表面を保護し、劣化を遅らせられます。
  • 防水性の向上:塗料がブリックタイルの表面を覆うことで、水の浸入を防ぎ、建物の寿命を延ばせるでしょう。

塗装は、建物の美観を維持し、寿命を延ばすための重要なメンテナンスです。定期的な塗装を行うことで、建物を長く美しく保つことができるのです。

岡田建設の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

岡田建設の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店は、岡田建設施工の外壁において塗装経験を持つ「塗装専門業者」です。フレンドリーなスタッフもいますので、外壁に関するご質問を気軽にしていただけます。もちろん、外壁塗装の場数を積んだ名工も在籍していますので、出来栄えにも自信があります。

▼合わせてチェック!▼

カトペンで施工した岡田建設施工のお住まいの事例

実際に外壁塗装をご依頼いただいた方からも、喜びの声をいただいておりますので、安心して任せていただけると幸いです。当店には外壁塗装診断士と雨漏り診断士の資格を持つスタッフも在籍しています。よって、外壁の現状をしっかりと確認した上で、適切な外壁塗装の方法をご提案することが可能です。

さらに当店は、遮熱塗料5年連続シェアナンバーワン(2024年時点)の塗料メーカー「アステックペイント」の認定店です。同業他社と比べて持続性の長い塗料を使って塗装しますので、外壁塗装後の持ちが気になる人にも向いています。

外壁に関するご相談、疑問にも真摯に対応いたしますので、少しでも外壁で気になることがございましたら、お声掛けいただけると嬉しいです。

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識 地域情報 豊川市 豊橋市 塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店 費用について

DATE 2024年4月19日(金)

富士ハウスで使用されている外壁の種類、劣化時の塗装専門業者の作業内容とは

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

ハウスメーカー「富士ハウス」から住宅を購入した人もいると思います。富士ハウスが現在も存続していれば、外壁塗装を頼むことは可能です。しかし、2009年に倒産したため富士ハウスへの外壁塗装依頼はできません。

富士ハウスが倒産した今、外壁塗装をどこに依頼すれば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

その場合は、塗装専門業者への依頼がおすすめです。

塗装専門業者とは、その名の通り塗装を中心に請け負っている業者のことです。

外壁塗装の場数を多く積んでいますので、安心して依頼できます。とは言っても、塗装専門業者ってどのような作業をしてくれるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回のお役立ちコラムでは、富士ハウスの住宅に用いられている外壁材を紹介しつつ、その外壁材が劣化した際に、塗装専門業者がどのように対応するかについてお話しします。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したフジハウス施工のお住まいの事例

富士ハウスとは?

富士ハウスとは?

富士ハウスは1971年に設立された静岡県浜松市に本社を置く木造住宅の注文建築業者でした。関東、東海、近畿地方を中心に事業を展開し、ピーク時は140以上の住宅展示場を構えていたようです。

しかし経営困難に直面し、350億円以上の負債を抱え倒産します。業界に大きな影響を及ぼし、建築途中の住宅や未着工の物件について引渡しが不可能になるなど、多くの注文主が困った出来事になりました。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

富士ハウスの建物で使われている外壁材の特徴

富士ハウスの建物で使われている外壁の種類

富士ハウスの建物で使われているおもな外壁の種類は以下の2つです。

  • 意匠サイディング
  • リシン吹き付け

それぞれの特徴についてお話ししていきたいと思います。

富士ハウスの外壁材①|意匠サイディングの特徴

意匠サイディングは、建築物の外装に用いられる装飾的な外壁材です。外観を美しく見せるために設計されており、さまざまな色、形状、質感があります。石・木材・レンガなど、自然素材を模倣したものから、現代的なデザインをモチーフにしたものまでさまざまです。

富士ハウスの外壁材②|リシン吹き付けの特徴

リシン吹き付けは、建物の外壁や内壁にテクスチャーを施す仕上げ方法の一つです。

リシン(mortar)と呼ばれる特殊な塗料やモルタルを壁面に吹き付けます。リシンはセメントをベースにした素材で、耐久性と防水性に優れているため、外壁材としてだけでなく、浴室などの内装にも使用されているのを見たことがあるでしょう。

美観的には吹き付けることで独特の質感や模様が生まれ、建物に個性的な外観を与えられます。

富士ハウスの外壁材の欠点

意匠サイディングとリシン吹き付けは、富士ハウス施工のお住まいのほとんどに使われている外壁材です。両方とも「美観」や「耐久性」など、外壁材に求められる基本的な性能があるものの、その機能性の持続時間には限りがあるものです。

時間が経つことで起こる「経年劣化」や「塗膜劣化」、「表面の劣化」がそれにあたります。この章では「意匠サイディング」と「リシン吹き付け」の欠点と、それぞれの外壁材で多く見られる劣化内容についてお話ししていきたいと思います。

富士ハウスの外壁材①|意匠サイディングの欠点

意匠サイディングは、美観と機能性を兼ね備えた外壁材料ですが、欠点もあります。主な欠点は以下の3つが挙げられます。

  • 耐久性が低い
  • 修理の難易度が高い
  • 環境への悪影響

 

意匠サイディングの欠点①耐久性が低い

見た目を優先して選ばれる意匠サイディングは、必ずしも最も耐久性のある材料で作られているわけではありません。自然素材を模倣した製品は、本物の素材ほどの耐候性や耐久性を持たない場合があります。

意匠サイディングの欠点②修理の難易度が高い

独特のデザインやパターンを持つ意匠サイディングは、損傷した場合に同じ材料やデザインで修理することが難しいです。廃盤になった製品や特注のデザインは、修理や交換が困難でしょう。

意匠サイディングの欠点③環境への悪影響

意匠サイディングの製造には、化学物質やエネルギーが多く消費されるため、環境に対する影響が懸念されるかもしれません。また、自然素材を模倣したプラスチック製のサイディングは、分解性がないためリサイクルは難しいでしょう。

富士ハウスの外壁材②|リシン吹き付けの欠点

リシン吹き付けは多くの利点があるものの、欠点も存在します。リシン吹き付けの主な欠点は以下の2点です。

  • 専門的な施工が必要
  • 乾燥時間

リシン吹き付けの欠点①|専門的な施工が必要

リシン吹き付けは専門的な技術と機材を必要とするため、熟練した職人や業者を見つける必要があります。コストの増加や適切な施工業者の選定に時間を要するかもしれません。

リシン吹き付けの欠点②|乾燥時間

リシンを吹き付けてから、乾燥するまでに時間がかかるため、工事全体のスケジュールに影響を与えるかもしれません。湿度が高い環境では、乾燥にさらに時間が必要です。

富士ハウスの外壁材で多く見られる劣化内容

「意匠サイディング」と「リシン吹き付け」には特徴的な欠点が存在します。特徴的な欠点は多くのお住まいで見られる「共通の劣化」を引き起こしているのです。。この章では富士ハウスの外壁材で多く見られる劣化内容についてお話ししていきたいと思います。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装のタイミングを知るためのサインとは?|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

意匠サイディングで多く見られる劣化症状

意匠サイディングの劣化内容は以下の通りです。

  • ひび割れ・剥がれ
  • 変形・歪み
  • カビ・藻の発生
  • 腐食
  • 汚れの蓄積

意匠サイディングで多く見られる劣化症状①|ひび割れ・剥がれ

温度変化による収縮と膨張、物理的な衝撃が起こると、サイディングにひび割れや剥がれが生じます。水分が内部に侵入する原因となり、さらなる劣化を招くかもしれません。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状②|変形・歪み

意匠サイディングは、熱や湿度の変化によって変形や歪みが生じます。とくに、プラスチックやビニール素材のサイディングは、高温下での変形が見られやすいです。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状③|カビ・藻の発生

湿度が高い環境では、サイディングの表面や隙間にカビや藻が生育しやすくなります。見た目だけでなく、サイディングの材質を劣化させる原因ともなり得ます。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状④|腐食

金属製の意匠サイディングは、錆びや腐食の影響を受けやすいです。海岸近くなどの塩分濃度が高い環境では、劣化が早まります。

意匠サイディングで多く見られる劣化症状⑤|汚れの蓄積

雨水や風による汚れがサイディングの表面に蓄積しやすく、中でも凹凸があるデザインの場合、汚れが落ちづらいです。長期間、汚れを放置するとサイディングの外観が損なわれるだけでなく、素材自体の劣化を早めることになるかもしれません。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状

②リシン吹き付け

リシン吹き付けは耐久性が高い壁面仕上げ方法です。しかし、時間の経過と共に劣化します。劣化内容は以下の3点が挙げられます。

  • 剥離・剥がれ
  • カビや藻の成長
  • 汚れの蓄積

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状①|剥離・剥がれ

リシンが基材に適切に密着していない場合、剥離や剥がれの危険性があります。これは、下地処理の不備や、適切でない施工方法によることが多いです。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状②|カビや藻の成長

湿度が高い環境では、リシンの表面や隙間にカビや藻が発生して成長することがあります。これらは見た目だけでなく、構造の耐久性を損なう危険性があるため要注意です。

リシン吹き付けで多く見られる劣化症状③|汚れの蓄積

風雨による汚れや、大気汚染物質がリシン表面に蓄積することがあります。とくに、都市部や交通量が多い地域では、汚れが溜まりやすいです。

富士ハウス施工の外壁材の塗り替えにおける塗装専門店の具体的な作業内容

意匠サイディングとリシン吹き付けは、一般的なサイディング材、モルタル外壁とは塗り替え方法や補修方法が異なります。この章では、意匠サイディングとリシン吹き付けの具体的な作業内容についてお話ししていきたいと思います。

意匠サイディングの外壁塗装における塗装専門業者の作業内容

意匠サイディングの外壁塗装プロジェクトにおける塗装専門業者の作業内容は、高品質な仕上がりを確保し、建物を保護するために非常に重要です。作業は大まかに下記のステップに分けられます。

意匠サイディングの作業内容①|下準備

下準備の作業内容は以下の通りです。

・清掃

高圧洗浄機を使用して、サイディングの表面の汚れ、カビ、藻などを徹底的に洗浄します。塗料の密着を良くする上で大事です。

・補修作業

ひび割れや穴、その他の損傷を修復します。必要に応じて、サイディングの一部を交換することもあります。

意匠サイディングの作業内容②|下地処理

下地処理の作業内容は以下の通りです。

・下地調整

塗装面を滑らかにし、塗料の密着を向上させるために、サンディング(研磨)作業を行います。

・プライマー塗布

下地材を塗布して、塗装面を均一にし、塗料の吸収を抑え、密着性を向上させます。場合によっては、追加で防水や防錆処理を施します。

意匠サイディングの作業内容③|塗装

塗装の作業内容は以下の通りです。

・塗料選定

サイディングの材質、建物の地理的環境、オーナーの希望などに基づいて、最適な塗料を選定します。

・塗装作業

選定された塗料を使用して、基本的にはローラーやブラシ、スプレーガンを使って塗装します。塗装は通常、数層にわたって施されます。したがって、各層にわたり乾燥時間を確保するのが一般的です。

