スタッフブログ

日別アーカイブ: 2020年10月24日(土)

1件

DATE 2020年10月24日(土)

豊川市で屋根、外壁塗装、防水工事リフォーム工事をおこなっております。
株式会社カトペン プロタイムズ東三河店営業の小黒です!

本日もスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は豊川市の建物診断をおこなってきました。

建物診断とは、屋根・外壁塗装のお見積りを作成する前に必ず現地を確認し、建物の現状を把握するとても重要な作業になります。

この診断を怠ってしまうと、屋根・外壁塗装の材料選定を間違ってしまい施工不良を起こしてしまう可能性も0ではありません。

中には、塗装をできないアルミ・ステンレス・銅板・陶器瓦・ガラス・・・等に塗装がされているケースもしばしば・・・

それを防ぐためにも、屋根・外壁塗装前の診断というのは重要になってくるのです!

本日診断にお邪魔した物件は、屋根が日本瓦・外壁にサイディングボードが施工されている建物でした。

新築時サイディングボード上より、リシンの吹き付けがされており、通常のサイディングボードに比べ、表面がザラザラしているのが、リシン吹付の特徴としてあげられます。

そのため、表面に凹凸があるのでサッシの隅から雨だれ、外壁塗装の汚染が起こりやすいデメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

 

このように表面上の汚れなどに強い塗料は前回のスタッフブログで取り上げられていますので、ご参考にしていただければと思います。

前回のブログURLは下記をご参照ください!

【豊川市】外壁塗装 おすすめ外壁塗料はこれ!

建物の診断を続けていくといろんなことがわかってきます。この外壁材に合う塗料の下塗りや先ほども言ったように外壁に合わせて汚れの付きにくい塗料の提案ができたり、緑色の藻やカビが発生していたら防カビ防藻成分の配合された塗料を提案できたりします。

そして、外壁サイディングボートを塗装する際に一番注意しなければならないことはこのシーリング材。

 塗装会社によっては、このぐらいのひび割れなら上から増し打ちしておけば大丈夫と提案してくる事もあると良く相談を受けます。

しかし、外壁目地のシーリングに関しては塗装をおこなう時に必ず古いシーリング材を撤去し、新しいシーリングを充填する打替え工法が標準施工となります。

 

サッシ回りのシーリングに関しては、目地の状態によっては打替えをする場合がありますが、基本的には増打ちで施工する場合が多いと思います。

こういった細かい部分等の補修を見積もりに反映しないと、きちっとした施工ができないと思っています。

☆株式会社カトペンは豊川市で最優良店をめざして活動しております☆

お問合せフォームはこちら

よくあるご質問に関してはこちら

 

カテゴリー:外壁・屋根塗装知識

1件

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
来店予約でQUOカード500円分プレゼント
無料雨漏り診断
外装キャンペーン
外壁塗装セミナー
2019年度遮熱塗料シェアNo1
感謝の壁
豊田市動物愛護管理センターボランティア塗装
名工物語
失敗しない色決め!透けるとんシートとは?
お客様の声
アパート・マンション塗装
シーリング
デザイン塗装リフォーム「Rembrandt(レンブラント)」
リフォームローン
おすまいビデオ診断
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせ後の流れ
施工の流れ
よくあるご質問
施工の流れ
スタッフブログ
除菌・抗菌ブログ
お問い合わせ無料相談はこちら
最新チラシ

リフォーム相談会開催!

施工エリア
施工エリアマップ

豊川市、豊橋市、新城市、田原市、蒲郡市周辺

職人さん募集
株式会社カトペンは愛知県の三河エリアを中心に建築塗装工事、防水工事、内外装工事を行っております
我が家のシミ・くすみ・ヒビ割れに ドクトル外壁さん プロタイムズ
PC版表示に切り替える
ページトップへ