意匠サイディングの作業内容④|仕上げと検査

仕上げと検査の作業内容は以下の通りです。

・最終検査

塗装が完了した後、全体的な仕上がりを検査します。ムラや漏れがないか、細部まで丁寧にチェックします。

・清掃と復旧

塗装作業で使用した機材を撤去し、周囲の清掃を行います。必要に応じて、保護していた窓や扉などの養生を取り除きます。

リシン吹き付けの外壁塗装における塗装専門業者の作業内容

リシン吹き付けの外壁塗装において塗装専門業者が行う作業は、建物の保護と美観の向上を目的としています。一般的な作業プロセスは以下の通りです。

リシン吹き付けの作業内容①|下準備

下準備には以下の作業が含まれます。

・点検と評価

塗装前に外壁の現状を詳細に調査し、リシンの劣化状態(ひび割れ、剥がれ、カビの発生など)を評価します。

・清掃

高圧洗浄機を使用して外壁の汚れや藻、カビを除去します。塗料の密着を向上させるために重要です。

・補修

ひび割れや剥がれている部分を適切な材料で修復します。大きな損傷には、より専門的な修理が必要になることがあります。

リシン吹き付けの作業内容②|下地処理

下地処理では、塗装の基となる下地を整えるため、プライマーを塗布します。塗料の密着性が向上し、耐久性のある仕上がりが得られます。

リシン吹き付けの作業内容③|塗装

塗装には以下の作業が含まれます。

・塗料の選定

リシン吹き付け外壁に適した塗料を選定します。リシンの質感や建物の立地条件、オーナーの希望に応じて、最適な塗料が選ばれます。

・吹き付け塗装

専用の機械を使用して塗料を吹き付けます。均一な厚みで塗布されるように、経験豊富な技術者が作業を行います。

・複数回の塗布

耐久性と美観を確保するため、通常、数回に分けて塗料を塗布します。各層を十分に乾燥させる上で必要です。

リシン吹き付けの作業内容④|仕上げと検査

仕上げと検査の詳細は、以下の通りです。

・細部の仕上げ

窓枠や扉周りなど、細部にも注意を払い、必要に応じて手作業での仕上げを行います。

・品質検査

塗装が完了した後、外壁全体の品質を検査し、均一な仕上がりと塗装の欠陥がないかを確認します。

富士ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

富士ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店はハウスメーカー施工のお住まいの外壁塗装経験が豊富な塗装専門店です。現場経験、技術力の高い名工や、雨漏り診断士や外壁塗装診断士といった劣化診断資格を持つスタッフもいますので、外壁を詳しく調べた上でクオリティの高い作業を実施できます。

さらに当社は、遮熱塗料シェアナンバーワンに輝いたこともある大手塗料メーカー「アステックペイント」の認定施工店でもあります。他社様よりも持続性のある塗料を使って外壁塗装することが可能です。外壁塗装後の効果をできるだけ長くしたい人にも最適です。

外壁塗装を利用した方からも、感謝の声をいただいております。選べる塗料の種類も多いため、お客様のご予算を伺いながら建物の材質に合う塗料を提案することが可能です。まずは、相談ベースでお尋ねいただければと思います。

あなたからのご相談、ご連絡をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年4月17日(水)

トヨタホームで使われている外壁材の種類と劣化内容・塗装専門業者の対応とは?

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

トヨタホームは、トヨタグループのハウスメーカーです。高品質の材料を住宅に使うことで、耐震性に優れた建物を提供しています。

しかし、高品質の材料が住宅に使われていても経年劣化は起こります。経年劣化を放置すると、耐震性の低下や住宅の老朽化につながるため、長期にわたり安全に住み続けるには定期的にリフォームが必要です。

中でも外壁は、建物の劣化度合いが決まる重要な箇所になるため、定期的に外壁塗装を行うことが大事だと言えるでしょう。外壁塗装の依頼先として、真っ先に思いつくのがハウスメーカーです。

しかし、少しお待ちください!

ハウスメーカーへの依頼を考えている方は、塗装専門業者に依頼すると良いかもしれません。理由は施工費用の安さです。

ハウスメーカーに依頼した場合、塗装は別の業者に委託されるため中間マージンが発生します。

一方、塗装専門業者に依頼すれば別の業者に委託しない分、中間マージンは発生しません。したがって、外壁塗装のみ依頼したい場合は塗装専門業者の方が安く済むのです。

そこで今回は、トヨタホームで使用されている主な外壁材を紹介しながら、劣化時の塗装専門業者の対応をお話ししていきます。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したトヨタホーム施工のお住まいの事例

トヨタホームの特徴

トヨタホームの特徴

外壁塗装に関する紹介の前に、ハウスメーカー「トヨタホーム」としての特徴について少しお話しします。トヨタホームの住宅は、トヨタの自動車製造で培われた品質管理のノウハウを生かした建築技術と、環境に配慮した持続可能な住宅を提供しているのが特徴です。

省エネルギー性能が高い家づくりを心がけており、太陽光発電システムや高断熱材の利用など、持続可能な住環境の実現にも努めています。

また、購入後のアフターサービスも充実しているのも特徴です。たとえば、入居者様が安心して住み続けられるように、「40年初期保証」や「60年長期保証」などを用意しています。

その他に定期的なメンテナンスサービスを通じて、住み心地の良さを長く保つことに貢献しているのも強みです。

しかし、長期保証付きの住宅でも定期的に外壁の手入れや補修をしないと、住宅の老朽スピードは速まります。したがって、定期的に外壁塗装を行うことが大事です。

トヨタホームで使われている外壁材の特徴

トヨタホームで使われている外壁材の種類

ここからは、トヨタホームで使われている代表的な次の2種類の外壁材についてお話ししていきたいと思います。

  • ニューセラミックウォール
  • ナノ親水タイル

それぞれの特徴を簡単にご紹介しましょう。

トヨタホームの主力外壁材|ニューセラミックウォールの特徴

ニューセラミックウォールとは、トヨタホーム独自で使われている外壁材です。セメント、砂、繊維資材などを原料として製造され、高温で焼成される「窯業系サイディング」に該当します。

耐候性に優れているほか、デザイン性も高く評価されており、トヨタホーム施工の戸建住宅ではとくに多い外壁材の1つでもあります。

トヨタホームの主力外壁材|ナノ親水タイルの特徴

ナノ親水タイルは、ナノテクノロジーを活かした表面処理が施されたタイルで、水や汚れに強い性質を持っています。外壁材の劣化が進行する原因はは太陽光線の一種である「赤外線」です。この赤外線は、外壁に付着した汚れに集中しやすいという特徴があります。

ナノ親水タイルは、超低汚染性塗料と同じような働きをします。超低汚染性とは、外壁に付着した汚れを雨で自動洗浄してくれる機能を高めた塗料の機能のことです。長持ちする外壁としても知られており、トヨタホーム施工の戸建住宅では、人気の外壁材でもあります。

トヨタホーム主力外壁材のメリットとデメリット

一級塗装技能士に外壁塗装を依頼した場合のメリット

トヨタホームの主力外壁材「ニューセラミックウォール」と「ナノ親水タイル」のメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います。

ニューセラミックウォールのメリットとデメリット

~メリット~

①長期的な耐久性

セラミックは、摩耗・傷・色あせに強いため、長期にわたり美観を保持します。水や湿気に対する耐久性もあるため、バスルームやキッチンなど湿度が高い場所にも適しているでしょう。

②豊富なデザイン

ニューセラミックウォールは、模様・色・質感の選択肢が豊富です。自然石や木材を模したデザインから、現代的なスタイルまで、デザインの種類が多いです。

③衛生的

セラミックには、バクテリアやカビの成長を抑える特性があります。アレルギーの原因となる物質が外壁に溜まりづらいのが強みです。

~デメリット~

①コストが高い

高品質なセラミックタイルやカスタムデザインは、コストが高くなる傾向にあります。施工にも専門的な技術と時間が必要であるため、予算よりも費用が高くなるかもしれません。

②施工の複雑さ

セラミックウォールは正確な施工が求められます。複雑なパターンの場合、施工の難易度が高くなるため、職人探しが難航するかもしれません。

③重量

セラミックタイルは、一般的な外壁材と比べて重たいです。とくに、既存の建物に追加する場合は、住宅の構造的な強化が必要となり、大掛かりな工事になる可能性があります。

④冷たい感触

セラミックは熱を伝えにくい材料であるため、冬季を中心に冷たく感じることがあります。山間部など気温が低い地域では、室内が暖まらず暖房コスト増を招くかもしれません。

ナノ親水タイルのメリットとデメリット

ナノ親水タイルのメリットとデメリットは以下の通りです。

~メリット~

①自己清浄機能

ナノ親水タイルは、表面に水が均一に広がりやすい性質を持っています。外壁にかかった雨水が汚れを洗い流す効果が期待できるため、清掃の手間を減らすのに役立つでしょう。

②耐汚染性

表面が汚れにくく、汚れが付着しても水で簡単に洗い流せるため、清潔を保ちやすいです。

③水はじき効果の低減

伝統的な撥水性タイルとは異なり、水分を拡散させることで、表面に水膜を形成します。タイル表面の乾燥を防ぎ、長期間にわたって美観を維持します。

~デメリット~

①コスト

ナノテクノロジーを用いた親水コーティング処理が施されています。結果、従来のタイルに比べてコストが高くなるでしょう。

②耐久性の懸念

親水コーティングの耐久性が使用環境や条件によって異なるため、長期間の効果を保証するのは難しいです。

建築場所によっては、再度コーティングが必要になる場合があるでしょう。

③施工の専門性

ナノ親水タイルの施工には、正しい施工技術が求められます。どの職人でもできる作業ではないため、一般的な外壁材と比べて施工コストが高くなるでしょう。

④適用範囲の制限

自己清浄効果はすべての環境や条件に適しているわけではありません。極端に汚れやすい環境や、高い耐久性が求められる場所では、効果を得られない可能性があります。

トヨタホーム主力外壁材で多くみられる外壁劣化症状の内容

外壁塗装を放置するとおこること③雨漏りリスク

トヨタホームの外壁材に共通する強みは高い耐候性や耐久性です。ただし、いくら耐候性、耐久性が高くとも、どのような外壁材であれ、必ず劣化は訪れるものです。

この章では、トヨタホームの主力外壁材である「ニューセラミックウォール」と「ナノ親水タイル」で多く見られる劣化症状についてお話ししていきたいと思います。

ニューセラミックウォールでよく見られる劣化内容

ニューセラミックウォールの劣化内容として、以下の現象が挙げられます。

①クラック(ひび割れ)

物理的な衝撃、温度変化による熱膨張と収縮、施工時の不備などが原因でクラックを招きます。ひび割れから水分が侵入すると、内部の損傷やカビの発生につながるため早めの処置が求められるでしょう。

②カラーフェーディング(色あせ)

長期間にわたる直射日光の影響で、セラミックの表面が徐々に色あせることがあります。外観の美しさが低下し、建物全体の印象を悪化させるかもしれません。

③グラウトの劣化

セラミックタイルの間に充填されるグラウト(目地材)は、時間の経過とともに劣化したり、汚れが蓄積されます。放置すると水分の侵入経路となり、結露の発生確率を高めてしまうでしょう。

④欠けや剥がれ

物理的な衝撃や、長期間の摩耗により、タイルが欠けたり、剥がれたりすることがあります。タイルを保護している層が損なわれるため、さらなる損傷のリスクを高めてしまうでしょう。

⑤汚れやカビ

タイル表面や目地に汚れが蓄積し、適切な清掃が行われない場合、カビや藻の発生につながります。汚れがこびり付くと清掃が困難になり、外壁材の交換が必要になるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装のタイミングを知るためのサインとは?|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ナノ親水タイルでよく見られる劣化内容

ナノ親水タイル

ナノ親水タイルの主な劣化内容は以下の通りです。

①親水性能の低下

時間の経過と共に、ナノ親水コーティングの効果は低下します。自己清浄機能の効果も失われるため、清掃の手間がかかるかもしれません。

②表面の傷や汚れの蓄積

物理的な損傷や、コーティング層の上に汚れが蓄積することで、親水性を損なう場合があります。

③色あせやチョーキング

長期間の紫外線曝露により、タイル表面の色あせや塗膜の粉化(チョーキング)の発生につながります。

ニューセラミックウォールが劣化した際の塗装専門業者の対応

ニューセラミックウォールが劣化した際、塗装専門業者は以下の対応をとります。

① 清掃と下地処理

劣化の原因となる汚れやカビを除去します。専門的な清掃方法や化学薬品を使用して、タイル表面と目地を徹底的に清掃するのが特徴です。

また、ひび割れや欠けた部分は、適切な材料で補修を行います。グラウトの劣化が激しい場合は、グラウトを取り除いて新たに充填することが必要です。

②セラミック専用コーティング剤の選定

セラミックウォールに適したコーティング剤を選定します。セラミックの性質に合った、耐水性、耐UV性、耐汚染性に優れたコーティング剤を選ぶことが多いです。

③コーティング作業

下地処理が完了した後、選定したコーティング剤を均一に塗布します。見た目の回復だけでなく、将来の劣化を防ぐためにも重要です。

さらに耐久性を高め、色あせや汚れを防ぐ効果が期待できます。

④仕上げと品質の最終チェック

コーティング剤の乾燥後、仕上げ作業を行い、必要に応じて二次的な塗布を実施します。品質の最終チェックを行い、作業が適切に完了したことを確認し終了です。

トヨタホーム主力外壁材が劣化した際の塗装専門業者の対応

トヨタホームの主力外壁材2種が劣化した場合に、塗装業者はどのような対応を行うのでしょうか?

ナノ親水タイルが劣化した際の塗装専門業者の対応

ナノ親水タイルが劣化した際、塗装専門業者は以下の対応をとります。

①清掃と下地処理

高圧洗浄などを用いて、表面の汚れや蓄積物を徹底的に除去します。必要に応じて、表面の微細な傷を修正する下地処理が行われます。

②親水コーティングの再施工

親水性能の低下が起きている場合、新たに親水コーティング剤を塗布することで、タイルの自己清浄機能を回復させることが可能です。

③色補修や表面保護

色あせやチョーキングが発生している場合は、色補修を行った後、タイルを保護するための透明な表面保護コーティングを施工することがあります。

④メンテナンス指導

作業完了後、タイルの長期的な保護と性能維持のために、適切なメンテナンス方法をクライアントに指導します。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

トヨタホームの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

トヨタホームの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店はトヨタホーム施工のお住まいの外壁塗装実績が豊富な塗装専門業者です。トヨタホーム以外にも数多くのハウスメーカー施工のお住まいの塗装経験を積んできた名工たちが作業に携わりますので安心してお任せいただけます。

利用していただいた方からも喜びの声を多くいただいておりますので、お気軽にご相談いただけると幸いです。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンに届いたお客様からの声

なお、当店では耐久性に優れている塗料「アステックペイント」の認定店となっています。他社と比べて持続性の長い塗料となっていますので、外壁塗装後の建物の持ちを長くしたい方にもピッタリです。お客様の予算や建物の状況に合わせて塗料を提案できるのも同社の強みです。

また、当店には雨漏り診断士や外壁塗装診断士も在籍しておりますので、外壁の現状を細かく把握した上で、外壁塗装の進め方を決められます。外壁に関する知識のない方にも丁寧に説明いたしますので、外壁でお困りの方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年4月17日(水)

ヘーベルハウスで使われる外壁材の種類と塗装専門業者の対応を紹介

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

ヘーベルハウスは、旭化成ホームズが手がけている住宅のブランドです。居住者が安全な生活を安心して送れるような住宅を提供しています。しかし、安全な環境の下で住み続けるには、住宅の定期メンテナンスは欠かせません。

とくに、外壁は住宅の耐震性を維持させる上で大事になるため、定期的に外壁塗装を行うことが必須になります。

外壁塗装の依頼先として、挙げられるのがハウスメーカーです。しかし、ハウスメーカーに依頼した場合、作業を別の業者に委託するため施工費用の他に、中間マージンが発生します。結果、トータルの費用が高くなります。

外壁塗装の費用を抑えたいのであれば、塗装専門業者への依頼がおすすめです。塗装専門業者であれば、依頼先が直接作業を行うため中間マージンは発生しません。しかも、ハウスメーカーと比較して安価な塗料も取り扱っているため、トータルの費用を抑えやすいです。

そこで今回のお役立ちコラムでは、ヘーベルハウスで使われる外壁材の種類を紹介しながら、劣化時の塗装専門業者の対応についてお話しします。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

ヘーベルハウスの特徴

ヘーベルハウスの特徴

外壁塗装に関するお話しをする前に、少しだけヘーベルハウスについて紹介します。ヘーベルハウスの特徴は以下の通りです。

ヘーベルハウスの特徴①耐震性

ヘーベルハウスの最大の特徴は、耐震性です。高強度の鉄骨構造を採用しているため、大地震にも耐えうる強固な住宅を実現しています。

地震に対し、住まいと住人を守ることに力を入れているのが強みです。

ヘーベルハウスの特徴②耐久性

ヘーベルハウスは、耐久性にも優れています。旭化成の独自技術による高品質な材料の使用と、厳しい品質管理により、長期間にわたって住宅の劣化を抑え、美観を保持します。

長寿命設計により、世代を越えて家を引き継ぎやすくしているのも特徴です。

ヘーベルハウスの特徴③断熱性・省エネルギー

ヘーベルハウスは、優れた断熱性能を持つ住宅であるため、四季を通じて快適な居住空間を提供します。外壁の高性能断熱材や二重サッシなどを用いることで、冷暖房の効率を大幅に向上させ、省エネルギーにも貢献します。

ヘーベルハウスの特徴④高い防音性

高い防音性も特徴です。騒音に悩まされることなく、極力静かに過ごせる住宅の提供に力を入れています。仮に、車の通りが多い道路に面していても、吸音材を使って音が聞こえにくい設計にすることが可能です。

ヘーベルハウスの特徴⑤デザイン性

機能性だけでなく、デザイン性にも優れています。個人の好みやライフスタイルに合わせた多様なデザインプランを提案し、内装から外装まで、細部にわたるデザインの自由度が高いのも魅力の一つです。

ヘーベルハウスの特徴⑥アフターサービス

購入後の充実したアフターサービスも、ヘーベルハウスの特徴です。定期的なメンテナンスや修理対応など、長期にわたるサポート体制を整え、住まいの品質を維持します。

ヘーベルハウスの特徴⑦環境への配慮

環境に配慮した住宅づくりを行っているのも、ヘーベルハウスの大切な考え方です。環境負荷の低い材料の選択、エネルギー消費の削減、長寿命化による廃棄物の減少など、持続可能な住宅建設を目指しています。

ヘーベルハウスで使われている外壁材はALC外壁

ヘーベルハウスで使われている外壁材はALC外壁

ALC外壁とは、「Autoclaved Lightweight Concrete」の略で、軽量気泡コンクリートの一種です。シリカ砂・セメント・石灰・アルミニウムなどを原料とし、これらを混合後、型枠に流し込むことで製造されます。

内部に微細な気泡を持つ軽量で断熱性に優れた建材に仕上げることで、建物の耐久性を高めるのに役立っているのです。住宅の他に商業施設や高層ビルでも使用されています。

なお、ALCの特徴は以下の通りです。

  • 軽量性
  • 断熱性・保温性
  • 耐火性
  • 防音性
  • 耐久性

ALCの特徴①|軽量性

気泡によって材料自体が軽量化されており、建物への負担を軽減します。これにより、地震時の安全性が向上し、大規模な構造物でも使用が可能です。

ALCの特徴②断熱性・保温性

ALCの内部に含まれる無数の気泡が断熱材として機能し、夏は外部の熱を遮断し、冬は室内の熱を逃がしにくくします。これにより、エネルギー効率の良い住宅を実現します。

ALCの特徴③耐火性

ALCは非常に耐火性に優れており、火災時の延焼を防ぐ効果があります。その耐火性能により、安全な居住空間の提供に貢献します。

ALCの特徴④防音性

軽量気泡コンクリートの構造が、外部の騒音や隣室からの音の伝達を抑える効果があります。静かな居住環境を実現するために有効です。

ALCの特徴⑤耐久性

ALCは耐久性にも優れています。変形や劣化が少ないため、長期にわたって外壁材としての性能を保持させる効果が期待できるでしょう。

なお、ヘーベルハウスではAKT外壁として、へーベルパワーボードやヘーベルライトが扱われています。断熱性を重視したり、軽い外壁材を用いたりしたい場合は、へーベルライトの方が向いています。

ALC外壁のデメリット

ALC外壁は多くの利点を持っている反面、デメリットもあります。

デメリットは以下の通りです。

①クラックが発生しやすい

ALCは温度変化や建物の微細な動きによってクラックが発生しやすいです。建物全体に影響を与える場合もあるため、適切なメンテナンスや修理が必要になります。

②水分を吸収しやすい

ALCには水分を吸収しやすい性質があります。施工が雑だったり、長期間雨を浴び続けたりすると、膨張やカビの発生、構造の劣化を引き起こす可能性があります。

③施工が難しい

ALC板の取り扱いと施工には、技術や装置が必要です。正確なカットや適切な取り付けが求められる分、誰でもできる作業ではありません。

④耐衝撃性の限界

ALCは、硬質な外壁材と比べて衝撃に弱いです。とくに、地面近くや人の出入りが多い場所では衝撃が伝わりやすくなるため、定期的に外壁の状況を確認した方が良いでしょう。

⑤修理とメンテナンス

ALC外壁の修理やメンテナンスは、特定の技術を要するため、一般的な外壁材に比べて専門的な対応が必要になることがあります。修理内容が複雑だったり、大掛かりなものだったりすると、修理コスト増につながるでしょう。

ALC外壁の劣化内容

ALC外壁の劣化内容

ALC外壁は、耐火性・断熱性・耐震性に優れているものの、長期間の使用によって劣化を招く恐れがあります。

主な劣化の内容は以下の通りです。

①クラック(ひび割れ)

クラックは、温度変化による膨張・収縮や、建物の沈下・地盤の動きが原因です。些細なひびのケースもあれば、断裂に近いひびが生える場合もあります。

②カビ・藻の発生

外壁表面の湿度が高い場所では、カビや藻が発生しやすく、外壁の見栄えを損なう原因となります。

③チョーキング(粉化)

ALC外壁の塗膜が紫外線や雨水によって劣化し、表面が粉っぽくなる現象です。

④汚れや色褪せ

雨水、排気ガス、埃などが原因で、外壁が汚れたり色が褪せたりします。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装のタイミングを知るためのサインとは?|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ALC外壁劣化時の塗装専門業者の対応とは?

ALC外壁劣化時の塗装専門業者の対応とは?

ALC外壁が劣化した際の塗装専門業者の対応は以下の通りです。

①クラックの補修

小さなクラックは、専用のシーリング材で埋め、塗装で保護します。大きなクラックは、構造的な問題がないか確認した上で、補修を行います。

②カビ・藻の除去と防止

カビや藻を専用の洗浄剤で丁寧に除去し、抗菌・防藻性のある塗料で再塗装することで、再発を防ぎます。

③チョーキング対策

粉化した古い塗膜を洗浄やサンディングで除去した後、紫外線に強い塗料を使用して再塗装します。

④汚れや色褪せの対応

高圧洗浄で汚れを落とし、外壁用の塗料で美観を回復させます。色褪せに対しては、元の色に近い塗料で塗り直すか、デザイン変更を含めた塗り替えが行われます。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工したヘーベルハウス施工のお住まいの施工事例

ヘーベルハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

ヘーベルハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

ヘーベルハウスの外壁塗装依頼は、実績のある塗装専門業者株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店へお任せください。雨漏り診断士や外壁塗装診断士の資格を持つスタッフが、現状を把握した上で最適なプランを提案いたします。

外壁塗装のスキルが高い職人も在籍しておりますので、外壁塗装の仕上がりにも自信があります。ご利用いただいた地域の方々からも喜びの声を多くいただいておりますので、ご安心ください。

しかも当店は、オーストラリアでも使用されている塗料「アステックペイント」の認定店ですので、他店と比べて持ちの良い塗料を提供することが可能です。

さまざまな塗料を扱っておりますので、予算や外壁の素材をベースに、最適な塗料を提案いたします。外壁塗装について詳しくない方も遠慮なく、ご相談くださいませ。

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年4月12日(金)

一条工務店で使われる外壁の種類・劣化内容とは?

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

一条工務店は『家の性能を高めること』に力を入れているハウスメーカーです。住んでいるの方に快適な生活を送ってもらえることをテーマにしています。

ただし、長期的に快適な生活を送り続けるには定期的なメンテナンスが必須だと言えます。なぜなら、建物のさまざまな箇所は年月の経過によって劣化していくからです。

とくに、外壁は劣化が進むと築年数以上に古く見えてしまうため、定期的な外壁塗装が必要です。思い当たる人の中には、外壁塗装をハウスメーカーに依頼しようと思った人もいるでしょう。

しかし、外壁塗装をハウスメーカーに依頼しなくてはいけないという法律はありません。

そこでおすすめしたいのが、塗装専門業者への依頼です。

塗装専門業者に依頼するメリットは、施工費用を抑えられることです。ハウスメーカーでは作業を委託するため中間マージンが発生します。

一方、塗装専門業者に依頼した場合、外部へ委託しないため中間マージンが発生しません。さらに、ハウスメーカーで使用される塗料と似たものを安く提供できるため、施工費用を抑えられるのです。

そこで今回のお役立ちコラムでは、一条工務店で使われている外壁の種類や劣化内容を紹介しながら、劣化時の塗装専門業者の対応についてお話しします。

一条工務店の特徴は?

一条工務店の特徴は?

初めに、一条工務店について少しお話しします。一条工務店は、1978年に静岡県浜松市で誕生したハウスメーカーです。特徴を項目ごとに見てみましょう。

一条工務店の特徴①|高い断熱性能

一条工務店では、壁・床・屋根に高性能な断熱材を、窓には高断熱の複層ガラスを採用しています。季節に関わらず室内の温度を一定に保ちやすい間取りになっているのが特徴です。

一条工務店の特徴②|省エネ性能

一条工務店の家は、エネルギー効率の良い家電製品や照明、太陽光発電システムとの組み合わせにより、省エネルギーを実現しています。

これらの技術を住宅に活かすことで、長期的に光熱費を削減し、環境にやさしい生活をサポートしています。

一条工務店の特徴③|カスタマイズ性

顧客のライフスタイルに合わせた多様な設計プランを提供しており、内装や外装のデザインだけでなく、間取りの変更にも柔軟に対応しています。

一条工務店の特徴④|先進技術の導入

地震に強い構造や、自然災害から家を守るための技術など先進技術の導入をしているのも特徴です。たとえば、耐震性能に優れた構造や、水害時に役立つ機能などがあります。

一条工務店の特徴⑤|アフターサービス

定期的なメンテナンスサービスを提供しており、住宅の長期的な品質保持をサポートしています。顧客サポート体制も整っており、住宅に関する相談に応じています。

一条工務店で使われている外壁材の種類

一条工務店で使われている外壁材の種類

一条工務店では、さまざまな外壁材が使われています。代表的な外壁材は次の3つです。

  • リシン壁
  • モルタル外壁
  • ハイドロテクトタイル  

ここでは、外壁材の種類ごとの特徴とメリット、デメリットについてお話ししていきたいと思います。

1.リシン壁の特徴

リシン壁(リシン塗り)は、壁面に特殊な技法を用いて仕上げる装飾的な塗装方法の一つです。砂や小石などが混ざった塗料を壁に塗り、独特の質感や模様を作り出すのが特徴です。

リシン壁のメリット

リシン壁のメリットは以下の通りです。

①独特の質感と美観

リシン壁は、独特の質感と模様であるため個性が出やすいです。ナチュラルで温かみのある仕上がりは、インテリアデザインの一部として魅力的です。

②隠蔽性

小さな傷や汚れが目立ちにくいため、日常的な使用による壁の損傷を隠しやすいです。メンテナンスの手間を減らすのにも役立ちます。

③耐久性

適切に施工されたリシン壁は、耐久性が高く、長期間にわたり質感と美観を保持します。

リシン壁のデメリット

リシン壁のデメリットは以下の通りです。

①施工の難易度

リシン壁の施工には特殊な技術が必要です。経験豊富な職人による手作業が求められるため、施工コストが高くなってしまいます。

②修復の難しさ

リシン壁の表面が損傷した場合、同じ質感や模様を再現するのが難しく、修復には専門的な技術が必要になります。

リシン壁で多く見られる劣化症状

リシン壁で多く見られる劣化症状は以下の通りです。

①色あせ

長期間の紫外線曝露は、壁の色あせにつながります。

②ひび割れ

壁材の収縮や建物の微小な動きにより、表面に細かいひびが入るかもしれません。

③塗膜の剥がれ

塗料の劣化や下地との接着不良が起こると、塗膜の剥がれにつながります。

④カビや苔の発生

湿度が高い環境では、壁にカビや苔の発生確率を高めます。

⑤汚れ

煙やほこりなどの外部からの汚染物質が壁面に付着します。

リシン壁が劣化した際の塗装専門業者の対応は?

リシン壁が劣化した際の塗装専門業者の対応は、以下の通りです。

①清掃と下地処理

高圧洗浄機で壁面の汚れや苔、緩んだ塗膜を取り除きます。必要に応じて、壁面のひび割れや剥がれた部分を補修材で埋め、滑らかにしていくのが特徴です。

②色あせやひび割れの修復

色あせた部分やひび割れに対しては、元の色や質感に合わせた塗料で塗り直します。大きなひび割れは、特殊な補修材を使用して修復します。

③カビや苔の除去と防止処理

カビや苔を物理的に除去した後、抗菌・防カビ剤を塗布して再発を防ぎます。

④再塗装

下地処理が完了したら、リシン壁の質感を再現するための専用塗料で丁寧に再塗装を行います。リシン壁専用の塗料を選び、質感や外観を元に戻すのが目的です。

⑤定期的なメンテナンスの推奨

劣化の進行を遅らせ、壁の美観を長持ちさせるためには、定期的な点検とメンテナンスが重要です。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工した一条工務店施工のお住まいの事例

2.モルタル外壁の特徴

モルタル外壁は、セメントや砂、水などを混合して作られる塗り壁の一種です。住宅や建築物の外壁として広く利用されています。

色や質感を比較的自由に調整でき、建物の外観をカスタマイズしやすいのが特徴です。

モルタル外壁のメリット

モルタル外壁のメリットは以下の通りです。

①柔軟なデザイン

多様なテクスチャーや色を実現できるため、建物の外観を個性的に仕上げることが可能です。

②耐火性

火災時の燃え広がりを遅らせることが可能です。

③経済性

比較的リーズナブルな材料であり、初期コストを抑えられます。

モルタル外壁のデメリット

モルタル外壁のデメリットは以下の通りです。

①ひび割れの発生

温度変化や建物の沈下によるひび割れが生じやすいです。

②メンテナンスの手間

色あせやひび割れなどの劣化に対する定期的なメンテナンスが必要です。

③水分透過の可能性

防水処理が不十分な場合、水分が透過しやすく、内部構造の腐食を引き起こす可能性があります。

モルタル外壁で多く見られる劣化症状

モルタル外壁の劣化症状には以下のものが挙げられます。

①ひび割れ

温度変化や構造的な動きによって、モルタル外壁に細かなひびが生じるかもしれません。

②モルタルの剥がれ

下地との接着不良や経年劣化により、モルタルの剥がれを招く恐れがあります。

③カビや苔

高湿環境下だと、モルタル外壁にカビや苔が発生しやすくなります。

④色あせ

長期間の紫外線曝露は、モルタル外壁の色あせにつながります。

モルタル外壁が劣化した際の塗装専門業者の対応は?

モルタル外壁が劣化した際、塗装専門業者は以下の対応をとります。

①清掃

高圧洗浄により、カビや汚れを除去します。

②ひび割れの修復

ひび割れ部分を特殊な充填材で補修します。深いひび割れには、強度を増すための処理が必要になることもあります。

③防水処理

ひび割れ修復後、防水性を高めるためにシーリングや防水塗料を施工します。

④再塗装

劣化や色あせが目立つ場合は、外壁全体または部分的に再塗装を行います。

3.ハイドロテクトタイル

ハイドロテクトタイルは、光触媒技術を活用したタイル製品です。特殊なコーティングが施されており、太陽光や屋内の光源に反応して、空気を浄化したり、汚れを分解したりする効果が期待できるでしょう。

ハイドロテクトタイルのメリット

ハイドロテクトタイルのメリットは以下の通りです。

①メンテナンスの軽減

自浄作用により、定期的な清掃の手間が減少します。

②清潔な環境の維持

抗菌・脱臭作用があるため、より衛生的な空間を保てます。

③長期的なコスト削減

メンテナンス費用の削減や耐久性による長寿命で、長期的に見ればコストを削減できます。

ハイドロテクトタイルのデメリット

ハイドロテクトタイルのデメリットは以下の通りです。

①初期コストの高さ

通常のタイルに比べて、初期コストが高いです。生成時の手間や原価の高さなどが、コスト増につながっています。

②光が必要

光触媒作用を発揮するためには、適度な光が必要です。室内や日光が届かない場所では効果が限定されます。

③効果の実感に時間が必要

自浄作用や脱臭作用は即時に感じるものではありません。効果を実感するまでには、時間が必要です。

ハイドロテクトタイルで多く見られる劣化症状

ハイドロテクトタイルで多く見られる劣化症状は以下の通りです。

①表面の汚れや黒ずみ

長期間の曝露で、空気中の汚れやほこりが積もって黒ずみの発生につながってしまうでしょう。自浄作用はあるものの、汚れの付着を完全に防ぐことはできません。

②物理的損傷

地震の衝撃や鋭利なものによる傷、割れなどの物理的損傷が生じる恐れもあります。

③光触媒機能の低下

極端な汚染環境下での使用や、適切な光が当たらない環境では、時間とともに光触媒機能の低下を招くでしょう。

ハイドロテクトタイルが劣化した際の塗装専門業者の対応は?

ハイドロテクトタイル劣化時の塗装専門業者の対応は以下の通りです。

①清掃

専門業者は、適切な清掃方法を用いてタイル表面の汚れや黒ずみを除去します。光触媒の性質を損なわないよう、清掃することが大事です。

②損傷の修復

物理的損傷がある場合は、傷を埋めたり、必要に応じて損傷したタイルの交換を行ったりします。ハイドロテクトタイルの機能を損なわないように、作業を進めることが大事です。

③再コーティング

光触媒機能の低下が見られる場合、専門業者は光触媒コーティング剤を用いてタイル表面を再コーティングすることで、機能が回復します。

④定期的なメンテナンスと点検の勧め

長期的な性能維持のため、専門業者は定期的な清掃、点検、必要に応じてのメンテナンスを推奨します。

一条工務店の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

一条工務店の外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店では、一条工務店施工のお住まいの外壁塗装経験が豊富な塗装専門業者です。一条工務店を含むハウスメーカー施工の戸建住宅の外壁塗装経験を積んだ名工が数多く在籍しております。国家資格である一級塗装技能士をはじめ、劣化診断のプロである雨漏り診断士や外壁塗装診断士があなたの自宅の外壁を細かくチェックしたうえで塗装工事を提案させていただきます。

当店は、遮熱塗料でシェアナンバーワンを獲得したこともある塗料メーカー「アステックペイント」の施工認定店となっております。同業他社と比べて耐候性の高い塗料を扱っていますので、建物の耐久性を高めたい方にもピッタリです。

黒やグレー・ピンクなどさまざまな色の塗料を扱っていますので、デザイン性を重視する方にも向いています。実際に、外壁塗装を利用いただいた方々からも喜びの声を多くいただいております。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお尋ねください。

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年4月11日(木)

積水ハウスで使用される外壁材の種類・塗装専門業者の対応とは

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

積水ハウスは、住宅を購入した方に初期30年保証と呼ばれるサービスを提供しているハウスメーカーです。全国的にも知名度が高く、人気のあるハウスメーカーと言っても過言ではないでしょう。

しかし、家が建ってから30年間建物に何も不具合が起こらないわけではありません。メンテナンスを怠ると、住宅は劣化するからです。

とくに、外壁の劣化が進むと建物の見栄えが悪くなるだけではなく、住宅全体の老朽化が進むため、定期的に外壁塗装を行った方が良いです。

中には、ハウスメーカーに外壁塗装を依頼しなくては!と思った方もいるでしょう。

しかし、少しお待ちください!

外壁塗装は塗装専門業者に任せた方が良いかもしれません。なぜなら、塗装専門業者に依頼した方が安いからです。ハウスメーカーは外部に作業を委託するため、施工費用の他に委託料として中間マージンが発生します。

一方、塗装専門業者に依頼すれば、別の業者に委託されないため委託料は発生しません。しかも、外壁塗装に特化しているため他の作業をオプションで依頼しなくても良い分、トータルの費用を安く抑えられるのです。

今回は積水ハウスで使われている主な外壁材を紹介しつつ、外壁劣化時の塗装専門業者の対応をお話しします。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

積水ハウスの特徴

積水ハウスの特徴

積水ハウスは、日本を代表する大手住宅メーカーの一つです。創業は1960年で、以来、住宅建設を中心に事業を展開し、品質の高さや技術力で知られています。ここでは、積水ハウスの特徴を項目ごとに見てみましょう。

積水ハウスの特徴①技術力と品質

積水ハウスは、独自の技術開発に力を入れており、「シャーメゾン」ブランドの賃貸住宅や「グランセゾン」の高級分譲住宅など、さまざまな住宅ブランドを提供しています。

また、耐震性や省エネルギー性能に優れた住宅を提供し、持続可能な社会の実現に貢献しています。

積水ハウスの特徴②カスタマイズ性

顧客のニーズに合わせて、多彩なデザインやプランの中から選べるカスタマイズ性の高さも特徴です。

自由設計の家づくりに対応し、個々のライフスタイルに合わせた最適な住空間を提案しています。

積水ハウスの特徴③環境への配慮

環境に優しい住宅の開発にも力を入れており、「グリーンファースト」という環境配慮型住宅のブランドも展開しています。太陽光発電システムや高断熱材の採用など、CO2排出量の削減に貢献する住宅を提供しているのが強みです。

積水ハウスの特徴④アフターサービス

購入後のアフターサービスも充実しており、入居者に長期間安心してもらえるための保証を提供しています。「初期30年保証」や「ユートラスシステム」など、さまざまな保証を用意しているのが特徴です。

積水ハウスで使われている主な外壁材

積水ハウスで使われている主な外壁材

積水ハウスでは、さまざまな種類の外壁材を使用しています。ここからは、主な外壁材の特徴や劣化内容・塗装専門業者の対応などを見てみましょう。

積水ハウスで使われている主な外壁材①SHウォール(サイディング)

SHウォールとは、積水化学工業で開発された外壁材のことです。高性能な断熱材を使用して、家全体を包み込むように設計されています。

結果、外部の気温変化から室内を保護でき、エネルギー効率の高い住環境を実現しているのです。

なお、SHウォールのメリット・デメリットは以下の通りです。

SHウォールのメリット

①耐久性と耐候性

SHウォールは、高い耐久性と耐候性を持ち合わせています。日照、雨水、風などの外部環境から建物を守り、長期にわたって美観を保てます。

②メンテナンス性

一般的にメンテナンスが容易で、定期的な清掃や点検で長持ちします。汚れが付きにくい素材を使用しているため、美観を維持しやすいでしょう。

③環境配慮

環境に配慮した素材を使用しており、持続可能な建築物の構築に貢献します。

SHウォールのデメリット

①初期費用

高品質な材料と技術を用いているため、他の外壁材に比べて初期費用が高くなりがちです。

②専門業者によるメンテナンスが必須

特殊な材料を使用しているため、メンテナンスや修理には専門の技術や知識が必要となり、一般の業者では対応できない場合があります。

SHウォールの劣化内容

SHウォールの主な劣化内容を見てみましょう。

①色あせ

紫外線や雨風による影響で、徐々に色あせが生じます。

②ひび割れ

温度変化による収縮や膨張によって、ひび割れが起こるかもしれません。

③汚れやカビ

雨や湿気による汚れやカビの発生があり得ます。

SHウォールが劣化した際の塗装専門業者の対応

SHウォールが劣化した際の塗装専門業者の対応は以下の通りです。

①点検と評価

外壁の状態を詳細に点検し、劣化の程度を評価します。

②清掃と下地処理

劣化や汚れを取り除き、外壁の表面を適切に清掃します。さらに、必要に応じて下地処理を行って塗料の密着性を高めます。

③適切な塗料の選択と塗装

SHウォールに適した塗料を選択し、塗装を行います。外壁の材質や劣化の度合い、顧客の要望によって選ぶ塗料は変わります。

④定期的なメンテナンスの提案

塗装後も長期にわたって美観と機能性を保つために、定期的なメンテナンスプランを提案します。

▼合わせてチェックしたい▼

カトペンで施工した積水ハウス施工のお住まいの事例

積水ハウスで使われている主な外壁材②ベルバーン(陶器)

②ベルバーン(陶器)

ベルバーンは、耐久性と美観に優れた特性を持っているのが特徴です。積水ハウス独自の技術による高機能外壁材として開発されました。

ベルバーンのメリット・デメリットは、以下の通りです。

ベルバーンのメリット

①ランニングコストを減らせる
ベルバーンは耐久性に優れており、定期的なメンテナンスや塗り替えの頻度を減らせます。結果、ランニングコストの削減に最適です。
②幅広くデザインをそろえている
幅広い色やテクスチャーから選べるため、建築家やホームオーナーのデザインニーズに応えられます。

ベルバーンのデメリット

①初期コストが高い

高品質であるため、一般的な外壁材と比べて初期コストが高くなるでしょう。

②専門的な施工が必要

ベルバーンの特性を最大限に活かすには、専門的な知識と技術を持った施工業者による施工が必要です。適切な施工業者を見つけられるかで、出来栄えが変わります。

ベルバーンの劣化内容

ヘルバーンの主な劣化内容は以下の通りです。

①外壁材の剥がれ

接着不良や下地の劣化によって、外壁材の剥がれにつながります。

②汚れやカビ

湿度の高い環境や汚れが蓄積することにより、汚れやカビが目立つかもしれません。

ベルバーンが劣化した際の塗装専門業者の対応

ヘルバーンが劣化した際の塗装専門業者の対応は以下の通りです。

①清掃

軽度の汚れやカビは、専用の清掃剤や方法で除去します。

②補修

ひび割れや小さな剥がれは、専用の補修材を使って修復していき、さらなる損傷を防ぎます。

③塗り替え

色あせや広範囲の劣化が見られる場合、外壁の塗り替えを行います。ベルバーンに適した塗料や施工方法を用いることが大事です。

④防カビ・防汚処理

汚れやカビの再発を防ぐために、防カビ・防汚処理を施すことがあります。

積水ハウスで使われている主な外壁材③プレキャストコンクリート

プレキャストコンクリートとは、工場などであらかじめ製造されたコンクリート製品を指します。塗装現場で生成しなくて良いため、塗装作業の効率化に最適です。

なお、プレキャストコンクリートのメリット・デメリットは以下の通りです。

プレキャストコンクリートのメリット

①品質の一貫性

工場で製造されるため、一定の品質を保てます。

②施工速度の向上

現場で製造する必要がないため、建設スケジュールを短縮できます。

③耐久性

コンクリート自体の耐久性に加え、工場製造による品質の高さが耐久性をさらに向上させます。

④低メンテナンス

コンクリートはメンテナンスが少なく、耐候性にも優れています。

⑤デザインの自由度

現場打ちコンクリートに比べて複雑な形状やデザインが可能で、外観の美しさを高められます。

プレキャストコンクリートのデメリット

①接合部の処理

現場での組み立てに際して、接合部の防水処理や仕上げを確実に行わなくてはいけません。作業が不十分だと、漏水や断熱性の低下を引き起こします。

②修正の難しさ

一度施工が完了すると、コンクリートの構造を後から修正するのは難しくなります。拡張や改修が必要になった場合、コンクリート構造の変更は大規模な工事を要することが多いです。

なお、積水ハウスでは「ダインコンクリート」と呼ばれる名前で提供されています。

プレキャストコンクリートの劣化内容

プレキャストコンクリートの主な劣化内容は以下の通りです。

①ひび割れ

温度変化、荷重の影響、収縮などにより生じます。場合によっては、住宅全体に影響を及ぼします。

②表面の剥離や浮き

水分の侵入や凍結融解作用によって、コンクリート表面が剥がれたり、浮き上がったりする現象です。

③腐食

水分や塩分の侵入が原因で、腐食が起こるかもしれません。鉄筋が腐食すると、内部が劣化していき最終的には建物全体の劣化につながります。

④カビや苔の発生

高湿度の環境下ではカビや苔が発生します。見た目の問題だけでなく、徐々に表面を劣化させる原因となるため注意した方が良いでしょう。

プレキャストコンクリートが劣化した際の塗装専門業者の対応

プレキャストコンクリートが劣化した際の、塗装専門業者の対応は以下の通りです。

①清掃と下地処理

高圧洗浄でコンクリート表面の汚れ、カビ、苔を除去します。ひび割れや剥離部分は適切に修復し、必要に応じて防水処理を施します。

②ひび割れの補修

表面的なひび割れは専用の充填材で修復します。

③防錆処理

鉄筋の露出がある場合は、防錆処理を行い、さらなる腐食を防ぎます。

④塗装

下地処理後、プレキャストコンクリートに適した塗料を選択して塗装します。コンクリートの特性に合った防水性や透湿性を持つ塗料の使用が求められるでしょう。

⑤定期的なメンテナンスの推奨

劣化の進行を抑え、長期的な耐久性を確保するためには、定期的な点検とメンテナンスが必要です。

積水ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

積水ハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店は、積水ハウスの外壁塗装経験を持っている塗装専門業者で、経験値の高い職人が外壁塗装を行っています。そのため、専門性のある塗装専門業者へ対応を任せたい方に向いているでしょう。

しかも当店には、雨漏り診断士や外壁塗装診断士が外壁に異常がないかチェックした上で、外壁塗装の最適な仕方を提案します。したがって、外壁塗装の依頼が初めてでも安心して任せていただくことが可能です。

当店の外壁塗装を利用した方々からは、喜びの声をいただいております。外壁塗装の事例も公式サイトに多く掲載しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

また、当店は「アステックペイント認定店」となっていますので、同業他社と比べて耐久性のある塗料で作業を進めることが可能です。無料相談も実施しておりますので、外壁でお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

カテゴリー:ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年3月20日(水)

ミサワホームで使われている外壁材を紹介!塗装専門業者の対応とは?

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

ミサワホームは、地震に強い住宅の提供に力を入れているハウスメーカーです。独自の耐震構造や技術を用いることで、大規模地震でも倒壊や大きな損傷を避けるための設計が施されています。

とは言っても、住宅の性能は築年数が経つにつれて悪くなります。中でも外壁は雨風にさらされて劣化が進みやすいため、定期的に外壁塗装を行った方が良いです。

外壁の塗り替えをした方が良いと感じた人の中には、施工したハウスメーカーに聞いてみようと思った人もいるのではないでしょうか?

しかし、少しお待ちください!

外壁塗装は、ハウスメーカーではなく塗装専門業者に依頼した方が良いかもしれません。なぜなら、施工費用を抑えられるからです。

ハウスメーカーの場合は、他の業者に作業を委託するため施工費用の中に中間マージンが発生します。

一方、塗装専門業者に依頼した場合だと、他の業者に作業を委託しないため、中間マージンは発生しません。結果、塗装専門業者に依頼した方が安く済むのです。

そこで今回は、ミサワホームで使われている外壁材を紹介しながら、外壁劣化時の塗装専門業者の対応についてお話ししていきます。

▼合わせて読みたい▼

ハウスメーカーと塗装業者の外壁仕上げ:意外と知らないコストパフォーマンスの真実

ミサワホームの特徴

ミサワホームの特徴

外壁塗装について紹介する前に、ハウスメーカーとしての「ミサワホーム」について少しお話しします。ミサワホームは、昭和42年に設立されたハウスメーカーです。全国に事業を展開しています。

特徴は、モダンでスタイリッシュなデザインが多いことです。住宅の外観だけでなく、内装においてもデザイン性を重視しています。グッドデザイン賞を受賞した住宅もあるため、デザインセンスの高い建物を購入したい人に良いでしょう。

また、省エネルギー性能に優れた住宅を多く手掛けており、断熱性や気密性に優れている建物を提供しているのも特徴です。スマートホーム技術を活用した住宅の提供や、健康に配慮した建材の選定など、快適で健康的な住環境を実現するための技術開発にも力を入れています。

なお、同社では注文住宅の他に分譲住宅や中古住宅を取り扱っていますので、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。土地活用や賃貸経営に関する事業も行っているため、家賃収入を考えている人にも利便性の高いハウスメーカーと言えるでしょう。

ミサワホームで使われている外壁材

ミサワホームで使われている外壁材

ミサワホームで使われている外壁材の中でも代表的なものが「外壁タイル」と「サイディング=クラスティング」です。ここでは、それぞれの外壁材ごとに特徴や劣化内容・劣化時の塗装専門業者の対応についてお話ししていきたいと思います。

ミサワホーム|外壁タイルの特徴とメリット・デメリット

外壁タイルとは、セラミック、磁器、石などの材料で加工された外壁材のことです。住宅、商業施設、公共建築物など幅広い建物の外壁に採用されているのが特徴です。セラミックタイル、磁器タイル、天然石タイルなどが展開されています。

外壁タイルのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 耐久性が高い
  • メンテナンス頻度が少なく済む
  • 多様性なデザインを選べる
  • 防火性に優れている
  • 耐候性が高い

【デメリット】

  • 施工コストが高い
  • 施工難易度が高い
  • 重量

それぞれをわかりやすく説明していきますね。

ミサワホーム:外壁タイルのメリット

ミサワホームの外壁タイルは素材として非常に硬く、耐久性が高いため、長期間にわたって美観を保持できます。また、汚れがつきにくく、もし汚れが付着しても清掃が容易なことがメリットです。定期的な塗り替えが不要ですので、メンテナンスコストを抑えられるという点も大きな利点です。

ミサワホームの外壁タイルにはさまざまな色や形、質感があり、建物の外観に独特の美しさを与えられることが魅力です。オリジナルのデザインを求めている人に良いでしょう。

また、ミサワホームの外壁タイルは不燃材料であるため、火災時の延焼を防ぐ効果が期待できます。火災が起こっても早急に対応すれば、被害を最小限に抑えられます。

雨や風、紫外線に強く、気候変動による影響を受けにくいこともメリットです。このメリットによって、さまざまな地域でミサワホームの外壁タイルが用いられていると言っても過言ではありません。

ミサワホーム:外壁タイルのデメリット

ミサワホームの外壁タイルは他の外壁材と比較すると、外壁材としての価格や施工にかかる費用はかなり高い部類に入ります。耐久性などの機能が複数あるため、どうしてもコストは高くなってしまうのです。

また、外壁タイルの施工は高い技術力が必要です。正確な施工が求められるうえ、不適切な施工をした場合は、タイルの割れや剥がれにつながるため注意が必要です。

外壁タイルには比較的重量があり、建物に負担をかける可能性があります。タイルの重さに耐えられるように、建物全体を補強しなくてはいけない場合もあるでしょう。

ミサワホームの外壁タイルが劣化するとどうなる?

外壁タイルが劣化して起こる可能性がある症状は、以下の通りです。

  • タイルの割れや欠け
  • 目地の劣化
  • 汚れの蓄積

外壁タイルは物理的な衝撃や経年劣化によって割れや欠けが生じることがあります。とくに台風などの強風によって飛来してきた看板などがぶつかった場合、タイルに亀裂が入ったり、角部分が欠けたりすることも考えられます。

また、タイル間の目地の劣化にも注意が必要です。目地が劣化することで外壁タイルそのものが剥がれたり、水漏れの原因になったりするため注意が必要です。

外壁タイル表面に、雨風による汚れやカビが付着して蓄積するのも劣化の一種です。汚れが頑固だと、バイオ洗剤などの特殊な洗浄剤を使わないと落ちなくなります。

ミサワホームの外壁タイルが劣化した際の塗装専門業者の対応とは?

外壁タイルが劣化した際、塗装専門業者は以下の対応をします。

  • 詳細な点検
  • 清掃
  • 補修作業
  • タイル表面の処理
  • 定期メンテナンスの推奨

外壁に貼ってあるタイルを細かく点検し、劣化の範囲や種類を特定します。同時に修理が必要なタイルの有無や目地の状態を確認し、作業計画を立てます。

補修工事をする場合、まずは劣化の原因となる汚れや藻、カビの除去作業が必要です。高圧洗浄機を使用してタイル表面と目地を丁寧に清掃することで、塗装や補修作業の前準備を完了させます。

欠けたり割れたりしたタイルは、可能であれば同種、または似たタイプのタイルで交換します。目地の劣化が見られる場合は新しい目地材を重鎮し、水の浸透を防ぎ、壁全体の耐久性を向上させることが目的です。

特定のタイルに対しては、表面の保護コーティングを施すことで、色あせやさらなる劣化を防ぎます。タイルの美観を保つ上で必要です。

作業完了後、業者は建物のオーナーに対し、定期的な清掃や点検を推奨します。将来的な劣化を早期に発見できる状態を作り、修理の手間を減らす効果が期待できるでしょう。

ミサワホーム|クラスティングの特徴とメリット・デメリット

②クラスティング

ミサワホームの主力外壁材であるサイディングは「クラスティング」という商品名で展開されています。サイディングとは、建物に使用される外壁材のことです。セメント製や金属製のものが多いです。住宅の外観を美しく見せるとともに、建物を風雨や紫外線などから守る効果があります。

クラスティングのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 多様なデザイン
  • メンテナンスの容易さ
  • 耐久性
  • 断熱性

【デメリット】

  • 損傷した箇所のみを補修するのは難しい
  • 初期コストが高い

ミサワホーム:クラスティングのメリット

クラスティングのメリットは以下の通りです。

  • 多様なデザイン
  • メンテナンスの容易さ
  • 耐久性
  • 断熱性

ミサワホームのクラスティングはさまざまな色、テクスチャー、スタイルがあり、建物に独自の外観を提供します。おしゃれな外壁が好みの方にとってはピッタリの外壁材です。意匠性も高く、タイル調や石肌調、レンガ調など多彩なラインナップがあることも特徴でしょう。

比較的メンテナンスが容易な点もメリットです。汚れが付着しても軽く洗い流すことで表面の美観を維持できます。

耐久性の高さもメリットです。適切に取り付けられたサイディングは、悪天候から建物を守り、耐久性を長期間持続させます。

サイディングには断熱性があり、エネルギーコストの削減に貢献します。とくに冬などの寒い季節には室内の温度が下がりにくくなるため、暖房費用の削減に寄与するでしょう。

ミサワホーム:クラスティングのデメリット

クラスティングのデメリットは以下の通りです。

  • 損傷した箇所のみを補修するのは難しい
  • 初期コストが高い

ミサワホームのクラスティングで損傷した箇所を補修する場合、補修した部分のみを修理することは難しいです。一般的な窯業系サイディングと違い、意匠性が高いため、一部分のみを補修すると、補修した部分が悪目立ちしてしまうためです。そのため、外壁材の交換工事は大掛かりになることが多いでしょう。工事の規模の大きさは、そのまま費用の高さにも直結します。

高品質なクラスティングを選ぶと、初期コストが高くなります。予算によっては、低品質のものしか使用できない可能性もあります。

クラスティングが劣化するとどうなる?

クラスティングでよく見られる劣化症状は、以下の通りです。

  • ひび割れや塗料の剥がれ
  • カビや藻の発生
  • 変形

窯業系サイディング材のほとんどに言えることですが、地震によるダメージや温度変化により、外壁材のひび割れや塗料の剥がれが生じます。意匠性の高いクラスティングの場合は、破損箇所が目立ちやすいため、劣化症状があれば、早めに対処することが美観の維持には重要です。

クラスティングは湿気が多い場所においては、カビや藻が生えてしまい、成長する恐れがあります。見栄えの悪化だけではなく、外壁材の持つ効果を減少させることにもなります。

クラスティングはサイディング材です。サイディング材は極端な温度変化により、素材そのものが変形する危険性もあります。とくに懸念されるのが「凍害」でしょう。

劣化したクラスティング内部に水分が入り込み、その水分が凍結によって変形すると外壁表面が膨れたような破損をしてしまいます。これが「凍害」の怖さです。凍害は建物の老朽化を早める原因にもなるため、早急な対応が必要となるでしょう。

クラスティングが劣化した際の塗装専門業者の対応とは?

クラスティングが劣化した際の塗装専門業者の対応として、以下の内容が挙げられます。

  • 詳細な点検と評価
  • 清掃
  • 補修作業
  • 下地処理
  • 塗装
  • 仕上げと検査

まずはクラスティング全体を細かくチェックします。劣化の種類と範囲を特定し、作業方法を決めます。

塗り替えが必要な場合は高圧洗浄機を使用して、サイディング表面の汚れ、カビ、藻などを徹底的に除去します。塗料の密着を良くするために重要な工程です。

洗浄作業後は小さなひび割れや穴を、専用の補修材を使用して埋めます。大きな損傷や部分的に剥がれているサイディングは、必要に応じて部分交換やカバー工事が一般的です。

補修作業後、サイディング表面にプライマーを塗布して下地処理を行います。塗料の密着をさらに向上させ、塗装の耐久性を高める上で大事な作業です。

下地処理が完了したら、選定された塗料を使用して塗装を行います。サイディングに適した耐候性と耐久性に優れた塗料を選び、均一に塗布します。

すべての塗装作業が終了したら、不具合がないか検査します。必要に応じて、細かな修正を行います。

作業完了後、業者は定期的なメンテナンスの重要性を説明し、今後の劣化を防ぐためのアドバイスを提供します。

▼合わせて読みたい▼

クリアー塗装とは?メリットとデメリットを塗装専門店がくわしく解説!|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ミサワホームの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

ミサワホームの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店は、ミサワホームの外壁塗装経験を持っている塗装専門業者です。外壁塗装のプロフェッショナルが、丁寧に作業をしていきます。雨漏り診断士や外壁塗装診断士の資格を持つスタッフが外壁の診断をしますので、専門性のある場所に依頼したい方にピッタリです。

外壁塗装を使用した地域の方々からも、喜びの声を多数いただいております。公式サイトには300件以上の事例を掲載していますので、お問い合わせ前の参考にしていただけると嬉しいです。

また、当店は遮熱塗料のシェアナンバーワンメーカー「アステックペイント」の施工認定店でもあります。他社様よりも持続性のある塗料を扱っておりますので、外壁塗装の持ちが気になる人にも、おすすめできます。

無料相談も実施しておりますので、外壁に関するちょっとしたお悩みをお持ちの方も遠慮なく、お問い合わせくださいませ。

▼現在実施中のキャンペーンはコチラをクリック!▼

春の塗装キャンペーンがはじまります!|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

DATE 2024年3月20日(水)

ダイワハウスで使われる外壁の種類は?ハウスメーカーと塗装専門業者の違いを解説

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

豊川市・豊橋市で地域密着の優良塗装業者、

プロタイムズ東三河店/豊橋中央店:株式会社カトペンです。

屋根・外壁塗装工事はお任せください!


外装劣化診断士の小黒です!

ダイワハウスは、プレハブ工法をはじめとする独自の建築技術を持つハウスメーカーです。中でも住宅建築においては、耐震性に優れた住宅を提供しており、快適で安全な住空間の実現に力を入れています。

しかし、年数が経つにつれて建物が古くなっていくため、耐震性の効果は落ちてしまいます。とくに、外壁は外にさらされているため劣化が進みやすいです。

したがって、耐震性を維持するには外壁塗装を行うことが不可欠だと言えます。

外壁塗装を行う人の中には、ハウスメーカーにお願いする人も珍しくありません。しかし、少しお待ちください!

施工費用を抑えたいのであれば、塗装専門業者に頼んだ方が良いです。塗装専門業者に依頼した方が数十万円安くなるケースも珍しくありません。

そこで今回は、ダイワハウスで使用されている外壁材の種類を紹介しながら、ハウスメーカーと塗装専門業者に依頼する違いや、劣化時の塗装専門業者の対応についてお話しします。

ダイワハウスの特徴

ダイワハウスの特徴

外壁塗装の話をする前に、ハウスメーカー「ダイワハウス」の特徴を少しお話しします。

ダイワハウスは、環境に配慮した建築物の設計・施工に積極的なことが特徴です。省エネルギー設計や再生可能エネルギーの利用、環境負荷の低い材料の選定など、サステナビリティを考慮しながら運営しています。

顧客のニーズに応じて多様なカスタマイズが可能であるため、顧客一人ひとりのライフスタイルに応じて、提供する住宅を変えられます。ダイワハウスが力を入れていることとして、以下の内容が公式ホームページに掲載されていました。

  • 住まいと人生に寄り添う「ライフステージサポート」
  • 未来の選択肢が広がる「売る・貸す・返済の選択肢」
  • 安心の長期保証「アフターサービス」
  • オーナー様サポート「ダイワファミリークラブ」

引用元:ダイワハウスの特長人生に寄り添うサポート

その他に、不動産の販売や賃貸、海外事業も展開しており、アジアや北米・欧州でもサービスを提供しています。幅広い地域で事業を展開しているのが、ダイワハウスの強みだと言えるでしょう。

外壁塗装をハウスメーカーと塗装専門業者に依頼する違いとは?

外壁塗装をハウスメーカーと塗装専門業者に依頼する違いとは?

ここからは、外壁塗装をハウスメーカーと塗装専門業者に依頼する違いを、3つの項目にわけて紹介します。

ハウスメーカーと塗装専門業者の違い①|サービスの範囲

ハウスメーカーは建築からメンテナンスまで幅広いサービスを提供しています。一方、塗装専門業者は塗装に特化したサービスを提供しているのが特徴です。

したがって、外壁塗装のみ依頼したい場合は、塗装専門業者の方が良いでしょう。

ハウスメーカーと塗装専門業者の違い②|コスト

ハウスメーカーはブランド力や一貫したサービスを提供しており、他の業者に外壁塗装を他の業者に委託するため、施工費用が高くなってしまいます。

一方、塗装専門業者は塗装作業に特化しており、作業も自社で行うため、ハウスメーカーよりも安く依頼することが可能です。

結果、施工費用を抑えたい場合は、塗装専門業者への依頼が向いています。

ハウスメーカーと塗装専門業者の違い③|専門性とカスタマイズ

ハウスメーカーは建物全体の知識に基づいた安心感や信頼性が魅力です。一方、塗装専門業者は塗装技術や材料に関する専門知識が豊富で、柔軟にカスタマイズできます。オリジナル性を重視したい場合は、塗装専門業者に依頼した方が良いでしょう。

▼合わせて読みたい▼

外壁塗装はなぜ3回塗りが重要?その理由と長持ちする秘訣|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ダイワハウスで使用される外壁の劣化症状と塗装業者の対応方法

ダイワハウスで使用される外壁の劣化症状と塗装業者の対応方法

ダイワハウスで使用される外壁は複数あります。とくに知名度が高いのが以下の3種類の外壁です。

  • DCウォール
  • ベルサイクス
  • 外壁タイル

ここでは、外壁材ごとに特徴やメリットとデメリット、よく見られる劣化症状、劣化時の塗装専門業者の対応などを見てみましょう。

DCウォールの特徴とメリット・デメリット

DCウォールの特徴は、耐震性に優れていることです。地震の揺れに対して強い耐性を持つ構造となっています。なお、DCウォールのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 断熱性・気密性が高い
  • 長期的な耐久性に優れている

【デメリット】

  • 初期コストが高い
  • 求められる技術が高いため専門業者による施工が必須
  • カスタマイズの制約がある

DCウォールのメリット

DCウォールは高い断熱性能と気密性能を持ち、エネルギー効率の良い住宅環境を提供します。冷暖房の効率が向上し、快適な居住空間につながっています。

また耐久性にも優れているのも特徴です。劣化のスピードが遅いため、メンテナンスの頻度を減らせます。

DCウォールのデメリット

DCウォールは高性能な壁構造技術を採用しているため、建設初期段階でのコスト増につながります。

もう1つのデメリットとしてDCウォールの施工には、ダイワハウスの技術を理解している専門の施工業者が必要な点が挙げられます。理解できていない職人が対応すると、仕上がりが雑になってしまうため注意が必要です。

また独自の壁構造技術を使用しているため、建築デザインやカスタマイズにある程度の制約が生じてしまうのもデメリットと言えるでしょう。

DCウォールに見られる主な劣化症状

DCウォールによく見られる劣化症状として、以下が挙げられます。

  • 色あせ
  • ひび割れ
  • 塗装の剥がれ
  • 汚れ・カビ

DCウォールに限らず、ほとんどの外装建材は長時間、日光にさらされることで色あせが起こります。いくら高耐久をウリにしているDCウォールと言えども、日光による色あせは避けては通れません。また、躯体(構造)の熱膨張や収縮、建物の沈下などによってひび割れが発生することもあります。

建材が強固でも、塗装には耐用年数が決められています。最初の塗装から年月が経つことで塗装の膜=塗膜の劣化が起こり、塗装の剥がれが発生します。塗膜の剥がれはカビや汚れが付着しやすくなることもデメリットと言えるでしょう。

DCウォールが劣化した場合の塗装専門業者の対応方法

DCウォールが劣化した場合、塗装専門業者は以下の対応を行います。

  • 点検と診断
  • 清掃
  • 補修
  • 塗装
  • 保護処理

DCウォールの劣化が発生した場合、塗装専門業者はすぐに塗り替えをするということは絶対にありません。まずは建物の外壁を詳細に点検し、劣化の状況を診断します。劣化の原因や修復に必要な措置を特定するためです。そのうえでどのような対処が必要かを判断します。

塗り替えが必要になった場合、まずは外壁の汚れやカビを専用の洗浄剤や高圧洗浄機を使用して除去します。塗面の清掃は塗料の付着率を高める上で大事な作業です。

DCウォールの劣化症状でひび割れや剥がれなどの損傷がある場合、専用の材料で補修します。損傷がひどい場合はカバー工法などの特殊な工法での対応が必要になります。補修工事は外壁の構造的な強度を回復させて、建物の寿命を延ばすためにも重要な工事です。

補修工事が完了したのち、劣化した塗膜の上に新しい塗料を塗布します。DCウォールの特性に適した高品質な塗料を用いて、耐候性や防カビ性に強い外壁に仕上げます。

塗装後、外壁を保護するための処理を施す場合があります。塗装の耐久性がアップするため、劣化のスピードを遅くする効果が期待できるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

クリアー塗装とは?メリットとデメリットを塗装専門店がくわしく解説!|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ベルサイクスの特徴とメリット・デメリット

ベルサイクスの特徴は、窯業系サイディング材の造形において外壁業界最大級の深掘りになっていることです。深彫りした造形によって、光と影のコントラストが強調され、外壁に立体感と高級感が生まれます​​。

ベルサイクスのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 高いデザイン性
  • 維持管理の容易さ
  • 耐久性の向上

【デメリット】

  • コスト
  • 専門的な施工が必要

それぞれを簡単にお話ししていきます。

ベルサイクスのメリット

深彫りによる陰影が建物に独特の美しさをもたらし、外観のデザイン性を高めます。汚れにくく、色あせにも強いため、長期にわたる維持管理が比較的容易です。耐久性に優れたコーティングが施されているため、外壁の長寿命化が期待できます。

ベルサイクスのデメリット

高度な技術と材料を使用しています。結果、一般的な外壁材に比べてコストが高くなってしまうでしょう。高度な技術を要するため、施工には専門的な知識と技術が必要になります。職人が不足している地域だと、施工業者の選択肢が狭まるかもしれません。

ベルサイクスに見られる主な劣化症状

ベルサイクスの主な劣化症状は、以下の通りです。

  • 色あせ
  • ひび割れ
  • コーティングの劣化

ベルサイクスは他の窯業系サイディング材同様、長期間の紫外線や気象条件の影響で、外壁の色が徐々に褪せることがあります。深彫りが特長であるため、劣化してもデザイン的な趣はあると思いますが、劣化症状であることに変わりなく、放置しておくと、建物の寿命を縮めてしまうことにつながります。

また、躯体(構造)の振動や外壁材の収縮・膨張により、細かなひび割れが生じるかもしれません。窯業系サイディング材すべてに言えることですが、地域によっては「凍害」などの気候に伴う劣化も発生します。凍害などが発生した場合は劣化の度合いによって、補修工事で済む場合とカバー工事が必要な場合がありますので、早めの対応が重要になります。

ベルサイクス外壁には表面のコーティングが必須です。このコーティング剤が劣化することで、防水性や耐汚染性が低下する恐れもあります。

ベルサイクスが劣化した場合の塗装専門業者の対応方法

塗装専門業者は、ベルサイクスに発生したこれらの劣化に対して以下の対応を行います。

  • 詳細な点検と診断
  • 清掃と下地処理
  • 塗装

まずは劣化の程度や原因を把握するために、外壁の詳細な点検を行います。必要な修復作業やメンテナンスの範囲を特定する上で重要な作業です。とくにベルサイクスの深彫りは、劣化症状を診断する際に、かなり細かい部分までチェックしないと、劣化症状なのか造形なのか判断しにくいため、念入りにチェックする必要があるでしょう。

塗り替えなどの対処が必要になった場合、まずは高圧洗浄や専用のクリーナーを使用して、外壁の汚れを徹底的に清掃します。深彫りが特長のベルサイクスは、洗浄する面積が一般の窯業サイディング材よりも多くなります。そのため、高圧洗浄にかかる時間も一般の窯業系サイディング材に比べて長くなるでしょう。

ひび割れや損傷部分は度合いに合わせて修復します。損傷がひどい場合はカバー工事が必要なケースもあります。

ベルサイクス外壁の塗り替え工事では、まず劣化したコーティングや外壁材の特性に合わせた新しい塗料を選ぶことが重要です。深彫りが特長のため、汚れても雨で自動洗浄してくれる超低汚染性塗料などが向いているでしょう。

▼合わせて読みたい▼

あなたの家を守る塗料の秘密:超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR

外壁タイルの特徴とメリット・デメリット

外壁タイルの特徴は、耐久性に優れていることです。硬質であるため、長期間にわたって外壁を保護できます。メリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 長寿命・高耐久
  • メンテナンス頻度が少なく済む
  • 美観に優れる

【デメリット】

  • コストが高い
  • 施工難易度が高い
  • 重量がある

外壁タイルのメリット

正しく施工された外壁タイルは、長期にわたりタイルの持ち味が活かされます。また、タイル自体が非常に丈夫で汚れにくいため、定期的な塗り替えやメンテナンスの頻度が少なくて済むこともメリットでしょう。外壁タイル最大のメリットとも言えるのが美しい外観です。豊富なデザインと色彩が利用可能なため、建物に高級感や個性を与えられます。

外壁タイルのデメリット

外壁タイルのデメリットとしてはやはりタイル自体の価格と、施工にかかる費用が高くなる点です。一般的に外壁に使用される窯業系サイディング材と比べると、かなり高額になります。高品質なタイルや複雑なデザインを選ぶと、さらにコストが上がります。

タイルの施工は技術を要し、正確な施工が求められます。不適切な施工は、割れや剥がれの原因になるでしょう。また、タイル自体が他の外壁材と比べて重量があるため、建物に大きな負担をかけてしまいます。既存の建物に後付けする場合は、住宅の補強が必要になる場合があります。

外壁タイルの劣化症状

外壁タイルの主な劣化内容は、以下の通りです。

  • タイルの割れや欠け
  • タイルの剥がれ
  • 汚れ

物理的な衝撃や経年劣化により、タイル自体が割れたり、端が欠けたりすることがあります。また、接着不良や下地の劣化により、タイルが壁から剥がれ落ちることがあります。タイルの表面に、汚れやカビが付着してしまうのも劣化の1つです。

一般的な窯業系サイディング材の劣化と違い、物理的な破損などが見られるのが、外壁タイルに見られるおもな劣化症状と言えるでしょう。

外壁タイルが劣化した場合の塗装専門業者の対応方法

劣化が起こった際、塗装専門業者は以下の対応をとります。

  • 診断と評価
  • 清掃
  • 目地の補修
  • タイルの補修または交換
  • 防水処理
  • カラーマッチング

まずは外壁タイルの詳細な点検を行い、タイルや目地の劣化状態を診断します。汚れやカビに対しては、高圧洗浄機を使用して、汚れやカビを丁寧に除去します。目地が劣化している場合、劣化した目地を取り除き、新しい目地材の補修が必要です。目地材の補修は外壁タイルを使った外壁の防水性を回復させる効果があります。

タイルが割れたり欠けたりしたタイルは、同種または類似のタイルで補修または交換が必要です。また、目地の補修後、外壁タイル表面に防水性能を高めるためのコーティング剤を施工することがあります。

色あせた外壁タイルの場合、近い色の塗料で塗装し、外壁全体の色調を整える場合があります。センスによって色合いが変わるため、経験値の高い塗装専門業者を選ぶことが重要です。

▼合わせて読みたい▼

一級塗装技能士とは?塗装業者選びの際に知っておきたいこと|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

ダイワハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

ダイワハウスの外壁塗装のご依頼はカトペンへ!

株式会社カトペン/プロタイムズ東三河店/豊橋中央店はダイワハウスの外壁塗装経験を持つ塗装専門業者です。外壁塗装の経験を積んできた名工が在籍していますので、安心してご依頼いただけます。雨漏り診断士や外壁塗装診断士もいますので、外壁の状況についても詳しく診断することが可能です。

また、当店は「アステックペイント認定店」となっており、同業他社と比べて持続性のある塗料を多数扱っています。

実際に外壁塗装をした地域の方々からも、喜びの声を多くいただいています。ご予算やお色など、お客様のニーズをもとに塗料を選ばせていただきますので、気軽にお問い合わせくださいませ。

▼現在実施中のキャンペーンはコチラをクリック!▼

春の塗装キャンペーンがはじまります!|【豊橋市】外壁塗装・屋根塗装専門店

カテゴリー:塗装業者の選び方 ハウスメーカーVS塗装専門店

11件

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 5月    
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外壁塗装セミナー
リフォームアワードNo.1
2019年度遮熱塗料シェアNo1
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
リフォームローン
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
お役立ちコラム
最新チラシ

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
愛知県豊川市
愛知県豊橋市
愛知県
上尾市・桶川市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社ブロイ(プロタイムズ上尾店)
取手市・我孫⼦市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社石井建装(プロタイムズ取手店)
東金市・大網白里市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社あかつき(プロタイムズ東千葉店)
一宮市・弥富市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社川洋建装(プロタイムズ西尾張中央店)
厚木市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社中山建装(プロタイムズプロタイムズ湘南東店)
仙台市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社鬼澤塗装店(プロタイムズ仙台南店)
坂戸市・飯能市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社色彩デザイン(プロタイムズ坂戸店)
PC版表示に切り替える
ページトップへ